足腰の筋肉の張り、強張りを和らげるにはストレッチが大切

毎日の疲労が積み重なり いつの間にか

膝や腰に痛みが生じ始めて ツラい日々を

過ごす事に・・と、

過労を感じつつも、休む暇なく無理をしていれば

身体に負担が蓄積し、

各関節部位に 強い痛みを発生させてしまいます。

できれば、最初に関節に違和感や小さくても

痛みを感じた時点で、

整形外科やペインクリニックなどに

行ければ良いのですが、

繁忙期などで 多忙な日々が続くと、

病院に行く暇も、

身体を休める暇も 碌にありません。

かと言って、連日忙しさのあまり、

対策を出来ないで居ると、

過労は どんどん積み重なり、

それに伴い、関節各部位の痛みも

増して行って しまいます。

その中でも、腰と足(股関節・膝・足首)

というのは、

歩く度に衝撃を感じて 1歩1歩踏み出すのも

大変になってしまうので、早い段階での

対策が必要です。

足と腰を守る対策と言うのは腰痛サポーター

日常的に装着したり、

股関節サポーター膝関節サポーターを装着したり、

足首が痛めば 足首サポーターで保護し、

支えたり等ですが、これらのアイテムに加えて

日常的に 身体をケアする事が家で出来るのが

家庭用の温熱治療器です。

温熱治療器とは、痛む関節部位を 直接熱で温めて、

血行を促進し、血液の流れを促す機器です。

例えば、捻挫などで痛みが発生し出した時は

炎症が起こり、熱と腫れと 痛みが強く出ますね。

この痛みが出始めた時が 急性期と呼ばれる

状態で、速やかな処置が 必要になります。

まず、発熱と腫れを抑える為に氷で冷やす事が

大切になります。

血流が増している状態ですので、冷やす事で抑制し、

それを時間がある度に 繰り返すと、3日ほどで

腫れと炎症は 引いて行きますので、

今度は血流の鈍りから、筋肉が硬くなっているので、

温めて血行促進して、

血液の流れを活発にする事が大切になって来ます。

そこで温熱治療器が効果を発揮する訳ですが、

痛む患部を温めて血液の流れを促したからと言って

それで対策が万全な訳では ありません。

何故ならば、相変わらず、日常生活で腰や足に
ダメージを受け続けて、脊柱起立筋膝関節周りが

硬く強張っている状態が続いてしまうと、結局、

痛みが何度も繰り返す悪循環に陥ってしまうからです。

この悪循環を断ち切る為には、根本的な問題の原因となっている
筋肉の強張り状態の 持続を解消する事が 大事になります。

マッサージストレッチにより、筋肉の柔軟性を保つ事を

意識して日々生活を送る事が大事なのです。

とは言え 足腰、特に 腰が強烈に痛い時は、ストレッチなんて

行えるはずがありませんが、

こうした楽にストレッチを行える座椅子などのアイテムを活用する事で、
ほんの少しづつですが、筋肉の柔軟性を高めて 行く事が出来ます。

楽に背すじを伸ばせる座椅子でリフレッシュ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です