日常で足腰の負担を軽減するなら手摺と電動ベッドが有効

過酷な労働、様々な用事などで忙しなく

動き続ける日々を送る中で、

充分な休息が取れて居ないと身体に疲労が

積もりに積もり、身体全体の怠さ、

重苦しさが現れ始めます。

この段階で筋肉の疲労により 内部で乳酸

老廃物の排出が滞り、

腰や脚など日々体重を受けて疲弊しやすい

筋肉に痛みが生じ始めます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

痛みが出始めた部位は それまでの『通常の

重心バランス』では歩けなくなってしまう為、

右に痛みが出たら左に、左に痛みが出たら

右に重心を傾けながら歩く様になり、

数日間~数週間 そのどちらかに偏った

バランスのまま 過ごしている内に

元々痛めて居た部位だけでは無く、重心を

多めに傾けていた側にも

過度な負担が掛かり続けている為、筋肉の疲労、

あるいは身体全体の重心バランスの崩れから

あちこちに痛みが広がってしまう様に なります。
身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

腰や脚の痛みと言うのは、常に体重により

負荷が掛かってしまうので、

痛みや違和感を感じたら、まずは速やかに

整形外科に行き、自身の現在の状態を

知る事が大切です。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

足腰の痛みと言うのは、先ほど書いた様に

毎日体重を支えて負荷を受け止め続けているので、

週1~2回通院して居るだけでは 恐らく、病院での

治療よりも通院と通院の合間の日常で受ける

ダメージの方が上回ると思います。

なので、ただ通院を重ねるだけでなく、

日常生活に おいても関節サポーターや

杖を日常的に使用して、室内では手すりを使用して

歩むなどの対策を施す事で

日々の ダメージを多少和らげられ、病院での治療の

成果も出やすいと思います。

ここからが本題なのですが、そうして日々痛みを

和らげようと様々な対策を施してみても、

少しづつ少しづつ、日々 ダメージは足腰に

蓄積して行きます。

色々な対策を施しても『これで完璧』と言うのは

恐らく感じる事は出来無いと思います。

1歩1歩足を踏み出す以上、腰や脚に体重が

どうしても乗ってしまうので、

毎日ジワジワと、ダメージが溜まり続けて

しまいます。

また、歩くのみならず、座り姿勢自体が負担に

なる事も あります。

リクライニングソファーで足腰が痛い時も楽な姿勢を保つ

つまり、日常生活に おいて、意識するべきは腰や

骨盤の角度です。

反りすぎても腰に負担が掛かりますし、骨盤や

肩の位置よりも首・頭が前に出ている姿勢(猫背)が

長引くと、それを支える腰に負担の割合が非常に

大きな物と なってしまいます。

今の時代、骨盤に とって楽な角度を保つ為の

専用クッションという物が ありますし、

座り姿勢が辛い時には、体圧分散マットレスや

電動ベッドの上で横になって安静に過ごす、

と言う方法も 腰に負担少なく過ごすには

良い方法です。

なので、自身の状態を冷静に見てみて、最も

負担を軽減出来そうだな。と思う物を

日常生活に取り入れて腰を守って下さいね。

腰部の炎症が悪化すると日常に支障を来してしまう

加齢や日々の多忙の中で徐々に

蓄積されていく疲労感、そして関節の痛み。

加齢により関節部の軟骨が擦り減って

クッションの役割を果たす機能が弱まり、

少しづつ歩行時や立ち上がる時などの

関節部に掛かる負担の割合が大きくなって行き

やがては強い痛みとして現れ始め日常生活に

支障を来し、ツラい日々を送る事に

なってしまいます。

日々の過労で腰を痛めた時は早い段階で大きい病院を受診する

ですので、早期治療という癌などの

対策と同じ様に 痛みや違和感を感じた段階で

速やかに整形外科かペインクリニックなどを

受診する事が 後々のツラい生活を避ける上で

重要なポイントに なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

素早い対処と言うのは、それだけ痛みが

小さい段階で治療・リハビリが行えて、

更に日常に おいて、注意するべき点に いち早く

気付ける訳ですから、痛みが広がらない様に

早い段階で対策を施せます。

この早い段階での対策と言うのは 非常に重要で、

足腰などは特に、歩行時の身体に掛かる衝撃が

強い部位ですから、対策が遅れてしまうと

関節部位へのダメージは

どんどん積み重ねられてしまいます。

足腰と言うのは、頭部から掛かる重力、

衝撃を緩やかなS字カーブを描く背骨が

受け流し、骨盤・仙骨へ伝え、それを

股関節から両足へと連動して伝達する事で

1歩1歩の歩行がスムーズに行えている訳です。

しかし、このスム―ズな連動も足腰の

何処か1か所を痛めてしまうと、

そのダメージに よって連動は妨げられ、

痛めた箇所を中心に関節部位に

衝撃が乗っかってしまいます。

更に その状態で日常生活を送っていると、

痛めた箇所を庇う事で重心が偏り、

身体のバランスが少しづつ崩れ、他の部位に

負担が蓄積して、結局あちこちに

痛みが拡散されてしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

痛む部位を庇うという事は、各部位を支える

筋肉が過度に疲弊して、

筋肉の緊張状態が持続するので、筋肉内部では

血管が圧迫され、それに伴い、血液の流れも悪くなり、

血液運んでくる酸素の供給量も不足し、筋肉の

エネルギー源で あるブドウ糖が

不完全燃焼を起こしてしまい、そうなると

筋肉の動きが低下するだけでなく、

乳酸など痛みを引き起こす老廃物が蓄積してしまい、

凝りや張りが益々 悪化してしまう、

という悪循環に陥ってしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

こうした流れで炎症を発生させるヒスタミンと

言う物質が作られて、炎症を起こしてしまうと

腰部だけでも辛いのに、それが股関節や膝などにも

同様の症状が現れると、日常生活が大変苦しい物へと

変貌を遂げてしまいます。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

なので、炎症が強く発生する前の段階で 腰の筋肉

である脊柱起立筋を始めとする足腰の筋肉から

強張りを取り除ければ、血流の状態も鈍る事なく、

生活に支障を来す様な悪化を防ぐ事が

出来ると思います。

腰部の炎症が持続し、慢性的に腰が痛んでしまう場合には

大切なのは、強張りが持続して居る筋肉の

緊張状態を解す事なので、

決して強めに行わない 軽い刺激でのマッサージが

筋肉を和らげ、血流の鈍りを正常に戻してくれます。

家族が居る場合には 強弱の調整も してもらえますし、

身体もリラックス状態を保てると思います。

一人暮らしの場合には、マッサージパッドなどを

使用すると 楽に身体をマッサージする事が出来ます。

リラックスしながら血流を促し、辛い日々から

抜け出しましょうね。

マッサージチェアやリクライニングソファーで
足腰を楽にする

日々生じる負担から膝関節を守る膝サポーター

朝から晩まで日々忙しく働いていると

自身でも気付かない内に、

あるいは 途中で気付いては居るけれど

やるべき事を 優先してしまい、

自身の事は後回しに している内に、

身体全体に 疲労感が ドッ、と押し寄せて

その疲労感から来る身体の重さ、怠さ、

倦怠感に包まれてしまうと

何事に対しても意欲が削がれ、それでも尚、

生活の為に!と無理をし続ければ

足腰など関節部位に痛みが生じ始めて

しまいます。

足腰が痛む時は1日の終わりに身体を癒す意識が大事

身体全体の重苦しさと言う 身体からの

警告サインを『これ以上は危険だ』と

分かっていながら、忙しい仕事を日々

乗り越える事を 優先してしまうと

当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、

自身のキャパを超えた時に

突如として、無理をしていれば している程、

痛みが強く 爆発してしまいます。

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも

時間を見つけてマッサージするなり、

ストレッチするなりしていれば、多少は筋肉が

解れたり、血液の流れが促されたりするのですが、

忙しい日々に追われている内は 自身の身体の

ケアは後回しに してしまいがちです。

家で気軽に行うマッサージ手順

足腰と言うのは、約5kgもある頭部からの重みを

緩やかなS字カーブを描く 背骨が柔らかく受け流し、

骨盤・仙骨へと伝え 、それを両脚に分散して行く事で

日々 負荷やダメージを感じる事無く

スムーズに歩行が行えている訳なのですが、ところが、

足腰を痛めてしまうと

この滑らかな 関節の連動は 痛めた箇所で妨げられ、

1歩1歩の歩行の度に

腰や脚に負荷が乗ってしまう様になるので、

益々、日常で感じる痛みが 強くなってしまうのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

この時に痛めやすいのは、腰の筋肉である

脊柱起立筋、そして、腰よりも低い位置にある

股関節や膝関節、足首などですが、

腰は立ち上がる、座る、歩く、それぞれの動作時に

必ず、脊柱起立筋が可動して収縮・弛緩が行われるので、

日常の中で特に、影響を受けやすい部位である、

と思います。

腰に疲弊感が溜まっている時は脊柱起立筋を
意識的に緩める

また、膝関節に関しても同様で、歩行時に膝が

小さい可動で、曲げと伸びを 繰り返すからこそ、

膝関節のクッション機能が活きる訳ですが、やはり

膝の痛みが出始めてしまうと、

関節の連動が妨げられ、ガッツリと体重が乗ってしまい、

痛みが集中してしまいます。

こうした時に、膝関節を守るために膝サポーターや

杖などを使い、歩行時の衝撃を和らげるのが

日常生活で行える対処としては、最も直接的な

痛み軽減方法だと思いますが、

この時に気を付けたいのは、杖や関節サポーターに

頼りすぎるあまり、

依存してしまい 筋力がどんどん低下してしまう事です。

痛いから仕方が無いのですが、補助アイテムに頼る

ばかりでは見る見る内に筋肉量が減り、

同時に 筋力も低下してしまいます。

体重を支える役割を果たす 脚の筋肉が衰える、

と言う事は体重を支える役割を

他の部分が担う事になるので、(例えば、重心を

大きくズラして腰に負担が掛かる様にしたり)

その他の部位が大きなダメージを被る事に

なってしまいます。

それは避けたいので、家などの移動距離が

狭い範囲内であれば 日頃から出来るだけ、

杖のみで身体を支えたりして補助アイテムに

頼らず、脚の筋肉を動かしたいものです。

脚が衰えると、身体のあちこちに影響が出てしまうので、

ある程度の脚の筋力は保つように 工夫しましょう。

理学療法士設計サポーター ひざ用ショート ISHS-M ISHS-L ISHS-XL Mサイズ Lサイズ XLサイズ送料無料 ひざ 関節 サポーター フルオープン ひざサポーター ヒザ 膝 サポート ウォーキング 膝サポーター ひざさぽーたー ひざ用 ヒザ用 ひざよう 膝用 アイリスオーヤマ

暖かな毛布に身を包み冷えから生じる関節の痛みなどを防ぐ

暑い夏が過ぎ去り、秋が訪れたかと思えば、
いつの間にか冬の気候へと入れ替わりつつある様な

気配がして、身体の調子を整えるのが大変な程
目まぐるしく季節が移り行く中で厚着をしただけでは

日中微妙に暑い日もあるし、かと言って朝晩が
冷え込むからと言ってマフラー、ニット帽などの

冬と同等の装備をするにはまだ少し早いかな。と
感じます。

秋から冬の変わり目は何かと衣服での防寒対策が
大変で日々頭を悩ませますね。

寒暖差が激しい日が続くと腰にも悪影響
朝晩に対応した服装を すれば日中暑すぎて汗ばんで
しまいますし、日中の暑さを想定した衣服だと

夕方以降の冷え込みで身体をガタガタと震わせて
しまう様に なります。

風邪引いた時や関節各部位を痛めた時の

トレーニングはどうするべきか?

私の感覚的に、最近、朝晩の冷え込みが強くなって
来ているとは言え、毛布を重ねて冬と大差ない程に

寝具を厚くすれば、何とか震える事無く、ぐっすり
眠りに就けていましたが、昨晩の冷え込みは

かなり激しい物で、ここ最近の夜の冷え込みよりも
余程 凍てつきを感じました

しかも今後は 秋と冬が本格的に入れ替わる訳ですから
朝晩の冷え込みが 益々強くなって来ると思います。

毎年冬に悩まされるのは、日中でも指先が悴む程の
凍てつきを感じる事です。

寒くて全身が冷えた空気に包まれると、体調を崩して
しまい易くなりますし、指の悴みから杖だったり、

車椅子の操作も難しくなってしまいます。

ギタリストやベーシストなどの楽器を弾く人に
とっては指先が悴んでしまうと、温めるまでに

時間を要してしまいますし、先程も書いた様に
私の様に杖を日常的に使う人は手元の冷えには

手袋のみで 対策せざるを得なかったり。

寒さに震える冬に杖と併用したいアイテム

寒さで冷えると、風邪だけでなく 全身の筋肉が
強張る事により、腰痛が悪化したり、

肩こり・首の張りが強くなったり。

反対に寒くて良い事があるとすれば、衣服で
夏場よりはオシャレが出来るとか、

冬ならではの季節の食材を食べられるとか、
(私個人的にですが)寒い方が精神的に

落ち着くとか。

どちらかというと、身体に良くない影響を
及ぼすデメリットの方が多いのかな、

と思います。

ですので、日々出来るだけ暖かく過ごして
体調を崩さずに 過ごす事が健康で いる為には

重要なのですが、それは分かっては居ても、
なかなか難しい物です。

特に、寒さに抗う為に暖房を点けっぱなしに
しておく、となると、電気代の請求が

後々怖いですよね。

となると、電気を使わないで身体を温める
という、考えに行き着きます。

リビングでも何処でも室内で半身浴が出来る簡易サウナ

電気代は少し掛かりますが(1時間あたり10円程度)↑↑の
様な室内用簡易サウナを使って身体を温めたり、

あるいは全く電気を使わない暖かいアイテムと言うと
絨毯、カーペット、毛布・布団という ぬくぬく暖かい

アイテムが真っ先に浮かびますね。

その中でも、こちらのイタリアと日本の合作である

敷き毛布を敷いて、

その上に寝る事で ぬくぬくと暖かい温もりが

身体を包み込みます。

イタリアと日本との合作と言うと、映画だと

製作費を凄く費やした超大作感が ありますが、

こちらの場合はイタリアのデザイナーが監修して

制作を日本で行う、という寝具の超大作です。

敷き毛布だけでも、ぬくぬくとした暖かな温もりが

伝わって来ますが、

これに加え、更に2枚合わせ毛布を上から重ね合わせる事で

今冬を乗り越える事が出来る程の温もりに包み込まれる感覚を

得る事が出来ます。

ぬくぬくとした温もりに包まれたくても、敷き毛布と

掛け毛布を それぞれ別々に今から いっぺんに買うのは

金銭的に大変だな~、と思った方にも安心の

敷き毛布&掛け毛布がセットで売っていて

尚且つ、値段も お得なパターンも あるのです。

この毛布の特徴は、暖かいのは見た目からも

分かるかと思いますが、

それだけで無く、洗濯機で洗えるというのも

大きな長所だと思います。

就寝中に人はコップ一杯分の汗を掻くと言われて

いますから、ずっと使い続けていると

どうしても汗のニオイが気になって来てしまいますから、

洗濯機で洗えるというのは、毎日継続的に

使い続ける上で 重要な要素ですね。

腰を負担から守るためには寝具も大事/体圧分散マットレス

腰痛や肩周り、足や首などが痛むと

何かと寝苦しさを感じて ぐっすり眠れなかったり、

あるいは、寝るまでに腰などが落ち着く位置が

中々見つけられずに

横向きになったりなど、寝姿勢を しょっちゅう

変えて、丁度良いポジションを

ようやく見つけられてから眠りに就く、など

とにかく寝る時に横に なったのにも関わらず、

速やかに眠れないというのは、大きなストレスに

なる物です。

腰が痛くてイライラする時の寝姿勢を考える

それは恐らく布団やマットレスの硬さ・柔らかさの

問題であり、自身の身体に合った敷布団・マットレスで

寝る事に よって寝ている際の腰などへの負担も

軽くなり、和らげられると 思います。

すんなりと寝る為に大切なのは、横になった

体勢でマットレスが沈み過ぎない硬さの

身体に負担を感じないものを選ぶ事が重要です。

つまり、敷布団・マットレスが柔らかいと

寝ている間に徐々に沈んでしまい

腰や お尻の部分が緩く沈むことで、そこに

負担が集中してしまい、

結果として、寝苦しさに繋がったりなど。

朝起きた時に腰椎・脊柱起立筋を中心とした

身体の疲れなどが生じてしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

ですので、体圧分散マットレスというのが

寝苦しい日々から身体の疲れを取り去り、

腰などの痛みを和らげてくれ、心地よく眠れる様に

腰痛対策を兼ねた重要な 快眠アイテムなのです。

体圧分散マットレスと言うのは、近年もの凄く

普及しているので、

通販サイトで『体圧分散マットレス』と

検索すれば、相当な数の体圧分散マットレスが

検索結果に表示されます。

腰痛時や身体の疲れが取れない場合には体圧分散マットレス

それだけ従来の布団で寝苦しい日々や、腰の痛みで

グッスリと眠れない日々が続いていた人々が

多いという事なのだと思いますが、しかし、

需要が あれば、更なる研究が進み、

更に、身体に とって、より負担が少なく、

楽に眠れるマットレスが産み出されるのも

自然の流れだと言えます。

【岡部商事】ピュアライフエアーパッド(SDX) 幅83cm / PA2004A【定番在庫】即日・翌日配送可【介護用品】介護用品/ベッド/布団/マット/床ずれ/床擦れ予防/防止対策/消臭/抗菌/制菌/耐圧分散/褥瘡【通販】

体重が重い程に就寝時も、負担が大きくなって

しまう物ですが、それは頭から足先までを

1本の線とした場合に、どうしても質量の大きい

腰周り、臀部に負荷が掛かってしまい、

頭と足先は直線上にあっても 腰周り部分が

沈んでしまっていると、

就寝時間中、ずっと腰に負荷が掛かり続けている、

と言う事に なります。

睡眠時間が8時間だとしたら、8時間もの間、

沈んでいる腰に負担が集中し、

朝 目を覚ました時に腰が痛くて起き上がるのが

辛い、と言う事に なってしまうのです。

介護用の電動ベッドで腰が痛い時にも起き上がれる

なので、そういった事態を未然に防ぐ、

と言う意味で体圧分散マットレスを

日常生活に取り入れておくと、身体の負担を

常日頃から避ける事が出来るので お勧めです。

特に、整形外科で間欠跛行,椎間板ヘルニア,

脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛などが

腰の痛みの原因であると診断されたならば

それ以上の悪化を防ぐ為にも、

自分の身体に合った、しっかりと安らげる

マットレスを活用した方が良いと思います。

私の場合、日々の忙しさの あまり、対策が遅れて

痛みが強くなりすぎて、

歩行困難と言う事態に陥りましたから

早い段階で負担を小さく留める対策は

とても大切だと思います。

筋膜性腰痛などで痛む腰の負担を和らげる

筋膜性腰痛の時に負担を和らげるアイテム/電動ベッド

腰の痛みというものは労働による疲労の

蓄積だったり、ちょっと重い物を持った拍子に

突然痛めたり、座り作業を長い時間していて

腰に疲れがジワジワ溜まったりなど。

痛む原因やきっかけは人によって様々ですが、

一度痛めてしまうとあらゆる日常の動作に

支障をきたしてしまう事も多々あります。

腰から足にも影響が出始める厄介な腰痛

歩行時にも腰に負担が乗っかって来るので

腰痛サポーターなどが

手放せ無くなってしまいますし、腰周りの

痛みが悪化すると骨盤や背骨のズレの場合、

神経を圧迫しそれが脚の痺れなどにも

繋がって行く恐れがありますので、

腰に少しでも痛みや違和感を感じたら

速やかに整形外科やペインクリニックなどに

行く事を おすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

違和感や痛みを感じた時点で恐らく

自然の治癒力を上回る負担が日常生活を

送る中で腰に掛かってしまっているので、

騙し騙し やり過ごそうとするのでは無く

専門医に診てもらうのが その時点での

最善の選択肢だと思います。

とはいえ、常に病院に居る訳にも

いかなくて、実際には入院している方以外は

治療・リハビリしている時間は

せいぜい10数分~30分位でしょうから、

それ以外の日常の時間の方が

遥かに長いわけです。

そうした時に考える事は日常において

如何に腰への負担を減らすか?という点ですね。

杖を使ったり、腰痛サポーター・コルセットを

装着したり、姿勢を意識したり、

腰の状態に左右されますが、もし可能である

場合は軽くストレッチを行って伸ばして

解してみたり。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

そして、自身の身体に より合った体圧分散

マットレスや電動ベッドを探してみたり、と。

今の時代、ネット通販で気軽に電動ベッドや体圧分散

マットレスを探す事が出来ますから、

自身の生活に あると便利だな~、と感じたらネット

通販で探してみる事を お勧めします。

体圧分散マットレスで腰をストレスから守る

如何に日常生活の中で疲れを溜め無いか、

あるいは腰痛対策を徹底的に行い、

ダメージを極力小さく留めるか?

という意識が とても大事なのですが、それ程

意識的に日々対策を施していても

ダメージを完全に封じきる事は難しいです。

と、言うのも身体は頭部から足先まで それぞれの

重さが異なり、頭部は約5㎏と言われていて

人により胴部や脚の重さは違いますが、身体の

中心と なるのは腰部です。

毎日負荷を受け続けて居る腰部は、骨の変形や、

髄核が飛び出し、神経を圧迫する事で痛む

脊柱管狭窄症の様な症状や、あるいは筋膜の

痛みによる筋膜性腰痛など、日常生活を送る上で

何かと負荷を受けやすい腰の痛みの原因は

様々あります。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

筋膜性腰痛で気を付けたい日常姿勢

骨の変形は、自分自身では どうする事も

出来無いので、医師に委ねるしか ありませんが、

脊柱管狭窄症や その延長線上に位置する間欠

跛行などは、先ほど書いた様に電動ベッドや

体圧分散マットレスなどの上で寝て、腰への負担を

小さくすることが大事です。

腰痛が激しい時には電動ベッドで負担少なく起き上がる

筋膜性腰痛の場合は なかなか厄介で、姿勢に気を付けても

重心をズラしながら マシな位置を探そうと思っても、

どの角度、姿勢でも痛みが 付いて回ります。

なので、この場合も電動ベッドの様に、電動の力で

無理せずに起き上がる事が出来る寝具の上に寝ると、

痛みが強くなって起き上がれ無い、と言う状況に

なった時にも、身体に負担少なく身体を起こす事は

可能になります。

膝関節が痛む時は温熱療法や氷嚢でケアをして経過を見る

忙しい毎日の積み重ねで 酷使された身体に

疲労が蓄積され、

やがて、その疲労が足腰関節部位に

痛みとなって 現れ始め、仕事は勿論

日常生活に おいても、支障を来してしまう様に

なります。

足腰は約5kgもある頭部からの重さや

重力・衝撃を緩やかなS字カーブを描く背骨が

受け流し、骨盤・仙骨へと 伝え、更に 股関節から

両脚へと連動して行き、分散するのですが、

これも各関節部位が 上手く機能していればこそ。

足腰の 何処か1部でも 痛めてしまうと、

途端に スムーズな連動が妨げられ、

痛む部位で 連動が止まってしまう為、その箇所に

1歩1歩の 歩行の度に、

衝撃がガッツリ乗っかってしまう様に なります。

すると、厄介な事に 始めは小さかった痛みでも

そういった 日々の積み重ねにより、鋭く痛み出し、

やがては その箇所を 庇う歩き方になるので、

重心が偏り、少しづつ 身体のバランスが 崩れて行き、

結局、何とも無かった側の 足腰にまで

痛みが 生じてしまう様になります。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうなると、日々の歩行も 杖なしでは

難しくなるので、

痛みや違和感を感じた初期の段階で なるべく早く

整形外科やペインクリニックを 受診しましょう。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

こうした流れで腰が激しく痛み出すと、1歩1歩の

歩みの振動が腰に響き、

痛みに対して敏感になった腰周りの筋肉である

脊柱起立筋が どんどん傷んで行くのを感じます。

疲弊してボロボロになって炎症を起こしている

脊柱起立筋が、1歩1歩の振動によって

衝撃を受け続けると、劣化した生ゴムがブチッ、

ブチッ、と千切れて行くのに 似た感覚を覚えます。

勿論、この状態は、マズいので テーピングや

腰痛サポーターなど、様々な対策を施すのですが、

対策を施したとしても、1日2日で 治るものでは

無いので、腰への負担を和らげようと、

先ほど書いた様に腰に掛かる負担を何処か別の

箇所に移そうと、通常の重心とは異なる

歩行時の体重の掛け方をしてしまう様に なります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

すると、膝や足首、あるいは股関節などに

過度な負荷が掛かる事で 痛みが散らばってしまい、

やがて、腰の痛みと同様の 重心の掛け方を

する様になり、あちこちに痛む箇所が

広がってしまいます。
腰痛時に気を付けるべき身体の重心バランス

その中でも、膝関節の痛みは ガッツリと 体重を

受け止める事によって、どんどん強くなってしまいます。

膝関節の場合は、立っている時、歩いて居る時の

ダメージが大きいと、その後 椅子に座っている時でも、

足を伸ばした状態で居る時でも、ズキズキと疼痛が

膝周りを襲う様になります。

なので、こうした痛みを軽減させる為にも 大切なのが

マッサージや温熱療法などのアフターケアなのですが、

ズキズキ痛む時には、無理してマッサージは行わない方が

良いですし、温熱療法も 患部の熱や腫れが

引いてから 行うのが良いでしょう。

腰や足関節を痛めた時の日常で行える対策とアフターケア

痛みが強い時には やはり、ビニールに氷を入れた

即席の氷嚢で冷やして、血液の流れを抑えるのが良いです。

痛みの処置には 色々な やり方が ありますが、

痛み出した時は、まず最初に 冷やして

熱を取りましょう。

股関節が痛む時に支えてくれる股関節サポーター

忙しい毎日を過ごしていると身体全体に疲労が蓄積し、

身体の重さや身体のだるさに繋がってしまいます。

それでも 尚も忙しい日々を過ごし続けていると、

重さ怠さだけでは無く、

疲弊感は 足腰関節部位に鋭い痛みへと変貌を遂げ、

現れ始めてしまいます。

腰の疲弊・痛みで歩くのが辛くなったら腰部の筋肉を緩める

そうなってしまうと 仕事は勿論のこと、

日常生活を送る上でも 非常に大きな負担に

なってしまいます。

足腰の痛みと言うのは、重さが約5kgも ある頭部を

支える首から 緩やかなS字カーブを描く背骨へと伝わり、

歩行時や日常での負担・衝撃を骨盤・仙骨まで受け流し、

そして股関節から両脚へと分散して 日々大きな負担を

感じる事無く 日常生活を送る事が出来ているのですが、

足腰関節部位の何処か1部位を痛めてしまうと

その衝撃・負担を受け流す関節の連動機能が

妨げられてしまい、

痛めた箇所に どんどん負担・痛みが蓄積してしまいます。

その後は 痛む箇所を庇いながら生活して行く中で、

数日間~数週間も その様な状態で過ごすと

一方を庇う あまり、もう片側にも疲労・負担が

積み重なってしまい、やがて元々痛みが無くて

健康だった側の足腰にも強い痛みが 生じてしまう様になり

その箇所を庇う事により 別の部位に痛みが散らばって行き、

それを繰り返して行く事で 結果的に足腰全体に

痛みが拡散されてしまうのです。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうなってしまうと 足腰各関節部位専用サポーターや、

杖などを日常的に使用し 、少しでも負担の少ない毎日を

過ごそうと、色々な保護アイテムを試して 自身に合う

保護アイテムを探す様に なるかと思います。

各部位専用の関節サポーターで日常的に負担を減らす
私なりの経験談ですが、足首サポーターや膝関節サポーターだけでも

充分 足への負担を和らげる事が出来るのですが、

それに加えて腰痛サポーターと杖も日常的に使えば

かなり歩行時の負担・衝撃は緩和できます。

日々の疲弊感により間欠跛行が悪化して歩行困難になった時の対策

しかしながら、それで充分か、というと 実は膝関節や

腰以上に股関節にダメージが ジワジワ溜まっていたりするのです。

なかなか痛みや 違和感を感じるまで 股関節の異変には

気付けなかったりするのですが、

私が痛めた中で1番苦痛を感じたのは 股関節の痛みです。

膝関節の場合は サポーターでガッチリ固定する事が出来ますが、

股関節の場合は、歩行時の関節の動きを完全に防ぐ事は難しいです。

動きを完全には 制御出来ないので、

1歩1歩の歩行の度に 股関節が可動し、その都度

痛みが発生してしまうのです。

その様に 幾らサポーターを装着した所で、完全に動きを

制御する事が出来ないのであれば、

股関節サポーターを入手した所で意味無いじゃん。

と思っていたのですが、ところが、股関節の痛みが

いよいよ どうしようも無い位に 痛み出した時に

ダメ元で試しに購入して装着してみました。

思っていた通り、完全には股関節の可動を防ぐことは

出来ないのですが、

しかし、股関節の動きを 無理なく補助してくれているのが

直ぐに実感出来て 実際に歩行が かなり楽に なったのです。

股関節サポーターという保護アイテムの効果に

半信半疑だったのもあって、

歩行を大きく支えてくれる効果には大変驚きました。

こちらは 容易に着脱出来て しかも、蒸れ防止加工も

施されているので、

がっつり締めて支えてくれる上に 蒸れも気にならないですし、

値段も 試しに購入してみやすい価格ですので、

こういった日常生活を大きく支えてくれるアイテムを

有効に活用して、少しでも負担の少ない毎日を過ごしましょうね。

股関節サポーターを装着するのと同様に大切なアフターケア

うす楽スイスイ インナー股関節サポーター 左右兼用 男女兼用 股関節サポーター 股関節ベルト 歩行補助 整体 骨盤補正 股関節 骨盤 矯正 送料無料

激しい腰痛対策としてリクライニングソファーで負担を軽くする

ここ最近は、秋が本格的に訪れたかと思いきや
暑い 日々が続いて居ますね。

暑い日々が続くと、通常の気候の時 以上に
体力の消耗が著しくなり、身体全体や足腰に

その疲れが現れてしまい、やがては痛くて杖や関節

サポーター等の補助アイテムや、車椅子の助け無くしては

近所のスーパーへ向かう事も難しくなって しまいます。

足腰が悪くなる原因は 疲弊や筋肉の酷使以外にも、捻った

拍子に急激に痛みを感じたり、物を持ち上げようと

中腰になった瞬間にギックリ腰に なったり、あるいは

接触のあるスポーツで他者と ぶつかるなどの

外部的要因による痛みなど。

私の場合、脚の痛みから始まり、脚を庇う内に身体の重心

バランスが崩れ、いつの間にか激しい腰痛も加わる様になり、

と言う流れでした。

これが反対でも、腰を痛めて腰を庇う内に 脚に

痛みが・・・・。と なって居たでしょうし、

いずれにしても、足腰の痛みを感じたら かなり

早い段階で対策を講じないと、

私の様に 痛む部位が広がってしまうと思います。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

その足腰の痛み対策と言えば、先程も書いた様に杖を

使うか、関節サポーターを装着するか、

あるいは それでも足腰が痛くて どうしようも無い、と

感じるならば車椅子を日常生活の中に取り入れるか。

と言う選択肢に なるかと思いますが、今の時代はネット

通販で大抵の補助アイテムは見つかりますし、

自身の体格や皮膚に影響を及ぼさない物も探して行く内に

見つけられると思います。

それと並行して大切なのは、きちんと適切な治療を施して

くれる整形外科に行く事ですね。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

とは言え、『良い病院』という物を探すのが最も難しい

事だと私は思います。

口コミサイトの書き込みを信じて、足腰の痛みに耐えながら

ようやく辿り着いた整形外科が

問診の時点で 碌に話しを聞く気の無い態度で接して来たり、

かと思えば、5分に満たない問診で

『大した事ない』と結論付けられて、適当に処方箋を出して

終わり、と言う所も多いですから、

本当に良い病院、良い医者に出会う。と言うのが一番

難しいのです。

とは言え、良い医者を探して居る内に、日々

足腰は傷んで行く訳ですから、

日常生活の中で痛みを出来るだけ小さく留める様に

対策を施さなければ なりません。

日常で腰を守るに腰痛サポーターと日々のケアが大事

対策と言っても、脊柱管狭窄症・間欠跛行や椎間板ヘルニア・

坐骨神経痛、筋膜性腰痛など色々な腰の痛みが ある中で、

出来るだけ、腰の負担を減らしたいと思った時に

大事なのは、姿勢ですね。

出来るだけ負担を小さく留める為に、椅子に座り続けて

いても、あるいは体圧分散マットレスの上に寝続けて居ても

同じ姿勢で居続けると、同じ箇所一点に負担が集中し続けて

しまう訳ですから、同じ姿勢を取り続けるのは

悪化を招いてしまっても仕方ありません。

そうした時に助かるのが、背もたれの角度や脚の角度を

自由に変える事が出来るリクライニングソファーです。

椅子に座って居ると、どうしても脚は地面にベッタリと

触れたままの状態が続き、これが膝や骨盤の角度を

固定する事に繋がってしまうので、同じ姿勢を長く保てば

保つ程に、負担やストレスを感じやすくなってしまいます。

自由に背もたれ角度と脚を伸ばしたり出来るリクライニング

ソファーを部屋に置いておくだけで その都度 快適な姿勢を

選ぶ事が出来るので、ストレスや負担を感じる頻度は

かなり少なくなると思います。

こうした日常を助けてくれるアイテムをネット通販で

探してみると、意外と簡単に日々の悩みを

解消できるかも知れません。

【送料無料】【取り寄せP20】フランスベッド製リフトアップチェア400N電動リクライニング機能立ち上がりソファー電動リクライニングチェアオットマン付きリクライナー電動立ち上がりソファー電動式リクライナー安楽椅子介護椅子介護ソファー介護用電動立ち上り補助機能

リクライニングソファーでリラックス姿勢を保ち、痛む腰を楽にする

日々の労働や用事などの疲労が蓄積して

身体全体の疲弊感が

やがて痛みに転じて足腰関節に現れ始めて

しまうと、仕事にも日常生活にも大変な

不便さを強いられる様に なってしまいます。

痛みが強くなる程に、日常生活に大きな支障を

来してしまうので

極力、早めに対処するのが望ましいです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みや違和感を感じた段階で、整形外科を

受診できれば良いのですが、

忙しい日々を送っていると、病院に行く事を

後回しに してしまいがちですが、

後回しにする程に 治療期間を長く費やす事に

なってしまう事も あるので、

暇を見つけて行けるのがベストですね。

とは言え、通院しても適切な治療が なされないと

結局、日々痛みは積もり積もって

酷くなれば歩行困難に なってしまうので、

事前に口コミで どういう病院かを調べて

評判の良い病院を選ぶことも大切です。

1~2回通って合わなさそうな病院だったら

直ぐに、他の病院に変える、と言う選択も

自身の身体の為には重要です。

良い病院が見つかるまでに、数か月も

要してしまう場合も ありますが、

いろいろ探して居る内に腰の場合は、布団から

自力で起き上がれ無い状態に なる事も あるので、

特に注意が必要です。

腰の痛みがピークに達した時に、あると助かる電動ベッド

とは言え 私の経験上、自力で起き上がれ無い

状態も 常に続く、と言う訳では無いので、

数日して痛みがほんの少しマシに なった段階で

腰痛サポーターや杖を始めとした

腰痛対策を施しましょう。

杖2本で痛む腰を支える事で著しい悪化を防げる

日常で腰部を守る上で効果的なのは、腰痛サポーターと

杖で体重による負荷や衝撃から腰をダイレクトに

守る事ですが、どんなに気を付けていても 日々 腰部に

負担・疲弊、ダメージは徐々に 蓄積して行ってしまいます。

そうした毎日を過ごして居ると、腰にストレスが

溜まって どうにも落ち着かない状態に陥る事が

良く あります。

とは言え、強烈な腰痛で起き上がれ無い状態になった

直後や、その寸前の状態の時というのは

下手な事を して、痛みを悪化させてしまうのが

怖くて何もする事が出来ません。

この状態の時に、ストレッチやマッサージをして

下手に刺激を与えてしまうと・・・・

と思うと、何もせずに大人しく過ごすのが無難。

と言うのが最善の選択肢に なりますが、しかしながら

ただ同じ姿勢で座っているだけ、ただ寝て居るだけ、

と無難に過ごして置ても、同じ姿勢を保ち続けて居ると

一箇所に どんどん疲弊感や痛みが蓄積し続けてしまいます。

腰の負担を減らしリクライニングソファーで楽な姿勢を保つ

そうした時に、どうにか足腰に負担が掛からない様に、

静かに体勢を変えたいものですが、

自力で起き上がれ無い程 強烈に腰が痛む場合は、

ほんの数㎝身体を動かす事も自由には出来ません。

なので、電動の力で静かに角度に変化を付けられて、

腰へのダメージを感じる事無く、背もたれを動かせる

リクライニングソファーがあると 非常に便利です。

腰痛で辛い時に電動の力を借りる/電動ベッド・リクライニングソファー

リクライニングソファーを店頭で買って持ち帰るのは

中々大変ですが、

今の時代、ネット通販で 直ぐに丁度良いサイズの物を

探し出せて配達まで してくれるので便利ですよね。

【送料無料】【取り寄せP20】フランスベッド製リフトアップチェア400N電動リクライニング機能立ち上がりソファー電動リクライニングチェアオットマン付きリクライナー電動立ち上がりソファー電動式リクライナー安楽椅子介護椅子介護ソファー介護用電動立ち上り補助機能

自身で運ぶのが大変なサイズの大きい物はネット通販で

探した方が身体に負担が掛からないです。

ほとんどの場合、翌日から3日ほどで届くので、足腰の

状況を冷静に判断して、

悪化の兆候を感じ始めたら、ネット通販で探し始めて

『その時』に備えるのが良いと思います。