痛む足腰を支える為に杖を使っていると、以外と痛みが蓄積する肘関節

毎日毎日 朝早くから 夜遅くまで、
忙しく動き回っていると、

徐々に 身体全体に疲労が蓄積して行き、

怠さを感じたり、身体の重さから
意欲減退に 繋がったりします。

しかし、それでも 生活の為に休む訳には行かない!

と、歯を喰いしばって また朝 早くから夜まで
忙しい1日を 繰り返す。

すると、身体全体だけでは無く、足腰関節部位に
ピンポイントで 痛みが生じたり、

足底に 炎症を起こして 1歩1歩 足を踏み出し、
歩く度に 激しい痛みが 襲って来る様に なります。

この腰部の脊柱起立筋の痛み、そして 足首から先の
踵から 土踏まずに 掛けての腱が

炎症を起こしてしまうと、仕事は勿論、
日常生活に おいても、非常に不便を

強いられてしまいます。

足腰腰痛サポーター股関節サポーター
膝サポーター足首サポーターなどの

各関節部位専用サポーターが あるので、ある程度の
痛み・衝撃を 緩和する事が 出来ますが、

足底の炎症による痛み『足底筋膜炎(足底腱膜炎)』は
関節サポーターを グルッと巻く、というのでは 無くて、

日常的に杖を使用して 足が地面に触れる際の
衝撃を 多少弱めたり、

両脚と杖を使う事で 足と杖の3点に、体重を分散させて
騙し騙し歩いたり、

あるいは 靴底インソールを用いて、足が地面に
接地する時の クッション性を 強化する位しか

対処法が無いので、非常に厄介なのです。

ですので、足腰の痛みや 足底の痛み・違和感を
感じたら、速やかに 整形外科やペインクリニックに行き、

状態が 現状より悪化する前に、対策を施すのが
最善の選択だと 思います。

この、足底筋膜炎から、膝関節の痛み、股関節の痛み、
腰の痛み、と 上に行くに連れて、

益々、杖で身体を支える、と言う事の比重が大きくなり、
脚の負担ばかりに気を取られていると、

意外と、肘関節にジワジワと痛みが 溜まり始めてる事に
気付け無かったりします。

杖を使用している以上、身体を支える上で 負担が掛かって居るのは、
足腰だけではない、と言う事を意識してみると、

肘関節や肩にも少しづつ、負担が溜まっている事に気づくと
思います。

肩は ともかく、杖を使用する上で 肘関節が痛み出しては、
非常に厄介です。

杖をつき、足を踏み出そうと 体重移動する際に、必ず肘関節に
負担が掛かってしまうからです。


肘関節に対しては 肘関節サポーターや、皮膚に直接塗布する
塗り薬などで 炎症を抑えたりなどの処置が有効ですが、

やはり、最も効果的なのは ペインクリニックなどに行き、
痛む肘関節に ブロック注射などを 施して貰う事だと思います。

痛む肘関節に塗る事で痛みを和らげる→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です