腰の痛みで身体を動かせず脂肪が蓄えられてしまう時の対処法

加齢で髄核の水分が減り、衝撃に抗うクッション力が
弱まって 何らかの衝撃を受けて線維輪を突き破って

飛び出した髄核が神経を圧迫する事で強烈に痛む
椎間板ヘルニア

他にも背骨を通る神経根を含む脊柱管が狭まり
神経を圧迫してしまう脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の時に如何に安静に過ごすか?

その延長線上で歩行時に足腰が辛くなり歩行が
難しくなる間欠跛行

間欠跛行が悪化すると苦痛と隣り合わせの日常を送る事に

あるいは日々の労働などで腰に集中的に疲労が蓄積し続けて
筋肉の疲れが抜けずに乳酸・老廃物が排出されずに痛みが

発生し出したり、腰の痛みの原因は人により様々あり、
そして痛みの強さも人それぞれ異なりますが、

悪化してしまうと朝 目を覚ました時に布団から身体を起す事も
自力では出来なくなってしまう程の痛みに襲われる事もあるので、

常日頃からの腰部への警戒が必要です。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

腰が痛み始めたら腰痛サポーターや杖で腰部にズッシリと
負担が乗るのを避ける方法が手っ取り早い対策方法ですが、

しかしながら、気を付けたいのは腰が痛いと運動が行えなくなり、
只でさえ筋力が低下して行く一方なのに、

その筋肉周りをガッシリと締めて固定する腰痛サポーター
歩行の負担を脚とは別に もう1点増やして体重を支える杖。

これらの補助アイテムに依存し過ぎてしまうと、益々筋力低下に
拍車が掛かり、ふと気付けば自分でもビックリするぐらい

お腹・腰回りに脂肪が蓄えられてしまいます。

体重増加で腰に掛かる負担が増えると痛みも増える

すると、体重増加によりと腰痛サポーターで支えていても
身体の質量が重くなり、更に筋力も低下しているので、

患部(腰部)に掛かる負担は増すばかりなのです。

腰が痛むからサポーターを日常的に装着する。

更に杖で支えてサポーターと併用する事で負担を軽減する。

杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

これは私が思う、最も効果的な足腰へのダメージを直接的に
和らげる事が出来るシンプルにして最高の保護方法だと

思うのですが、一方で筋肉で支える比重が軽くなり、
筋力低下、そして身体を自由に動かせないから脂肪が

どんどん蓄えられてしまう。

本来なら筋肉が活発に働き、脂肪をエネルギーにして
燃焼してくれるのですが、筋肉が衰えれば衰える程、

お腹・腰周りは膨らみ、増えた体重分だけ腰にかかる
負担が増大してしまう。

脂肪が付きやすい部位は 特に意識してトレーニングする

本来ならば筋肉が骨の周りをガッシリと支え、筋肉の出力により
身体を動かす事が出来るのですが、

腰を始め、関節を痛めたり、脊柱起立筋など筋肉を疲弊により
炎症させてしまうと、筋肉の機能を維持する事も出来なければ、

衰える事によって痛みも強くなってしまうと言う悪循環の
繰り返しに陥ってしまいます。

更に先ほど書いた様に脂肪の蓄積によって身体全体の質量が増え、
益々痛みの加速に拍車をかけてしまうという抜けだす事の出来ない
アリ地獄に はまってしまいます。

こうした悪循環から抜け出す為に有効なアイテムは自分自身が動かずとも
筋肉を内部から刺激してくれる 低周波パッドですね。

もし筋肉が過度に痛めば その時点で仕様を中断する事も出来ますし、
身体を動かす事の出来ない身にとっては大きな助けになります。

腰の怪我を防ぐには脊柱起立筋を無理の無い範囲内で鍛える

低周波パッドで動かなくても筋肉を活性化させる→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です