腰が痛む時は楽な姿勢を保てる様にリクライニングソファーを取り入れる

日々生きて行く中で労働、用事、家事など

毎日訪れる24時間ある内の日常生活の中の

一部として行わなければならない事が山ほどあり、

あれもこれも こなさなければならない日々に追われ

身体は休まる暇も無く唯々疲弊して行くだけ。

するといつしか感じ始める身体全体を覆う疲労感、

重苦しさ、怠さ。

それでも日々のやるべき事は減るはずも無く、

無理して今日も明日も明後日も忙しさの中に

身を投じ、依然として身体に鞭を打ちながら
酷使し続け、疲弊が身体全体に覆い被さった時に

疲弊感は足腰への痛みへと転じ、いよいよ仕事は
おろか、日常生活にも大きな支障を

来す様な状態になり、不便さを感じたかと思えば
あっという間に日々ダメージが積もりに積もり

足腰の痛みは激しくなり続け、歩行困難の状態に陥り、
不自由な日常を強いられてしまう様になります。

労働などで どの部位に負担が溜まり易いかは業種により
異なるでしょうから、

痛みの原因や痛みの強さは人により大きく異なるでしょうが、
歩いたり走ったり、重い物を持ち上げたり

屈んだりなどの動作が多い場合には腰椎に痛みが蓄積し易く、
そして負担が掛かり易い部位だけに、

いざ痛み始めた時の痛みも強く現れるのだと思います。

腰椎は上体の動き(前かがみ、後傾、捻る)に対して何かと
負担を被り易い部位である為、痛みが強く現れた時には

歩くのも、立ち上がるのも、座るのも、寝るのにさえ
腰部の痛みに耐えなければなりません。

椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症間欠跛行、腰椎変性すべり症、
の痛みには様々な原因があり、の痛みは腰部に留まらずに

線維輪を突き破り 髄核が飛び出し神経を圧迫してしまうと
臀部から股関節、膝~足先へと痛み、

痺れが発生してしまう事もあります。

この状態になった時に辛いのは、歩く時に腰部、股関節
膝関節辺りに鋭い痛みが走ると同時に痺れも生じる事です。

ですので、部が痛むからと言って腰痛対策だけしていたのでは
場合によってはにまで及ぶ痛み・痺れに対する処置が

遅れてしまうかも知れません。

が痛む場合には、より一層身体の重心バランスに気を付け、
重心が崩れない様に歩いたり、着座姿勢も意識しないといけませんが、

ただ、これまでにも何度か書いて来た様に背筋をピン、と張ると言う事
だけを意識していると腰の筋肉である脊柱起立筋が疲弊して行くばかりで

脊柱起立筋が疲弊してしまうと腰部の痛みが益々強くなってしまうので、
張り詰め過ぎてしまうと逆効果になる事もあるので気を付けなければ

なりません。

なので、リラックスしたにとって楽な姿勢を保てる様に
リクライニングソファーなどを日常生活に取り入れる良いです。

自由に角度調節が出来て、が張りすぎてるな、緩み過ぎてるな、
と感じたら、その都度 角度を変える事が可能なので、

痛むを守るためには非常に役立つアイテムなのです。

リクライニングソファーで腰に楽な姿勢を作る→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です