足腰の痛みはあちこちに広がってしまう

足腰を痛めると仕事は おろか日常生活においても
大変な苦労を強いられます。

仕事面でいうと力仕事は行えなくなります。
(あるいは大幅に制限されます。)

力仕事でなくても歩き周る必要がある仕事の場合、
1歩1歩の歩みが自らの足腰の悪化を招いてしまうので

毎日帰路に着く頃には大きなダメージを抱えてしまいます。

仕事以外の日常生活において足腰の状態が悪化する事で
どういった面で苦労するかと言うと、まずは仕事でも

そうですが、1歩1歩の歩みの度に激しい痛みに
襲われるという点ですね。

家での数歩の移動でも激しい痛みが襲ってくるのに、
近所へのお買い物などで外出した時には尚更です。

歩道は必ずし平坦な道ばかりでは無いですし、荒れた路面、

坂道・傾斜、階段・段差など総てを避けながら目的地に
辿り着くのは非常に難しい事です。

歩く事で足腰に日々ダメージが蓄積して行きますが、
どんなに痛くとも地面に足を接地しないで日々過ごすのは

中々難しいので、多少なりとも日常で負担は生じてしまいます。

足腰を痛めた時というのは 1歩1歩重心をもう片側にズラしながら
歩むようになり、そうして数日~数週間ほど過ごすと重心の偏りから

身体のバランスが崩れ元々痛みを感じて居なかった側に
日々疲労やダメージが蓄積され続け やがて痛みが

生じる様になってしまいます。

つまり、最初に痛めた1部位を庇って生活することで、
もう片側に重心が傾き続けて そちら側が通常よりも負荷が

掛かり続ける為に より強いダメージを負ってしまうのです。
足腰の痛みでツラいのは此処からで、仮に右の膝を

痛めたとしたら、重心を左側に傾けて生活して行く内に
左側の膝も痛めてしまう。

そして両膝を痛めたら膝を庇おうと
別の部位(例えば腰)で痛みを逃がそうと歩く度に

膝よりも腰に負担が逃げる様な歩き方をする様に
自然となってしまいます。

すると腰にも徐々に負担が積み重なって行き、遂には腰にも
強烈な痛みが生じ始めてしまうという悪循環に陥って
しまうのです。

更にこれの厄介な点は膝関節、腰に留まらずに 股関節や足首、
果ては足腰を守るために使用している杖により 肘関節にも

負担が掛かるので、肘関節にも痛みが波及してしまうのです。

何故こうなってしまうのか?というと痛みを最初に感じた段階で
速やかに処置をしなかったからです。

この流れはまさに私自身の身体中に起こった事で、私自身が痛みを
感じた初期段階で速やかに適切な処置を受ける事が出来なかった為に

身体中あちこちに痛みが拡散されてしまったのですが、この様な
状態になった後にも気を付けたい最重要点は やはり腰の痛みです。

腰が最も身体の中で負担を受けやすく、尚且つ痛みが強くなると
身動き一つすら取れなくなる厄介な部位なので、

腰を最重要点として、慎重に日常で生じるダメージから守るのが
大切です。

特に、姿勢を意識しすぎるあまり 背筋を張り続ける事で脊柱起立筋
疲弊して 痛みが余計に強くなってしまうので、張り詰め過ぎずに

時々 敢えて緩めたりなどのトリッキーな対応も重要となります。

日常で用いる基本的な装備は腰痛サポーターの併用で、
室内で身体を休める時には、体圧分散マットレスの上で休むと
疲労が取れ、しっかりと眠る事が出来ます。

疲れた身体を休める体圧分散マットレスはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です