腰部を痛みから守るには適切な高さの杖とアフターケアが大事

腰の痛みの原因は働きすぎて腰部(脊柱起立筋)に疲労が
蓄積して 血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなって起こる場合や、
加齢により、骨と骨の間にある髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で何か衝撃を受けたり、ダメージが
生じる事で髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で激しい痛みが生じる場合、
あるいは接触性のあるスポーツで 人とぶつかって

外的要因により 腰部を痛めたり、ウエイトトレー二ングや
肉体労働で重い物を無理に持ち上げようとした為に

腰に痛みを抱えたりなど、様々な原因、
痛み出すパターンがありますが、

いずれの場合にも早急に整形外科に行き、
自身の現在の腰部の状況を知りつつ、専門医に

適切な治療してもらう事が大事です。

しかし、私の経験上、整形外科に行ったからと言って
直ぐに『この箇所がこうなってるから痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから最初に通院する迄に期間が空けば
空く程、一部位だけの痛みでは済まなくなり、

あちこちに痛みが散らばってしまうので、当然ながら
痛みの大元となっている部位を特定するのが遅れたら

それだけ完治までに時間を要してしまいますので、
仕事や用事で行けない日々が続いても、

出来るだけ早く受診する事をおすすめします。

今回は、腰を痛めた場合に 病院での治療時間以外の
日常でも腰に極力 負担が掛からない方法として

杖を日常的に使用する。という事と、疲弊した足腰を
キチンとマッサージなどアフターケアを行う、と言う事に
ついて書いて行きますが、

杖を使うという事は 1歩1歩の歩行時に直接的に
腰部に掛かる負担を軽減させる、

という目的で使用するわけですが、その時に重要になるのが
自身の体型に合った杖を選ぶ、と言う点です。

自身の体型に合った杖、と言うのは腕を気を付け姿勢で
ブラリ、と下ろした時に 大体 手の平が股関節よりも

やや下の太ももの位置に来ると思いますが、この時に注視したいのが
手の平の ふっくらとしている部分が何処に触れて居るか?です。

実際に杖を握る時と言うのは、このふっくらとした部分に杖の
グリップが触れるので、この高さよりも高くても低くても

却って脚腰に負担が生じてしまいます。

それはどういう事かと言うと、低い場合には必然的に
杖を握っている側に重心の多くを寄せざるを得なくなりますし、

高い場合には肘関節が余計に屈曲したままの状態を保つ事になり、
肘関節にも腰部にも過度な疲弊が生じてしまうのです。

なので、自身の身体に合う適切な長さの杖を選ぶと言うのは
とても大切なのです。

ここで、更に重要なのは杖を使って疲弊した身体を癒すアフターケアです。

幾ら杖を使って過度な負担から足腰を守ったとしても 負担をゼロに出来ている
訳では無いので、疲弊した足腰をマッサージしたりする事がとても大切です。

アフタ-ケアを疎かにすると、結局、毎日毎日疲弊を
積み重ねて行く事になるので いつか痛みが爆発してしまいます。

そうした流れを 事前に読んで身体の疲労感を拭い去る、と言うのが
それ以上の悪化を防ぐ為の最善の手段だと思います。

5段階長さ調節可能な杖はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です