腰の痛みが強く現れた時の対処法

毎日、忙しく働いていると碌に身体を休める暇も無く、

ただただ身体全体に疲労が蓄積してしまいます。

その身体全体を包む疲労感は、積もり積もって

やがて、足腰などの関節部位の痛みへと繋がり、

仕事や日常生活に支障を来し始めると、いよいよ

整形外科を受診し、専門的な治療・リハビリを

受け、少なくとも数か月以上の通院生活が

始まってしまいます。

レントゲンだけでは実際の症状が分からなかったり

するので、

別日にMRIを撮ったり 主治医の指示に従い
少しづつ治療・リハビリを行って行くため、

かなり時間が掛かりますし、その時々の治療が

自分に効果が無い、と感じたならば

直ぐに次の通院日に主治医に告げて、

別の方法を 考えて貰わねばなりません。

1つの病院での処置では 何も効果が無くて、

次の病院に行き、其処でも効果を感じられず、

また次へ、という事を繰り返しているとイタズラに

時間が経過してしまうので、1つの病院で改善が見られず

少しも状態が良くならなかった場合には、

次はどういう治療を受けるべきか医師に聞いてから

適切だと思われる病院に移った方が

時間を無駄にせずに済むと思います。

と、言うのも、私はAの病院が駄目だったら、
直ぐにBに移り、

Bが駄目だったらCに・・・・という様に、

どんどん直ぐに 新たな病院に変えていたものですから

その間にも、日常で足腰にダメージは蓄積され続けていて、

日を追うごとに悪化の一途を辿っていて、どの病院に

行っても、足腰の痛みが良くなる事は ありませんでしたが、

大きい病院に行くようになってからは、足腰の痛みの

原因が少しづつ分かって来た為、

それ以来、治療・リハビリの他、日常で どう対策を行い、

痛みを和らげれば良いのか?と言うのも見えて来ました。

私の場合は、椎間板が潰れて神経を刺激していた為に

腰や足に強い痛みが生じていたのですが、

この状態では1歩1歩脚を踏み出すごとに股関節が可動し、

足が地面に触れた瞬間に体重が乗るので強烈な痛みに

襲われる、という流れの繰り返しなので、

治療・リハビリ以外の日常生活に おける、

私の対策としては、

幅広タイプの腰痛サポーターで固定する。

というのが、最も簡単に行え、効果を感じる対策でした。

日々ダメージが積もり続け、それに伴い、痛みが強くなってしまう、

と言う、悪循環が何よりも怖いので、

疲弊し易く、ダメージを受けやすい腰の筋肉である
脊柱起立筋を 直接的に守り、支えると言うのが大切なのです。

幅広タイプの腰痛サポーターで腰を支える→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です