杖2本使い、足腰の負担を小さく留める

ギックリ腰、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症

その延長線上の間欠跛行、腰痛症、筋膜性腰痛

日々生きて行く中で、過労やストレス、あるいは

加齢によって軟骨の磨り減りや髄核の水分減少により

衝撃に弱くなったり、様々な原因でに痛みや違和感が

生じますが、早い段階で整形外科に行くなどして、

その時点での自身のの状態を専門医に診て貰う事、
また、自身でも身体の状態を知っておく事が

その後の腰痛対策を施す上でとても大切です。

骨が変形して居た場合には、幾ら腰痛サポーター

締めて固定しても部を守り切る事は難しいでしょうし、

骨自体に異常がなく、筋肉の疲弊による痛みの発生原因の
場合などには、病院以外での日常生活の中で

対策の施しようが あります。

今回はを痛めた時に辛いシチュエーションの1つである

階段の上り下りの際、

に出来るだけ負担の掛からない方法について
書いて行きたいと思います。

足腰が痛いと階段の上り下りが辛いでしょう?』

と、言うのは私の身体を見た家族や知り合いなどからも

良く聞かれますが、辛いのは辛いですが、

実際に『辛い』のは背筋が疲弊しきった時の間欠跛行の様な

状態になって居る時の 上り時です。

更に付け加えるのならば、階段の上り下りの内、下りは

『辛い上に危険を常に伴う』という事は

痛めていない人には想像し難いみたいです。

上り時には部の大きな筋肉である脊柱起立筋が どちらかの

を踏ん張った時に必ず可動してしまうので、

先ほど書いた間欠跛行の時には余計に辛さを
感じてしまうのです。

1段上がろうとすると必ずどちらかので踏ん張る
必要があるので、必然的に脊柱起立筋が可動して、

部を痛めてしまいます。

この避ける事の出来ないサイクルにどう抗うのか?と言うと

杖2本で歩いているのが前提になりますが、

グッ、と両手と片足で踏ん張って、より痛い方の片足は

脱力しつつ、壁かもしくは階段手すりに完全に身体を預けつつ、

1段1段上るのが今のところ、への負担が少なく済む方法かな、

と私は思っています。

ところで、なぜ杖2本なのか?と言うと、杖1本で片手は

手すりを引っ張る様に上れば負担が少なく済みそうなものですが、

実際に1本で そのやり方で登ろうとすると、手と同時に足にも

一瞬力が入ってしまい、逆にダメージを負ってしまう事に

気づいたから止めました。

ですので、杖2本で両腕に主に力を入れつつ、片足で支えて

壁、もしくは手すりに身体を預けながら登るのが安全で負担も

少ないと思います。

こうした自身の痛みを鑑みて、痛みが少ない方を極力
選んで日々ダメージを小さく抑えましょうね。

杖を使用し、足腰の負担を軽減する→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です