家庭用温熱治療器による 温熱療法で辛い腰痛を和らげる

日々の仕事や生活の中で身体全体に
疲労が溜まり、

そして疲弊した足腰の関節部位にも
とうとう 痛みが現れ始め、

仕事は勿論の事、日常生活にも支障が出始めて
非常に不便な生活を強いられ、

という悩みを抱えている方は 多いのでは
無いでしょうか?

私も多忙な日々を送り続け、休む間も無く
碌に身体のケアを行う事が出来ずに、

朝から晩まで働いていたら 足腰に痛みが生じ始めて、
幾らもしない内に あちこちに痛みが拡散されて

日常的に足腰各部位のサポーターや杖なしでは
何をするにも苦労する 不便な状態に

なってしまいましたので、

少しでも足腰に痛みや違和感を感じたら、
痛みが大きくなる前の段階で速やかに

整形外科ペインクリニックを受診する事を
おすすめします。

それと同時に、足腰の部位が2か所~3か所くらいの
治療だと 時間にして 長くても20分~30分程度で

終わるので、それ以外の日常に おける関節部位への
衝撃や負担を 防ぐ対策が重要になります。

足腰などは特に歩行時の身体に掛かる衝撃が
強い部位ですから、対策が遅れてしまうと

関節部位へのダメージは どんどん積み重ねられて
しまいます。

足腰と言うのは頭部から掛かる重力・衝撃を
緩やかなS字カーブを描く 背骨が受け流し、

骨盤・仙骨へ伝え、それを股関節から両足へと
連動して伝達する事で 1歩1歩の歩行が

スムーズに行えている訳です。

しかし、このスム―ズな連動も 足腰の何処か
1か所を痛めてしまうと、

そのダメージによって連動は妨げられ、痛めた箇所を
中心に 関節部位に衝撃がガッツリと乗っかってしまいます。

更に その状態で日常生活を送っていると、
痛めた箇所を庇う事で 重心が偏り、

身体のバランスが少しづつ崩れ、

他の部位に負担が蓄積して結局あちこちに
痛みが拡散されてしまいます。

私の場合、正に その状態に なってしまったので
各関節サポーターと杖が手放せません。

ここまでになってしまうと 通院する事 自体も
かなり厳しくなってしまうのですが、

今の時代は非常に便利なアイテムが販売されていて、
病院へ行けない状態でも、家で痛みを和らげる

治療が行えるのです。

それが家庭用温熱治療器の存在です。


これは 例えば、腰を支える筋肉である脊柱起立筋
過度に疲弊して、硬くなっている状態が持続してしまい、

筋肉内部の血液の流れが鈍くなり、炎症を起こす物質である
ヒスタミンが作られ、炎症を引き起こしてしまっている場合、

まずは、腰の筋肉を冷やす事で、炎症から来る 発熱と腫れを抑え、
2~3日経過したら、

今度は熱と腫れが 治まった患部を温めて血流を促さなければ
ならないのですが、(痛みの原因である溜まった乳酸・老廃物
を体外に排出する為)

その時に、この温熱治療器による温熱療法が効果を発揮します。

患部をダイレクトに温め、血流を促進させ、筋肉を解すと共に、
血液の流れを正常の働きに戻す効果があります。

ですので、日常生活の中で活用してみて下さいね。

家庭用温熱治療機で通院が辛い時も患部を癒す→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です