温熱治療器で痛む患部を温め血行を促す

関節は動きの激しい運動や関節に
強い負荷の掛かるウエイトトレーニングだったり、

接触のあるスポーツ、あるいは労働による
日々の関節へのダメージの蓄積や加齢による

軟骨の磨り減り・筋肉の衰えによる
関節部周囲の支えの低下による痛みの発生。

痛みが生じたら耐えて自然治癒を待つのでは無く、
速やかに整形外科などに行くのが最善の選択ですが、

例えば病院に行くにも交通手段が電車・
バス以外に無い場合、

そして駅まで距離がある、尚且つ独り暮らし
という状況だと病院に行くのさえ一苦労です。

関節が痛む際は急性期、つまり痛みが生じ始めた時は
冷やす事を優先して痛み、腫れ、炎症を抑え

熱が患部に生じているので血流も活発になる為、
それを抑制する意味でも冷やすのが効果的です。

その後、3~4日程度経過し腫れや
炎症が落ち着いたら今度は冷やすのではなく

硬くなった筋肉を温める必要があります。

しかし病院に行くにも距離の問題で一苦労。
自宅で何か対策をしようにも患部を温める

機器なんて無いからどうしようも無い。

と言う方に役立つアイテムがあるのです。

なかなか時間や距離の問題で病院に行けないけれど、
痛みを緩和させたいという方にピッタリの

患部を直接温める事が出来る家庭用温熱治療機器

足腰関節を痛めた際の最善の手段は やはり整形外科や
もしくはペインクリニックなどで専門医に
診てもらう事なので、

あくまで一時凌ぎにしかならないかも知れませんが、
何も対策せずに痛みを我慢し続け

状態を悪化させてしまっては後々更に
ツラくなってしまうので早めの対処が大切です。

少しでもマシな状態に持って行く為に こういった家に
1つあるだけで各部位に応用できる汎用性が高いアイテムを

1つは所有して置く事をおすすめします。

背中・腰といった広めな面積にも対応できますし、
肘や膝など小さな部位にも効果的です。

あるいは関節部だけでは無く、お腹が冷えて
痛い時には中を温める使い方も出来ますので

お腹の痛みで悩んでいる方にも大きな助けになります。

この遠赤外線温熱アイテムの良い所は座り姿勢でも
寝ながらでも使用できるところですね。

椅子型マッサージ器だとその形状故にマッサージ中
座り続けなければなりませんし、

脊柱起立筋の疲弊などで腰が痛む場合に座り姿勢は
逆に疲れてしまう場合があります。

ですが、この治療器は仰向けでも うつ伏せでも
上に覆う様にする事で

とにかく楽にリラックスした体勢で使用出来て
血行促進できるので身体がストレスを感じません。

なので、ストレスを感じずに のんびり寝転んで
リラックスしながら血行促進できたのならば

無理なく毎日続けられますし、毎日続ける事で
効果も感じやすくなるので、良い循環で身体に

作用するので、試してみて下さいね。

身体の各所を温める温熱治療器はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です