手頃な値段の体圧分散マットレスで腰部の疲労を和らげる

毎日毎日忙しい日々を送っていると
知らず知らずの内に身体全体に疲れが溜り

その疲れは足腰などの関節部位に痛みとなって
現れ始めます。関節部位の疲弊。

それは多忙な あまり身体をケアする暇も無く、
ひと時の休息、食事もそこそこに翌日に備えて

早く寝て朝 目を覚ましたらまた忙しい1日が始まる。

というサイクルを繰り返している為に少しづつ少しづつ
関節に負担が蓄積し、やがて炎症を起こした足腰関節部位は

悲鳴を上げて強い痛みとなって症状の深刻さを訴えかけます。

しかし、関節が痛むからと言って
多忙な日々が変わる訳ではありませんので、

『何の、これくらい!!』と踏ん張ってしまい
『気の持ちよう』という言葉で片づけてしまって

身体からの痛みのシグナルを無視してしまっては

痛む部位が1か所に留まらずに
2か所、3か所とあちこちに広がってしまい、

とうとう各種関節サポーターを装着するだけでは
足りずに、

杖を使ってようやくどうにか歩行出来るといった
状態にまで悪化してしまって 仕事どころか

日常生活を送るのも大変苦労するので、
身体からの警告を決して蔑ろにはせずに、

痛みや違和感を感じた初期の段階で
整形外科や整体などに通院して下さい。

整形外科に通院していても一向に痛みが改善されない、
という場合にはペインクリニックを受診してみると
良いかも知れません。

足腰、特に腰椎は日常生活の中で関節サポーターを装着したり
杖を使用したりと どんなに気を付けていても防ぎきれる物では
ありません。

背骨から骨盤にかけては約5kgある頭部からの
重み・重力・衝撃を緩やかなS字カーブを描く

背骨へと受け流し、骨盤・仙骨へと伝達し股関節から
両脚に分散する構造に人体はなっているので、

この構造を考えたら浅く腰掛け背もたれに
身体を預ける座り姿勢、ただの直立姿勢、

日常生活の中で当たり前に行うちょっとした前傾・後傾姿勢、
腰を捻る動作、日々の歩行により腰部に掛かる負担が

如何に腰周りにとって大きな物になるのかが容易に
想像がつきます。

結局は 寝て完全に如何なる重力・負担からも解放されている
姿勢しか脊柱起立筋の負担を無くす姿勢が無いのでは?

という結論に至ってしまう程に、どんな体勢、どんな角度でも
腰への負担は防ぐ事は出来ません。

つまり、如何に日頃 負担が掛かって居る 腰部を寝姿勢で、

就寝時に和らげるのかが身体の痛み・疲労を取り除くのに大切と
言う訳です。

就寝時に身体を楽にするには当然 寝具の性能も重要な
要素となります。

寝具の性能というと何だか大げさに聞こえますが、要するに
寝心地の良さです。

柔らかすぎず、硬すぎずの自分の身体に合った敷布団・マットレスを
探す事が まずは大事です。

体圧分散マットレスは今の時代かなり普及しているので、安価な物でも
寝心地は良いので、値段が高くて手が出ない、という物を

何か月もお小遣いを貯めて買うよりも手頃な物を購入して
少しでも早く日々の身体の疲れを 癒す方が腰などの疲弊を

和らげるのに良いと思います。

安価で試しやすい体圧分散マットレスはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です