腰痛から身を守るには日常での安静と適切な治療

足腰に疲労が蓄積しても忙しさのあまり身体各部位の
ケアが出来ないでいると やがて関節部位に疲労が変化し

痛みとなって現れ始めます。

加齢で関節の軟骨が擦り減って屈曲する際や歩行時の
衝撃を和らげる機能が少しづつ損なわれて行ったり、

あるいは多忙な日々で膝周りの靭帯が徐々に疲弊し
回復しきれずに翌日、またその翌日と酷使し続けて痛めたり、

あるいはスポーツで強い負荷が掛かり炎症を起こして
発熱・腫れが生じたり

とにかく関節部位の痛みの発生原因や現在の痛みの強さは
人それぞれですが、

各関節部位の何処か1か所痛めるだけで
毎日関節に負荷が掛かり続けるので、

ツラく不便な日々が始まってしまうというのは
痛みの度合いに関係なく共通していると思います。

関節部位の痛みはスポーツや肉体労働などにより、
目に見えて関節へのダメージが分かり易い場合は

冷やしたり遠赤外線温熱治療器などで温めたりして
応急処置を施そうとすると思うのですが、

目に見える程では無いけれど、ちょっとズキズキ痛む。

という状態の場合、何日かすれば治るだろうから、
まあ良いや。

と足腰への負担を軽視して自然治癒力頼りに
してしまいがちな面があると思います。

実際、私も気合だとか、痛みなんか気の持ちようでどうにかなる!
と踏ん張って肉体を酷使し続けた結果、脊柱起立筋が正常では無くなり

直ぐに疲弊しやすく、痛みを抱えやすくなり、それを守るために
腰痛サポーター2本杖の使用なしには歩く事もできない状態に
陥りました。

結局、足腰を痛めた時に大事なのは痛みの大小問わずに
適切な処置を施して その後は極力足腰にダメージが

蓄積しない様に日常生活の中で対策を施す。
と言うのに尽きると思います。

痛みや違和感を感じた段階で 速やかに整体や整形外科を
受診する事をおすすめします。

まずは自身が今、どういう状態なのかを知る事が
関節痛対策には重要なので病院で治療を受けつつ、

日常生活においても各種関節サポーター
歩行時や立ち上がる時、座る時の衝撃を
緩和しましょうね。

しかし、整形外科に通院し続けても一向に痛みが無くならない、
あるいは痛みが強くなるばかりだ、と言う場合には

痛みを緩和する専門の治療を施してくれるペインクリニックを
受診してみましょう。

整形外科だけでも病院によって治療方法や治療効果は かなり
異なりますが、ペインクリニックはブロック注射など、

整形外科と同じような治療でありながら、私の経験上では
注射を打つ時間も長めで、効果も異なる気がします。

(気がするというのは そもそも痛みの強さに波があるから正確には
効果があったのか判断できない場合がある為です。)

普段は腰痛サポーターや杖の装着・常備は必須ですし、
家にいる間は電動ベッドの上で負担が掛からないように過ごす事も

大事ですが、少なくともそれは適切な治療を施してくれる病院に
通院しているからと言うのが大前提なので、

自身の身体の痛みを取り除いてくれる病院を見つけるのが
最も重要なポイントだと思います。

起き上がる時の身体の負担を軽減するならこちらの電動ベッド→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です