腰の痛みを和らげるには姿勢が大事

腰の痛みの原因としては、過労や加齢、

スポーツなどで急激な負荷が加わった時などが

主に挙げられますが、まず、私の場合も

そうなのですが、

労働で忙しく動き回って、連日 身体が疲弊しきって

いるのにも関わらず、尚も無理に無理を重ねて

身体を酷使しきった結果、からまで

あちこちの関節部位が痛むようになったり、

加齢で髄核の水分が減り、クッション機能が

弱まった時に、何らかの衝撃を受ける事で

線維輪を突き破り中の髄核が飛び出して

神経を圧迫してしまう事で痛んだり、

接触性のスポーツで他者と ぶつかった時に

急激に痛みを感じたりと、

この様に痛みが生じる原因は様々あるのですが、

上に挙げた例は椎間板ヘルニアや筋膜性腰痛

分離症などの症状ですが、他にも背骨を通る

脊柱管が狭まり、神経圧迫される事で

痛みが生じる脊柱管狭窄症間欠跛行椎が

前後にズレる分離すべり症など、

腰痛と言っても一括りには出来ない様々な

部の状態が あるのですが、

何れの場合も、仕事は おろか、日常生活

ままならない程の状態にまで悪化してしまう

恐れが あるので、痛みや違和感を感じた段階で

整形外科に行くなど、早めの対処が

とても大事に なります。

痛みが あるのに放っておくと、日に日に悪化し、

やがては歩行困難という不自由な日常生活

強いられて しまう事に なります。

整形外科を何件か回ってみても、骨が変形していたり、

著しく神経を圧迫している状態でない場合には

どんなに痛くてもブロック注射やリハビリ、

痛み止めを処方され保存療法で経過を見守る事に

なるかと思います。

その場合には、腰痛サポーターを しっかりと

装着したり、姿勢強制サポーター

日常的に を使用する事で日々生じる衝撃から

部を自分自身で守る日常における腰痛対策

大切になります。

を支える筋肉である脊柱起立筋は 常に負担が

掛かって居るため、疲弊しやすいので、

疲れ始めたら休める事が 大切です。

日常生活で守ろうとする補助アイテム

有効活用するのは とても大切なのですが、

守るのとは反対に、避けた方が良い姿勢などが

あります。

『通常のの状態』ならば何ら気にする

必要も無い姿勢なのですが、

布団などの上で、うつ伏せ姿勢で本を読んだり

携帯を いじったりすると、

が反ったままの姿勢を維持することになり、

部への負担が物凄く掛かります。

その状態で暫く居て、急に尿意を催したり、

宅配便が来たりした時に

動かなければ行けなくなった時に、突然

動き出そうとすると、

に激しい痛みが一気に生じる事があるので

もし、万が一動かなければならなくなった時には

ゆっくりと慌てずに動く事が大切です。

その前に、うつ伏せ姿勢で本を読んだり

携帯を触ったりする姿勢を避ければ良いのですが、

この うつ伏せ姿勢が楽な体勢であるという認識を

に痛みを抱える以前の記憶から持っているのだとしたら

『リラックスするにはこの姿勢が楽』と脳にインプット

されているでしょうから、

実際ににとって『良くない姿勢である』と認識するまでは、

避けるのは難しいかもしれません。

ですので、日常生活の中で どれ程 腰痛サポーター

を始めとした補助アイテムを活用していても、

に大きな負担が生じる姿勢を とっては、

日々の努力が無駄になってしまうので、

補助アイテムだけでなく、姿勢にも気を付けましょうね。

姿勢矯正サポーターで姿勢を保つ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です