足腰関節痛は痛みを感じた段階で処置をする事が重要

多忙な毎日を送り続け、過労から身体全体の重さや
怠さが生じ、そこから更に足腰関節部位に

疲労が積み重なり

やがて痛みが出始めて それでも忙しく
日々過ごしていると益々身体に不具合が生じ、

杖を日常的に使用したり、各部位関節サポーター
常時装着したり あるいは通院する時間が無い場合には、

自宅で遠赤外線治療器マッサージ器で少しでも
時間があれば身体を労わるのに時間を

割く様になります。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

私は痛みを感じた段階で多忙な日々のあまり
整形外科やペインクリニックに通院する事が出来ずに、

どんどん悪化してしまったので足腰に
痛みや違和感が生じた初期の段階で速やかに

通院する事をおすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

悪くなればなる程、実際に治療を開始してから
完治するまで時間を要してしまうので

出来るだけ早く対策を施す必要があります。

一度足腰の何処かの部位を痛めてしまうと、
自然とその部位を庇う様に一方に重心を

傾けてしまいがちになります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

すると身体のバランスが片側に寄った状態で
日々を過ごす事になり、

その様な日々を数日~数週間ほど過ごすと
重心の偏りから身体のバランスの崩れに繋がり、

痛めていた側の部位よりも重心を寄せていた
元々痛みを感じていなかった側の健康な足腰に

痛みが生じてしまいます。

ですので こうした事態を防ぐ為にも 治療や対策は
早ければ早いほど 悪化を防ぐことが出来ます。

足腰を悪くした際に日常生活で何がツラいかと言うと、

近所のスーパーへお買い物に行く時に歩道の段差や
車が出入りする為の浅い傾斜・勾配がある度に

足腰への負担が強く掛かりますし、

外に出なくとも朝目を覚まして起き上がる際や
立ち上がる時、トイレに行こうと歩き出す際、

朝食を食べようとテーブルに着席する際など、

痛める前は何とも無かった動作の1つ1つに
苦痛が伴い忍耐の日々を強いられます。

日常では どの動作が最もツラいか、そして動作を
行う頻度が高いかというと恐らく

立ち上がる動作だと思います。

足腰に力を入れて踏ん張る事が必要になる為、

例え杖などを 支えにして立ち上がろうとしても
どうしても痛みが伴います。

しかも立ち上がろうとするときはアキレス腱などにも
負担が生じてしまうので立ち上がる頻度は高い上に

その都度 痛みが伴うので非常にツラい毎日を
送らざるを得なくなってしまいます。

家で気軽に行うマッサージ手順

腰(脊柱起立筋)の疲弊から痛みに繋がったり、股関節、膝、

足首、アキレス腱足底筋膜炎など、
痛みが発生したら その部位事態の悪化を防ぐ意味合いや、

その周辺の関節部位に痛みが拡散されないように、という
意味合いも込めて 日々の対策と1日の終わりに行う

マッサージ温熱治療器によるアフターケア
とても大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です