足腰の痛みには温熱治療で対処する

足や腰が痛いと寝起きにトイレに行く事も、
座る事も立ち上がる事も歩行もツラいし大変です。

整形外科に定期的に通院しても一朝一夕に
治るものでは無いですし、日常的なケアが
大切になります。

日常生活で神経を使う所と言えば、平坦な道は
もちろん、階段・段差の上り下りや坂道・歩道の傾斜、

抉れたアスファルト、脚のバランスが安定しない
砂利道、あるいは杖ゴムが少しでも削れていた場合、

スーパーにお買い物に行った時にツルツルの
コンクリートの床で杖の支えが効かない時などなど・・

何かと足腰に負担が掛かる場面が多いですが、
こういった負担や衝撃を緩和・軽減する手段として

腰サポーター股関節サポーター膝サポーター
足首サポーターなどがあり、

これらを組み合わせて有効に使えば何もない状態で
歩くよりも大きく負担を減らす事が出来ます。

足腰の痛みという物は悪い事に一か所痛む部位があると
其処を庇う様に歩き続け、それを繰り返していると
日常生活において

あちこちにダメージが蓄積して行ってしまいます。

膝が痛めば もう片方の足に重心が乗りがちになり、
今度はそちらの足に痛みや違和感が生じ始めてしまい、

その新たに痛みが出始めた所を庇う様に歩いていると、
いつの間にか足首だったり、股関節や腰が痛んで

酷い場合には元々の箇所より庇ったが故に変に
ダメージが蓄積し腰や股関節などの方が

強く痛むようになったり・・。

足腰に痛みが生じると立ち上がるのも歩くのにも
痛みが襲って来て とにかく忍耐を強いられる事に
なります。

そういった事を避ける為に足腰の何処かが痛み出したら
例え軽度で痛みがそれ程強くなくても速やかに

整形外科や整体などを受診する事が最善の
選択だと思います。

しかし、通院しても1日2日で治るという事は
難しいと思いますので、病院以外での日常生活の中で

如何に腰部(脊柱起立筋周辺)の疲弊や痛みの蓄積・
ダメージを少なく過ごし、次の通院に備えるかが
大切になって来ます。

まず関節部の痛みには急性期と慢性期とがあり、
急性期と言うのは捻挫などで痛みが出始めた時、

慢性期と言うのは炎症が治まり熱も引き始めたけれど
ジワジワ痛みが続いている段階を指します。

急性期は炎症により痛む患部に熱や腫れが起こり
血流量が増加しているため、冷やす事が大切になります。

冷やす事で血流量を抑え腫れも徐々に鎮める事が
出来るので最初期の対処法として とても重要です。

そして3日ほど暇を見て冷やし続けたら今度は腫れと
炎症が引いて行き、ジワジワと痛みが続く慢性期に入ります。

今度は筋肉が硬くなり血流が悪くなっているので
温める必要があります。

しかし、温めるといっても病院に行くのも容易では
無いのにどうすれば?という方にも安心の

自宅で行える家庭用の温熱治療器と言うアイテムが
今時は存在し、割りと気軽に入手できるのです。

痛む身体を温める温熱治療器はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です