体圧分散マットレスで足腰の負担を軽減する

腰痛や肩周り、足や首などが痛むと

何かと寝苦しさを感じて

ぐっすり眠れなかったり、

あるいは 寝るまでになどが落ち着く位置が

中々見つけられずに,、横向きになったりなど

寝姿勢を しょっちゅう変えて 丁度良い

ポジションを どうにか見つけてから

眠りに就く、など とにかく寝る時に

横に なったのにも関わらず、

速やかに眠れないというのは 大きな

ストレスに なりますよね。

そうした時に へのストレスを如何に

軽減しようか?

と考えるのが、自然の流れだと思いますが、

まず一番 簡単に行えるストレス軽減対策が

敷布団を体圧分散の物に変えると言う事ですね。

頭から足先までを 一直線だとした場合に、

敷布団が柔らかめの場合、頭から足先までの間で

質量が最も重い『周りから臀部に掛けて』

ズズッ、と沈んでしまい、

緩く『くの字』を寝かせたような姿勢に

なってしまうので、

睡眠時間が 仮に8時間だとしたら、8時間の間

ずっとに負担が掛かり続けている事に

なります。

頭ととの直線上から が沈めば 当然ながら、

負担はに 一点集中してしまうので、

朝 目を覚ました時に『が凄く痛む。』と

なってしまったり、

身体から疲弊感が抜けて居ない状態が続くのです。

この様に布団の硬さ、柔らかさ、質感と言うのは

身体から疲れを抜くにも、

あるいは部などを痛めない様に する為にも、

非常に重要なポイントなのです。

しかし、大事なのは体圧分散マットレス

日常に取り入れる事ばかりでは ありません。

やはり活動的に働く、日中にが痛いならば

腰痛サポーター周りを保護したり、

その周辺の関節部位にも痛みが拡散されない様に、

予め 注意深くサポーターを装着してみたり、

と、日々 身体への負担を極力 小さく留めようと

対策する意識が大事です。

そして もう一点大切なのは、そうやって日常で

生じるダメージを出来だけ小さく抑えた

足腰関節に対してアフターケアを施す事です。

足腰関節に対するアフターケアとは

マッサージしたり、ストレッチしたり、

あるいは、関節部位が炎症を起こして痛む様だったら、

ビニールに氷を入れた即席の氷嚢で患部を冷やしたり、

腫れや熱が引いたら 温熱治療器で温めたり等、

ケアの仕方は色々あるのですが、何故ケアが必要か?

と言うと、日々サポーターを装着したり等、

身体へのダメージを抑える対策を

施したとしても 足腰には どうしても 少しづつ

少しづつ、ダメージが蓄積してしまいます。

それが知らず知らずの内に、積もりに積もり、

ある時突然、関節部位に 新たな痛みとして

現れてしまうので、関節内部に植え付けられた

その芽を発芽させない為にも、毎日のケア

種の成長を抑える事が大事なのです。

ケアをする上で大事なのは 血液の流れ

正常に保つ、と言うのが

意識の根底に あると、日常ケアも行い

やすいと思います。

血流の鈍り、というのは 足腰の痛みに大いに

関係があり、日々の疲弊が積もれば

筋肉の強張り・凝りが持続し、筋肉内部では

血管が圧迫され 血液の循環が正常を保て無くなり、

血液が本来 運ぶ酸素供給の量が不足し、

筋肉のエネルギー源で ある

ブドウ糖が不完全燃焼を起こしてしまいます。

そうなってしまうと、筋肉の機能低下だけで無く、

乳酸などの老廃物の体外排出が滞ってしまい、

蓄積して益々痛みや凝り・張りが悪化して

しまうのです。

なので、如何に血液の循環機能を妨げないか?が

とても重要で、ケアの根幹に

その意識が あるか無いかで、身体の疲れが

和らぐか否か?が分かれると思います。

先程も書いた様に、マッサージストレッチ

そして冷やしたり、場合によっては

温めたりなどの ケアを行う事が血液の循環を

保つのに有効なのです。

周りは腰の筋肉である 脊柱起立筋

という面積の広い筋肉が身体を支える為に

常に負担を受け続けているので、疲弊し易いですし、

脊柱起立筋炎症や 何か異常が生じた場合には

腰の痛みから日常の あらゆる面で支障を来して

しまう様に なります。

なので、私としては 周りのケアには

特に気を使った方が良いと思います。

体圧分散マットレスで足腰を負担から守る→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です