杖を2本使い腰部へのダメージを軽減する

足腰の痛みを感じ始めてから 直ぐに整形外科などに行き、
適切な治療が施されなければ、決して大げさでは無く

日々足腰に溜まるダメージは強くなる一方です。

日常生活を送る上で 立ち上がり時、着座時、歩行時など
何かと足腰に負担が掛かる動作が多いからですが、

足腰の中でも腰にダメージが積み重なる事で腰部のみならず、
股関節~脚に掛けての痛みや痺れも強く現れてしまう事が
あるので、

腰部の痛みには特に慎重に且つ、速やかに対策を施す事を
おすすめします。

腰部の痛みが強く出ると、寝て起きた時に自力で起き上がる事も
出来ませんし、上体を起こす事が出来ないのですから日常における

殆どの活動が制限されてしまいます。

家族と同居している時は 助け起こして貰って、一人暮らしの
場合には電動ベッドの上で寝て電動の力で身体を起すのが

最も腰への負担少なく起き上がる事が出来ます。

問題はこの後なのですが、『どうにか起き上がれた』しかし、

今までの様にを使い関節サポーターを装着しても足腰に

掛かる負担が大き過ぎる。

と、起き上がった後の日常を想像すると、腰へのダメージが
どう考えても強すぎて1歩踏み出すのさえ、怖くなってしまいます。

私はこれまで何度か起き上がれ無い程の 腰の痛みを経験して、
その後食料も尽きて お買い物に行かざるを得なくなり

その時にどうしたら足腰へのダメージ少なく歩行できるか?
と考えた結果として、杖2本を用いて出来るだけ身体の重心が

どちらか一方に偏らない様にする、というのは根本的な発想自体も
変えてしまう事で脊柱起立筋の疲弊などから来る足腰への負担を
少なくする事が出来るのです。

杖を使用する時と言うのは、足腰が痛むから脚とは別にもう一点
支えを増やし、歩く際の重心移動で生じる負担を3点に分散させよう

として使って居る人が多いかと思います。

根本的な発想を変える、と言うのは この点なのですが、
杖で脚を支える(体重を分散させる)のでは無く、

脚で支えて杖で歩く、と意識すると不思議と足腰に乗る負荷が
軽くなり、必然的にダメージも少なく済むという方法です。

痛みが強い場合は、今まで通りに 脚で身体を支えると言う認識で居ると
腰へ掛かる負担は強くなる一方で何も変わらないので、

足は あくまで『一時的に歩行時のバランスを保つもの』という意識に
変えると必然的に 杖が脚代わりになり、腕で漕ぐようにしながら

前進する事で腰への負担を 小さく留める事が可能になります。

今までは杖を足す事で、身体の負荷分散をさせて足腰への衝撃を
軽くさせて居ましたが、この足を支えに杖で歩く様に方法を意識すれば

今まで足が感じていた衝撃・ダメージを札を握り、漕いでいる腕が
殆ど請け負う事になり、下半身ばかりに掛かって居た負担を上半身にも

分散させる事が出来ます。

なので、こうしたちょっとした工夫で日々のダメージを
軽減させてみて下さいね。

身体を支える丈夫で安定感のある杖はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です