腰に負担の少ない座り姿勢を作るにはリクライニングソファーが便利

腰の痛みと言うのは、日々の疲労からジワジワと

痛みに転じたり、

あるいは、加齢による髄核の水分の減少により
衝撃に対して弱くなり、

何らかの衝撃を受けた時に、髄核が線維輪を飛び出して
神経を圧迫して痛みが生じたり、

骨の変形や、接触性のスポーツで他者と ぶつかったり、
衝撃を受ける事で急激に痛み出したり等、

腰部の痛みにも原因は様々あります。

原因は それぞれ異なっても、状態が悪化した時には
仕事にも日常にも大きな支障を来してしまうので、

痛みが強くなり出したら注意が必要です。

私は何度も、自力で起き上がる事が出来無くなる程の
強烈な腰痛に襲われましたが、

自力で起き上がれ無くなる強烈な腰痛の兆候は
腰部の筋肉疲労で ある事が多い様に感じます。

前日などに腰が過度に疲弊して、痛みの感覚が
普段と異なっているな、と感じたら、

少なくとも数日感は慎重な程に腰痛対策を施す事が
大切です。

自力で起き上がれ無い程に 腰が痛くなった時に、
電動ベッドで起き上がるのが、

最も腰に負担少なく、起き上がれるので お勧めです。

しかし、ここまで腰部に痛みを抱えてしまうと、
起き上がった後に こそ、苦労が多く待ち受けています。

腰が強烈に痛くなってしまうと、椅子に座って出来るだけ
歩いたり、立ち上がったりの動作を行わない事が 無難ですが、

とは言え、そこまで腰が痛くなっている場合、
椅子上でジッとしていても、

脚がジワジワと痛み出し、それに連られる様に
腰にもズキズキ疼痛が広がります。

なので、そうした時に誰もが少しでも楽な体勢を
探す筈ですが、

例えば、背筋を伸ばすとか、立ち上がって軽くストレッチ
するとか、腰痛関連の書籍などには姿勢に気を付ける事で、

腰に掛かる負担を減らす、という対処法が書いてあったりしますが、

ところが、ようやく起き上がれて どうにか椅子に座る事が

出来た身体にとって、

立ち上がった上でストレッチをするのは不可能と
言って良いでしょうし、

背筋を伸ばす事も、が強烈に痛む時には却って痛みを
悪化させてしまいかねません。

なので、その場合 辛くても一旦床にしゃがみ込みましょう。
深くを下ろす時に非常に辛い思いをしますが、

その後は楽になれるので、少し我慢しましょう。

但し、そのまま床に座り脚を伸ばす訳ではありません。

そのままだと腰部が丸まり、負荷が掛かり過ぎます。

椅子に座っている時にストレスでジワジワと痛み出すのは、
同じ体勢で固定されていて、

同じ場所に負荷が掛かり続けているからだと思いますが、

楽に座る姿勢も 長い時間同じ姿勢で居続けても、椅子上よりは
足腰への負担が掛からないので、

長めの時間リラックス姿勢でいられます。

こうしたリラックス姿勢を作るのは、リクライニングソファーが
あると、便利なので、日常生活に取り入れてみてくだいね。

リクライニングソファーで腰に負担少なく座る→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です