炎症を起こした腰が辛い時の対処法

日々忙しく過ごしていると身体中に溜まった疲労を
癒す事も出来ずに 只々蓄積するばかり。

そうして蓄積した疲労は関節に溜り、いつしか痛みが
発生し出して仕事や日常生活にも 支障を来す事になります。

デスクワークだと首・肩周り、腰などを痛めて
座っているのも ツラい状態になってしまいます。

時間を見つけて ストレッチやマッサージ、腰サポーター等の
対策を施さるを得なくなり、

歩いたり 重い物を持ったりして 動き回る仕事だと
足腰にどうしても疲労が積み重なり、

朝早くから稼働し始め、夜まで働いて帰宅しても
翌朝も早い為、身体のケアをして労わる暇も無く、

翌日に備えて直ぐに就寝。

というサイクルを続けてると、疲弊した関節部位に
強い痛みが生じるのは時間の問題です。

痛みや違和感が生じ始めた段階での 素早い対処が
それ以上の悪化を防ぐために とても大切です。

痛みや違和感を感じたら まずは整形外科やペインクリニックに通院する事が その時点での

最善の選択になります。

足腰の痛みの場合は長くても20分~30分程で
治療時間は終わってしまうので、それ以外の

日常生活での足腰関節部位に掛かる痛み・衝撃を
和らげる対策が重要になります。

腰の場合は腰痛サポーターを装着し日々の負担を
和らげるのが大切で、

股関節の痛みには股関節サポーター、膝には膝サポーター
そして足首には 足首サポーターと、

それぞれの痛む部位には専用の保護アイテムがあり
更に痛みが強い様だと杖を使用するのも効果的です。

その中でも私の経験上、痛みが強く出ると最も 日常生活に
支障を来すのが腰の痛みです。

何しろ、朝 目を覚ました時に布団から起き上がる事も
出来ないですし、当然ながらご飯を食べるのもトイレに行くのも

自由に行えなくなります。

こうした腰の痛みのピークは ずっと続く訳では無く、3日目には
少しづつ身体の位置をずらして どうにか起き上がる事が
出来たのですが、

それまでは 痛すぎて足を数㎝動かす事も出来ませんでしたし、
身体の位置を ほんの僅かでも傾ける事すらも出来ないほどでした。

こうなる数日前の段階で、兆候を感じたのですが、今考えると
それは脊柱起立筋の疲弊による 血流の鈍りから来る炎症が

強く影響しているのだと思います。

脊柱起立筋が過度に疲弊した後 と言うのは 腰に強い痛みを
感じやすいですし、そのケアを きちんとしなければ

痛みが強くなってしまうのは当然のことですね。

炎症を起こした時のケアと言うのは、急激に痛みが強くなった時、
いわゆる『急性期』の状態にはビニール袋に氷を詰めたものを

患部に充て、発熱や腫れを抑えます。

その後、2~3日間は暇を見つけて患部を冷やす事で熱や腫れが
収まり、ひとまずは安心出来ます。

しかし、その状態のままでは 熱を意図的に奪い続けた状態なので
血流の鈍りや、筋肉の強張りが持続している状態です。

なので、今度は患部を温めて 血流を促進させる事が大切になります。

今では簡単に家庭用の温熱治療器がネットで入手できますし、
温熱治療器に頼らなくとも、お風呂のお湯よりも ほんの少し

熱めのお湯に浸けたタオルを絞って患部に直接 充てるのでも
効果を発揮します。

但し、熱くし過ぎると火傷してしまう恐れがあるので、

あくまで お風呂の お湯よりも ほんの少し熱いくらいの
温度でタオルを絞り患部に充てましょう。

血流を促進する家庭用温熱治療器はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です