腰の痛みが各所に広がってしまう前に

腰回りの痛みというのは長時間の労働や
座り仕事を終えて立った時に突然発生したり、

日常生活における姿勢によって腰に
負担が掛かって徐々に悪くなって行ったり、

加齢と共に骨と骨の繋ぎ目にある衝撃を
和らげるクッションの役割を果たす

髄核の水分が減少し衝撃に弱くなり何らかの
拍子に線維輪を突き破り神経圧迫して痛みが
生じるケースや、

骨自体が変形する事で痛んだり、ズレて神経に
触れる事で痛みが生じたり等・・・・

人や状況によって様々ですが、腰回りの痛み
というのは 一度発生してしまうと、

立っていても座っていても 寝ていても
歩いていても常に付きまとう物ですので

出来るだけ痛みが大きくなる前に軽減させたい、
あるいは痛みの原因を防ぎたいですよね。

(ちなみに私の場合は最初に腰の痛みが
発生した時は日常の何気ないタイミングで

靴ひもを結ぼうとした際にしゃがもうと
少し前傾姿勢になった瞬間、

バリバリッと背骨と腰の筋肉が剥がれる様な
感覚に襲われうずくまって動けなくなりました。)

腰の痛みの原因というのはそれまでの
疲労の蓄積とかもあるのでしょうが、

日常の何気ない瞬間にも突然 起こり得るので
日頃からのストレッチや身体を労わるケアが
大事ですね。

そして少しでも腰回りに違和感を感じたら
速やかに整形外科などを受診されるのを
おすすめします。

腰椎は上半身(頭など)からの重力や衝撃を
受け止め、それを下半身(脚)に股関節を
伝い受け流す働きをします。

ですので腰に痛みが生じた場合、歩く際の
振動も腰が受け止めてしまい、

更なる痛みの原因になってしまうのです。
日常で腰部に掛かる負担を緩和するには

腰痛サポーターだけで無く 各部位ごとの関節サポーターの存在が非常に役に立ち

関節にも精神的にも大きな支えになります。

と、言うのも腰痛が生じると身体の重心バランスが
崩れ始めるので 腰のみならず足腰のあちこちに痛みが
広がってしまうからです。

腰だけを守る事に意識が向いてしまうと いつの間にか
膝関節や股関節なども痛みが強くなり、気づけば

歩行困難という状態に陥っている恐れもあります。

その中でも足と腰の繋ぎ目である股関節に負担が掛かりやすく、
1歩1歩足を前に出す度に痛みが生じるのですが、

股関節サポーターを装着する事で足を前に踏み出す際にも
痛みを和らげる事が出来る様になるので とても有効です。

腰と股関節の痛みという組み合わせは、私が体験してきた中で
最も厄介な組み合わせだと思います。

腰を庇いながら杖で身体を支え歩いていると、股関節の方が
いつの間にか強い痛みを発していたり、かと思えば逆パターンも
あります。

共に行き帰りの道中で痛みが強くなると その場から動けない程の
痛みに襲われ、近くにベンチなど小休止できる場所があれば
良いのですが、

無い場合には強烈な痛みに耐えながら 一歩一歩足を踏み出すしか
ありいません。

なので、この様な状態になる前に定期的に通院したり、
日常においては ストレッチやマッサージが行える状態ならば

積極的に行い、筋肉の疲れ特に腰を支える筋肉である脊柱起立筋
疲労を取り除く事が大切です。

ストレッチなどが行える状態で無い場合には体圧分散マットレス
上で寝るなど、身体をキチンと休ませることが出来る環境を
作り腰痛対策を施しましょう。

身体の疲れを取るお手頃価格体圧分散マットレスはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です