腰が痛む時に役立つアイテムは杖と腰痛サポーター

腰の痛みというのは日々の疲れや加齢から来る
軟骨の磨り減り、髄核の水分減少などで衝撃に弱くなり、

ある時、疲労感などが腰部の痛みとして足腰関節部位に
現れてしまうのです。

筋肉の疲弊感は血流の鈍りへと繋がり、血流が鈍くなると
筋肉内部では乳酸・老廃物の体外への排出が促せなくなり、
結果として腰部の痛みとなってしまうのです。

問題は この後なのですが、腰部が痛みだすと その箇所を
守ろうと自然と重心が右か左の痛みがマシな方に偏り、

そちら側に重心を傾けたまま数日間、数週間もの間
過ごして居ると、元々痛みがマシだった側にも重心の
偏りから痛みが生じ始め、

腰の両側が痛む様になると いよいよ腰部の痛みを逃がす事が
出来なくなり、仕事はおろか日常生活にも支障を
来してしまう様になります。

そうした時に日常生活にも影響が出る程の痛みに どう抗おうか?
と考えて実際に直ぐに行える対策とは何でしょうか?

まず一番初めにするべきは整形外科を受診する事だと思います。

整形外科で まずは自身の現在の状態がどういった物なのか?
と言うのを問診やレントゲンで自身でも視覚的に確認する事が
その後の日常的な対策を施す上で大切です。

骨が変形して居たり 何らかの異常が診られる場合は自身では
手の施しようが無いので、完全に医師に任せる必要がありますが、

腰の痛みの原因と言うのは ギックリ腰から椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症等々様々ありますが

緊急で手術を要する場合以外は自宅で安静にして様子を見る
場合が殆どだと思います。

つまり、1週間に1回か2回の通院の間に病院任せにして日常で
何も対策を施さないと日に日にどんどん悪化して行く一方なので、

日常生活の中で如何に日々生じるダメージから腰を守るかが
大切になる、と言う事です。

この通院と通院の間の数日間にしっかりと対策を施す事で
通院ごとの治療に成果を感じやすくなり、それはつまり

1日も早い完治に繋がると言う訳です。

逆に言えば 日常での腰痛対策を疎かにしてしまうと
日々ダメージが積み重なって行ってしまうので、

腰の状態も悪化の一途をたどってしまう、と言う事でもあります。

この時に何を腰痛対策として施すのが効果的なのか?と言うと
私の経験上、腰痛サポーターで直接的に腰回りをガッシリと

締めて固定する事が腰をダメージから守る上で効果的です。
それに加えて 杖を使用する、と言うのも立ち上がり時、歩行時の
衝撃から腰部を守るのに効果的です。

何故ならば、立ち上がるにも歩くにも 必ず腰部の筋肉である
脊柱起立筋が稼働してしまうので、少しでも脊柱起立筋の補助役を
果たし、負担を軽減させる為です。

ですので、私の経験上 腰を守ると言う事を考えた時に重宝するべきは
腰痛サポーターと杖であると言えます。

単独でどちらかだけでも効果的ですが、この二つの併用こそが
腰を衝撃から守るのに非常に効果的な組み合わせだと思います。

幅広腰痛サポーターはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です