腰痛サポーター・関節サポーターを常時装着する事の弊害

多忙な日々を過ごしていると 身体に痛みを感じていても、

処置を後回しにしたり 仕事を終えて帰宅しても
眠りに就くまでに 色々やる事があって

結局痛みを癒す事が出来ずに翌朝を迎え、

また忙しい1日が始まってしまい身体に疲労が
蓄積して行き、首・肩周り、背中・腰、股関節・

膝・足首など各関節部位に痛みが生じても、
多忙が故に対処出来ずに痛みが強くなり、

ついには身体のあちこちに痛みが散らばってしまい、
自分自身では どうしようも無いくらい関節部位の

状態が悪化してしまいます。

自然の治癒力に任せていても何も解決しないので
痛みを感じたら速やかに対処する事が大切です。

痛みが生じ始めた最初期の段階では まだ堪えられる程度の
痛みで何とかなっていて、

自然の治癒力に任せていれば その内痛みも治まるだろう。

と騙し騙し過ごし続けた その先には 自分の肉体の
回復力・修復機能では どうしようも無い位、

関節部位の状態悪化の未来が待ち受けています。

本来は関節部位に痛みが生じた段階で 整形外科や痛みを取り除く
専門の病院である ペインクリニックなどに 通院出来るのが理想ですが、

繁忙期など仕事以外にも用事があったりで 多忙な日々を過ごしていると
中々理想通りには行きません。

その様に多忙な日々を過ごしていると関節痛対策は出来ないのか?
と言うと、そうでもありません。

忙しくても出来る日々の対策としては 腰痛サポーターを装着したり、
股関節サポーター膝サポーター足首サポーター

更には 杖を日常的に使う事で 歩行時の痛み、
衝撃を緩和して関節の状態悪化を和らげられます。

しかし、各関節サポーターというのは 締め付けて固定し
支える その性質上、常に関節部位に巻き続ける事は

出来ないので、時々は外して 関節や筋肉を圧迫感から
解放しなければなりません。

サポーターを装着しても足を踏み出す度に可動するので、
動きを制御しきれない股関節は 兎も角として、

腰部や膝関節周りは 特に強く締めて 支えて居る事が
多いと思うのですが、それは同時に筋肉を圧迫し続ける事で

歩行時の衝撃を防いでいると言う事でもあるので、その状態では
血管が圧迫されて 血流の鈍りが生じ、

筋肉内部では血液が運ぶ 酸素供給量不足に陥り、乳酸・老廃物が
溜まり続けてしまい、やがては炎症を引き起こしてしまうので、

関節部位を長く守り続ける為には、1時間~2時間に1回くらいの頻度で
関節サポーターを外し、身体を解放する事が大事なのです。

腰痛サポーターとは異なりますが、ウエイトトレーニングの時に
腰周りにガッチリと装着するトレーニングベルトの場合は腹圧を高めて、

姿勢を維持し続けるのに有効なのですが、あそこまで極端に
締め付けてしまうと1分ほどで着脱しないと苦しくなって
しまいます。

ただし、締め付け感とベルト自体の頑丈で長持ちする作りは
活用次第では 市販で入手できる腰痛サポーター以上に

腰を守ってくれるかも知れません。

頑丈なトレーニングベルトはこちら→

話しは少し逸れましたが、関節サポーターは非常に役立ちますが、
常に装着し続けるというのは、それはそれで弊害を生む危険性も

有る、と言うお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です