腰に負担の少ない楽な座り姿勢/リラックス状態を保ちながら日常を過ごす

腰の痛みの原因は 働きすぎて腰部に疲労が蓄積する事で
血管が圧迫され、血液の流れが スムーズに行われ無くなって

血流の鈍りから 血液中の酸素供給量が不足し、
乳酸・老廃物が体外に排出されなくなり

炎症を引き起こすヒスタミンが作られることで
炎症が起こり 痛む場合や、

加齢により 骨と骨の間にある 髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で 何か衝撃を受けたり、ダメージが
生じる事で髄核の中身が飛び出して

神経に触れ、圧迫する事で激しい痛みが生じる場合、

あるいは接触性のスポーツで 人とぶつかって
外的要因により 腰部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を無理に
持ち上げようとした為に 腰に痛みを抱えたりなど、

様々な原因、痛み出すパターンがありますが、

いずれの場合にも早急に整形外科、ペインクリニックに行き、
自身の現在の腰部の状況を知りつつ、

専門医に適切な治療してもらう事が大事です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

しかし、私の経験上、整形外科に行ったからと言って
直ぐに『この箇所がこうなってるから痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は
なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから最初に通院する迄に

期間が空けば空く程、一部位だけの痛みでは済まなくなり、

あちこちに痛みが散らばってしまうので、当然ながら
痛みの大元と なっている部位を特定するのが遅れたら

それだけ 完治までに時間を要してしまいますので、

仕事や用事で行けない日々が続いても、
出来るだけ 早く受診する事を おすすめします。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

今回は、腰を痛めた場合に 病院での治療時間以外の
日常の中で腰に極力 負担が掛からない方法として

座り姿勢を楽にする、という事に
ついて書いて行きますが、

座り姿勢を楽にする、という事は身体をしっかりと
リラックスさせる事が出来る、と言う事なので、

日常生活の中で 直接的に腰部に掛かる負担を
軽減させる、という目的に沿っています。

腰の痛みの原因と対策と車椅子/
日常の中で負担を小さく留めるには?

その時に重要になるのがリクライニングソファーか、
もしくは毛布など形状を変えられる布 数枚です。

1番手っ取り早い手段として リクライニングソファーに座り、
30度~50度くらいの角度で座る、と言うのが 腰への負担を

和らげつつ、リラックス状態を保つのに良いのですが、
リクライニングソファーを置く場所が無いから自宅に無い。

と言う人の場合でも、先ほど書いた様に 毛布数枚あれば
同様の角度を作る事が出来ます。

折り畳んだ毛布を少しづつ ズラしながら斜めに重ねて行き、
3枚か4枚ほど重ねれば 腰に負担の少ない角度になる筈です。

この時に、意外と お尻に 体重による負担が集中してしまうので、
太もも裏に枕を置くと、臀部に掛かっていた負担は軽減されます。

筋膜性腰痛や坐骨神経痛の負担をリクライニング
ソファーで楽にする

ボリューム感のある毛布はこちらから→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です