腰の痛みに加えて暑くて寝苦しい夜に あると便利なジェル加工マットレス

腰のダメージの発生原因は人により様々ですが、
いずれの場合も痛みがある程度強くなってしまうと、

日常生活に大きな支障を来してしまいます。
・」

ですので、早い段階で整形外科を受診し、まずは自身の
身体の状態を知る事が大切になります。

そして、きちんと効能を実感出来る様な適切な治療を
施してくれる専門医との出会いもとても大切です。

私が新しい病院に行った時に いつも最初に考えるのは
以下の事です。

『医師が ちゃんと患者の話しを聞いてくれるか?』

と言うのを冷静に見極め、その後も通院するか否か?を
考える事は とても大事だと思います。

5分にも満たない問診時間ですが、自身の現在の痛みを
懸命に伝えても、ろくに話しを聞いてくれていないと感じたら、

時間を無駄にしてしまうだけなので、直ぐに別の病院を
探す事をおすすめします。

とは言え、次の病院を探す間にも日々痛みは
積み重なり続けてしまうので、

日常生活の中で痛みを減らす対策が大切になります。

私なりに一番効果を感じるのは腰痛サポーター
杖の併用なのですが、最初に書いた様に

人によって痛みの原因は異なるので、

必ずしも腰痛サポーターや杖が有効では
無いかも知れませんが、

腰に痛みがある場合に身体を直接支えてくれる
補助アイテムなので、まずは試しに使ってみる事を
おすすめします。

そうやって、日々 気を付けて生活していても足腰への
ダメージという物は 少しづつ、少しづつ蓄積してしまうので

如何にケアをするか?と 言う事が大事になって来ます。

マッサージやストレッチ、あるいは温熱療法などで
ケアをして 身体がスッキリしたら 後は寝るだけ。

・・・・なのですが、1日関節サポーターや杖で身体のダメージを
極力 小さく抑え、その後はアフターケアも施した。

で、終わりでは無く ケアの その一つ先に就寝時に如何に身体に
ストレスを掛けずに眠るか?というケアの もう一つ先があるのです。

これは単純に体圧分散マットレスを使用して腰周りを中心に
余計な負担を掛けずに ぐっすり眠る、と言う事です。

これから本格的に 暑くなってくるので、あんまり 厚さのある
しっかりとした寝具で寝たくないな~、

という思いは私も あるのですが、そうした時にテクノジェルで
構成されたマットレスならば 心地良く眠りに就く事が出来ます。

これは空気の通り道が細かく作られている為に、汗や熱による
寝苦しさの原因を分散させるので、すんなりと 眠りに就ける、
と言う訳です。

腰を痛めている場合には 今や欠かす事の出来ないアイテムである
体圧分散マットレスですが、やはり腰部の筋肉(脊柱起立筋)の

疲弊、炎症から来る 腰の痛みの場合には非常に助かるアイテムで
ある事は疑いようがありません。

なので、日常の中に こういった体圧分散マットレス
取り入れてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です