痛む患部の周辺の関節部位もサポーターで守る

日々多忙で身体を休める暇が無い状態が続くと、

脚や腰などの各関節部位に負担が溜り続け、
いつしかその痛みが爆発して

脚や腰に強く痛みとして現れる様になります。

足腰の関節部位の疲弊と言うのは怖くて
1歩1歩の歩みにも常に衝撃を感じ

痛みが付きまとい、日常を送る上で
非常に不便な思いを し続ける事に

なってしまいます。

ですので、足腰に痛みや違和感を感じたら
速やかに整形外科やペインクリニックなどへの

通院をする事が その時点での最善の選択だと
思います。

1回の治療時間は2か所、3か所位なら20分~30分程で
終わるので、それ以外の日常生活での痛み・衝撃対策が
大切になります。

その対策の為に身体の衝撃を和らげる関節の連動を
知ると、何処を守るべきか分かるかと思います。

約5kgある頭部からの重み・重力・衝撃を
緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨へと伝達し そのまま股関節から両脚へと
連動し、分散させる事で 日常生活を送る上で

関節部位に掛かる衝撃・負担をほとんど
感じる事無く 日々過ごせているのですが、

足腰の何処か1部でも痛めてしまうと その各関節部位の
スムーズな連動は遮られ、痛めた箇所に衝撃が乗っかり、

更に 強い痛みを感じる様になってしまいます。

関節部位の間の軟骨が擦り減ったりして
クッション機能が損なわれたり、

日々の疲弊で関節が痛み始めた場合、

この様に毎日の何気ない立つこと座る事、
歩行するという事が大変な負担になってしまいます。

足腰の痛みの厄介な点は この後で、何処か1部を
痛めたら その部位を庇おうとして もう片側に重心を

逃がす様になり、

そういった状態で日々を過ごしていると重心の偏りから
身体のバランスが崩れて行き、

元々痛みを感じていなかった側にも痛みが
発生し出してしまう点です。

この様な 一方を庇い、もう一方が悪くなる、という
悪循環を遮る為には 各部位ごとの関節サポーター

存在が重要になってきます。

腰を守る お手頃価格腰痛サポーターはこちら→

脊柱起立筋の疲弊から来る血流の鈍りによる炎症などで 腰が痛めば
腰痛サポーターを装着し、股関節が痛めば股関節サポーター

装着し、と首や姿勢矯正から足先まで

各部位専用のサポーターが今の時代通販で気軽に入手できるので、
自身の身体の痛む部位は勿論の事、

その部位から直接影響を受けそうな部位も関節サポーターで
しっかり保護し、支えておくと二次被害を防ぐ事が出来ます。

と、言うのも 腰が痛いからと腰だけを守って居ると、
いつの間にか 膝関節に痛みが生じる様になって居たり、

知らず知らずの内に周辺の部位にも痛みが広がっている、
と言う事が良くあるのです。

これは、サポーターを装着しているだけでは、患部の負担を
全くのゼロに収める事が出来無いからで、

どうしても日々少しづつ負担が蓄積してしまいます。

少しづつの負担をほかの部位で支える様になり、ジワジワと
痛みが広がって行ってしまうのです。

なので、腰が痛い時は直接的に影響を受けそうな部位である
膝関節や股関節も守っておくと、

余計な痛みの元を 絶つ事に繋がるので、お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です