激しく腰が痛む時の安全な階段の上り下り

仕事で疲労が蓄積したり、スポーツで過負荷により
筋肉や関節を痛めてしまったり、加齢により 軟骨が

磨り減り、筋力も低下する事で衰えた周囲の筋肉に
過度な負担が生じて疲弊する事で血行が滞り、

身体の内部で乳酸や老廃物が溜まる事で筋肉の
緊張状態が続いてしまい、痛みが生じたりなど。

人によって腰部の痛みの発生原因は事なりますし、
当然、原因が違えば痛みの度合いも人により

異なるので、まずは痛みや違和感を感じた段階で
速やかに整形外科に行き、身体の現在の状態を
知る事が大切です。

状態を知るという事は、日々の対処法も考える事が
出来る、という事でもあるので

なるべく早い段階で整形外科を受診しましょう。

痛みの原因が明確に特定されるまでは 色々な治療を
する事になるのですが、毎回の治療時間は長くても

20分~30分くらいなので、それ以外の日常生活の中での
腰部を守る対策が とても大切になります。

腰の痛みの原因としては例えば、椎間板ヘルニアや、
脊柱管狭窄症や間欠跛行、ぎっくり腰、

または腰部の筋肉(脊柱起立筋)が疲弊する事で炎症による
痛みなどがあるのですが、

いずれの場合も日常生活に大きな支障を来してしまう程、
重大な痛みとなってしまうので、診断名が何れかの場合には

直ぐにでも腰痛サポーターを日常生活に取り入れる事を
おすすめします。

日常生活の中で どの瞬間に腰に対しての負担を
強く感じ易いか?と言えば、起き上がる時、

立ち上がる時、椅子に座る時、歩行時、階段の上り下り時、
坂道の上り下り時など、とにかく多くの瞬間に

腰に対する負荷が強く掛かるのですが、腰痛サポーター
杖を使用した後に、まず第一の難関ポイントとなる

階段の上り下り時の注意点について書いて行きたいと思います。

階段の上り下りの時に大変な点は、脚を踏ん張る事により、
大腿筋からの連動により 脊柱起立筋も同時に

収縮してしまい、腰に その都度 痛みが走る点ですね。

なので、そうした時には階段手すりか もしくは壁際に身体を
完全に預けてしまい、負担を足腰だけで受け止め無い様に
する事です。

上りの時は こうする事で かなりの負担を和らげることが
出来る様になりますが、下りの場合には重心が とにかく前に前に

行ってしまうので、壁際に身体を寄せるだけでは危険を伴うので
手すりを片腕でガッシリと掴んでしまう位 身体の安定感を

保ちながら下ろうとする事が大切になります。

下りの場合は前に重心が傾いてしまうのが1番危険で、且つ、
足腰への負担が大きく掛かるので 手すりを掴んで居る腕とは

別に、もう片方の腕で杖を突きながら、重心が前に行ってしまうのを
避ける必要があります。

こうする事で負担を小さく留める事が出来ますし、安全に下る事も
出来るので、試してみて下さいね。

身体を支える杖はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です