腰の筋肉の疲弊から痛みが生じる

足腰を悪くして足首足底腱膜炎椎間板へルニア

間欠跛行脊柱管狭窄症筋膜性腰痛など、

膝や足の付け根、が痛むと日常生活を送る上で

非常に不自由な毎日を強いられます。

朝起き上がる時、立ち上がる際、座る際、歩行する際

様々な状況で各部位の痛みと向き合わなくてはなりません。

そうした時に重要なのが整形外科ペインクリニックなどへの

通院ですが、1回の治療時間は20分~30分程で

それ以外の日常の時間の方が圧倒的に長いので

日常での痛みを緩和させる為の対策を

考えなくてはなりません。

そもそも整形外科などへの通院だって人によって

電車・バス・徒歩と違いはあるでしょうが、

その時点で何回も痛みに堪えなければ

ならない場面があります。

平坦な歩道でも車が出入りするための

歩道の傾斜でも抉れたアスファルト、

階段・段差。

そして電車・バスの場合、揺れが強いと

それだけで痛みが激しくなります。

痛みを緩和させる上で専門のアイテムを

有効に使いつつ、極力負担を避けて生活する事で

多少なりとも膝のバネやクッション性は制限されますが、

それでも出来るだけ痛みの少ない生活、負担の少ない毎日を

送る事で完治の日が1日、2日と近づいてくると思います。

病院に行ってそれ以外の時間は杖・サポーターを

上手く活用してツラい膝の痛みから解放され、

少しでも楽になる様に自分自身で日常生活をコントロール

しなければなりませんが、各部位ごとの関節サポーター

他にを併用する事が

最も早く、効果的な日常での腰痛対策・足痛対策になりますが、

腰痛対策と言う事に関して言えば、姿勢を過度に

気を付けすぎると背筋を支える筋肉である脊柱起立筋

疲弊してしまい、結果的に痛みが強くなってしまう恐れが

あるので、

背筋の張り過ぎには気を付けましょう。

気を付ける、と言っても基本的に部を衝撃から守るのは

やはり腰の筋肉なので、普段は背筋を張っていた方が良いの

ですが、

疲労感を感じたのならば、その時は話しが別です。

『あっ、疲弊して来た』と感じたのならば、敢えて杖や

サポーターに身体の重心バランスのコントロールを

任せるようにして、

背中は意識的に やや丸め気味にしてしまう方が

そういう時にはの負担が軽くなります。

勿論、普段から 背筋を丸めた姿勢が癖になってしまうと

それはそれで頸椎に異変が生じたり、部にも無理な負担が

掛かり続け、痛みがあまりにも強くなると歩行困難になる

恐れもあるので良くないですが、

椎が疲弊した時の応急処置的な対策として やや背中を

丸め気味にすると、脊柱起立筋の可動が緩まり、

部への負担が多少軽くなるので、試してみてください。

幅広腰痛サポーターで腰周りを支える→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です