月別アーカイブ: 2019年9月

食事内容を見直す事で足腰が痛くても体型を保てる

日々の労働や諸々の用事などで身体を

休める暇も無く 忙しなく動き回っていると、

段々と身体全体の疲労感から足腰関節各部位への

痛みへと転化され、

それが酷くなると、自身ののみでは歩くのも

困難な程に痛みが 強くなってしまいます。

そうして、足腰に生じる痛みを どうにか

少しでも和らげようと 腰痛サポーター

膝関節サポーター、を多くの人が日常的に

使用する様になると思うのですが、

ここから新たな問題が生じます。

元々、二足歩行をする上で、人体は頭部から

足先まで全体が瞬時に連動する構造に

なって居るのですが、緩やかなS字カーブを描く

背骨から骨盤仙骨を伝い、股関節から両足へと

1歩1歩を踏み出す度に、関節のスムーズな

連動によりクッション機能が働いて 上手い事、

地面からの衝撃が頭部にダイレクトに行き届かない様な

仕組みになって居ます。

ところが、この各関節部のスムーズな連動が何処か

1箇所(例えば)を痛めてしまうだけで

途端に連動が妨げられてしまいます。

連動が妨げられるばかりか、連動途中の

痛めた部位に、1歩1歩の歩行時の衝撃が

ガッツリと乗ってしまう様に なります。

こうなると、先ほど書いた様に腰痛サポーター

膝関節サポーター、などを日常的に使わなければ

歩行困難な状態に なるのですが、これらの

補助アイテムに頼り過ぎると、

を痛めている場合には、益々 腰の筋肉

(脊柱起立筋)は弱まり、膝関節なら膝関節周辺の

脚の筋肉(大腿四頭筋)などが衰えてしまいます。

筋肉が衰えるとどうなるのか?と言うと、痛めた部位を

支えようと 周辺の筋肉が補助的に、

その負荷を受け止めようと働くのですが、

(この場合も過度な負荷が周囲の筋肉に掛かると

その部位も結果的に 痛めてしまいますが)

各部位ごとの関節サポーターで支える、と言う事は

その周辺の筋肉の補助的可動を制限し、

更に、痛めている箇所の筋肉の働きも制御して

しまっているので、

筋力低下→筋肉痩せ細り→脂肪蓄え→体重増加→

体重増加により、関節に掛かる負荷が増大する。

という悪循環に陥ってしまいます。

脂肪の蓄積は、身体の外側・見た目を変える他に、

身体の中の 血管にも影響を及ぼします。

つまり脂肪が蓄積しやすい、脂質の多い食べ物を

食べる頻度が高いと、血液がドロドロになって、

血液の流れも鈍り易くなってしまいます。

こうした血液の流れに影響が出始めると、

乳酸・老廃物の排出機能も衰えて、

これが筋肉の疲弊からの痛みに繋がります。

つまり、肉体の内部からも痛みが生じるし、

体重が増える事で足腰関節への負担も増えるし、で

お腹や腰周り、身体全体に脂肪が増えてしまうのは、

あまり よろしく無いのです。

なので、足腰が痛くて自由に動け無い、と言う場合にも

出来るだけ、食事内容を見直したり、

ダイエット用プロテインを飲んでみたり、サプリ

メントで身体の内部からコンディションを

作ろうとする意識が大切に なります。

体圧分散マットレスで腰を疲弊や負担から守る

毎日来る日も来る日も多忙さに追われていると、

自身の身体のケアも後回しにして疎かに

してしまいがちです。

朝早く目を覚まして、朝食を食べて くつろぐ時間も

そこそこに、直ぐに着替えて通勤・出社と

毎日繰り返す慌ただしい1日を過ごして、

くたくたに疲れて 帰路に着く頃には夜も深くなり、

空の黒さと、冷ややかな気候で ようやく季節が

目まぐるしく入れ替わっている事を感じて

気付けば 少し肌寒さすら感じる秋の気候が
訪れていた。

時が凄まじい速さで過ぎ去っていくのを、ただ横目に

捉えて、自身は ただひたすらに、毎日のノルマの中に

身を投じていると 季節の変わり目に すら、

気づく きっかけが無かったりします。

目まぐるしく過ぎ行く時の速さに ついて行けずに
ただただ激務の日々に身を投じていては

身体に疲労を ただひたすら蓄えるばかり。

すると身体はどうなるでしょう?

人は いつまでも若くいられませんし、年々
衰える身体は、全身の疲弊と共に、

足腰関節部位にも徐々に痛みとなって、蓄えられた

ダメージが現れ始めてしまい、

特に、に現れたダメージと言うのは、朝に目が覚めて

起き上がる時や、椅子から立ち上がる時、

そして 歩行時にも響きますし、何よりも一日の疲れを
癒す場である布団の中ですら

腰の痛みのせいで、すんなりと寝むることが

出来ずに、意識が腰に集中してしまい、

散々 身体に負担の掛からない位置を探した後、

ようやく寝つける、という日々を送る事に

なってしまいます。

私自身、慢性的な腰痛を抱えていて、つい最近も

急激に 痛みが爆発したばかりで、

1日の内、1番緊張するのが就寝時間だったりします。

1日へとへとに疲れているのに、寝る時まで

身体にとって 楽な姿勢を探してからで無いと

眠りに就けないのは、非常に大きなストレスに

なってしまいます。

この問題を どう解決するか?と言うと、通常の

敷布団では無く、体圧分散をしてくれるマットレスを

日常に取り入れる、という事なのです。

どういう事かというと、通常の そこそこ

柔らかくて寝心地の良い敷布団だと、

柔らかいが故に、身体が少し沈んでしまいます。

身体が沈んでしまうと、枕に乗っている頭と

足先までに掛けて、重力が掛かる部位に

隔たりが出来てしまい、『頭は上にあるのに

腰は沈んでいる』という状況になり、

この姿勢で7時間、8時間過ごしていると、

沈んでいる箇所、つまり腰に荷重が掛かったまま

睡眠時間を過ごしている、という事になりますので、

朝起きた時に疲れが取れている訳が無いというのも

納得ですね。

ところが、体圧分散マットレスの上で眠ると

どうでしょうか?

睡眠時間が7時間、8時間だとしたら、その間に身体が
沈まない。身体が沈まないから、腰など1点に

負荷が集中しないで全体に等しく体重が分散するので、
朝 目を覚ました時に身体が疲れていないという事です。

散々、寝苦しくて悩んでいた就寝時の腰の痛みも

腰に負担の掛からない1番楽な姿勢を探すまでも無く

沈まないで分断してくれるので、そのまま

眠りに就けるのです。

こういった日常生活を送る上で、ツラい悩みを解決に

導いてくれるアイテムを取り入れて、

少しでも毎日を楽に過ごしましょうね。

【テイジン V-Lap 軽量敷布団 シングル KH05-S】【送料無料・日本製】 体圧分散敷布団 帝人 TEIJIN 軽量 マットレス

体圧分散マットレスで腰の負担を和らげる

が痛いと座るのもツライ、寝るのもツラくて

落ち着かない、立ち上がるのも大変です。

骨の変形や、髄核が飛び出す事による神経圧迫、

そして痛むを庇いながら 歩むことによる、

身体の重心の偏りから身体の重心バランス

崩れ、過度な筋肉の疲弊が生じて しまいます。

腰の痛みにも、有名な『椎間板ヘルニア』の他、

脊柱管狭窄症間欠跛行筋膜性腰痛など

症状が悪化すると、日常生活にも支障を来し、

歩行困難や、布団から自力で起き上がれ無くなる

などの多大な影響を及ぼすほどの痛みが

生じてしまいます。

そうした中で、布団の寝心地と言うものが

疲弊して居たり、痛む身体にとって 何よりもの

リラックスできる空間であり、安らぎを得る為に

重要になります。

敷布団が合う、合わないで 身体への負担が

大違いというのは 聞いた事が有り、

身体に合った快適な敷布団や、マットレスがあって、

安心して眠れるのならば 手に入れて試してみたい。

けれど、自分に合う布団を探すのって大変で、

どれを 選べば良いのか、結局迷ってしまいますよね。

堅すぎても柔らかすぎても、骨の構造に対して

自然な状態を保てないから、

身体に過度な負担が掛かってしまう。

大切なポイントは、寝ている時に 接地している

箇所に ばかり、負担が掛からない物を 選ぶ事です。

つまり、柔らかい布団に魅力を感じて、

柔らかさにのみ 焦点を当て、柔らかさを基準に

敷布団を探すと、辿り着くのは 身体が沈むほど

ふかふか柔らかい布団です。

柔らかさ。それは一見、極楽の極みの様に

感じますが、実は 身体が沈むほど 柔らかすぎると、

背骨と腰も沈んでしまい、本来、緩やかな

S字カーブを 描いている背骨が、

頭から足まで1直線の線を引いたとすると、

緩やかな『くの字』を描いている姿勢が、

寝ている間中 続いてしまうので、背骨にとって、

自然では無い形の 寝姿勢が長引けば、

その負担は徐々に 身体に反映されてしまいます。

反対に、堅めの布団だと どうなるか?

背中、お尻、足と 敷布団に接地している箇所が、

弾力性が乏しい物だと、体圧が掛かりすぎてしまい、

背骨や腰の骨に負荷が掛かり、それを支えようと

筋肉が就寝中、緊張状態を 強いられてしまいます。

ウエイトトレーニングなど筋力トレーニングでは

意図的に 筋肉の緊張状態を強いて、

反復運動を行う事により、筋肉を強く太くしますが、

それは あくまで、短い時間の中で

計画的に、そういった状況を 作っているのであって、

全く意図していないのに、長時間の緊張状態が続くと、

筋肉は 無駄に疲弊し、休んで回復する筈の所、

休む間も無く、ストレスを受け続けたら炎症を起こし、

結果的に 身体の痛みに繋がってしまいます。

この様に、堅すぎても柔らかすぎても、

身体の構造に 自然では無い為、

最初は良くても、長い目で見れば、身体の疲れが

取れない原因は 布団に あった。

なんていう事に、なるかも知れません。

ですので、寝た時に 骨の構造が

自然な形を保てているか?

そして、寝ている姿勢で 接地している

箇所にばかり 負担が掛かっていないか?

この点を重視して、布団を探すと、

体圧分散マットレスというワードに

行き着くかと 思いますが、

もう一点、布団の重要な要素があるとしたら

それは通気性ですね。

年々暑さが増していく中、朝から晩まで汗が流れて

夜寝ている時にも汗グッショリ、

そして、朝起きたら 布団は汗で じんわり濡れていて、

その日の晩までに 干して乾かしたいけれど、

時には、天候が優れない日もありますね。

そういった時に シーツだけ取り替えて

我慢して寝る。

というのは、あんまり心地良い眠りには

就けません。

ですので、体圧分散で 且つ、通気性にも

優れている 寝心地の良い布団を探すのが、

この先何年も 快適な睡眠時間を得るための

選択だと思います。

身体に合った心地の良い体圧分散マットレスを
見つける事が大切です。

優しい寝心地の敷布団に身を委ね、快適な睡眠を

手に入れ、腰痛の痛みも和らげて、

ツライい悩みから 解放されましょうね。

こういった体圧分散マットレスを使う事で、

身体がリラックスし、ぐっすり眠れて、

結果的に 身体が休まって疲れが取れるので、

どういう敷布団を買うのが 身体に優しいのだろう?

と悩んでいる方は、体圧分散と通気性を

重視して 選んでみて下さいね。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-アルファプラF 通気カバータイプ ロング 幅83cm / MB-FA3L タイカ 1ケ JAN4571191319616 kt299127 取寄品(課税)-【介護福祉用具】

筋膜性腰痛の時に気を付けたい日常での姿勢

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの場合も

厄介な点は急激に悪化した先には、

仕事は おろか、日常生活にも大きな支障を

来してしまう、という点です。

更にが痛むだけでは無く、を庇いながら

毎日生活して行く中で、

重心が変に偏り、いつしかにも痛みが

広がってしまい、益々日常が制限され、

自力で歩く事も難しくなり、腰痛サポーター

補助無くしては、

数歩程度歩くのも辛い状態に なってしまいます。

そうした時に、部をダイレクトに締め付け、

支えてくれる腰痛サポーターの存在が

非常に日常を助けてくれるのですが、選ぶ際に

注意したい点は、

幅広でボーンが背骨に沿って しっかりと支えてくれる

構造になっているかどうか?

と、これからの時期は暑くても蒸れを ほとんど

感じずに、装着出来る様に

メッシュ生地素材を選びたい所です。

冬場は寧ろ温かいくらいの腰痛サポーターを

装着したくなりますが、春から夏に掛けては

胴部に装着する以上、通気性が非常に

重要になります。

この様に、腰痛サポーターを装着する

状態と言うのは、ぎっくり腰や 身体を

酷使し続けた事による、腰の筋肉疲労から来る

筋膜性腰痛や、

背骨を通る脊柱管が狭まる事で神経根を圧迫して

痛みが発生する脊柱管狭窄症、

あるいは、加齢などで髄核の水分が

減ってしまい、抵抗が弱まった時に何らかの

衝撃を受けて、線維輪を突き破って

髄核が飛び出してしまい、

神経を圧迫する事で、激しく痛む

椎間板ヘルニアなどの強い腰部の痛みの時、

強くなくとも、悪化防止の為に早い段階から

装着するパターン。

腰を守る、と言うのは ただ腰痛サポーターを

装着すれば軽くなるか?と言うと、

そんな事も無く、あくまで補助サポーターは

腰を締めて、姿勢を支える役割と捉えて、

自身で背骨から腰に掛けての自然な緩やかな

S字カーブを保つ、と言う事を

常に意識しながら日々過ごしたいものです。

今回は 筋膜性腰痛という、腰の筋肉が局所的に

疲労し、痛みを発している厄介な状態についての

日頃 注意すべきポイントについて書いて

行きたいと思います。

全身の筋肉が痛むわけでは無く、腰部の一部が

痛んでいる状態で、この時点で整形外科で

診察をしてもらってもレントゲン上、

骨には異常が見られないので、

自身でも そんなに悪い状態じゃ無いのか、

と軽視してしまいがちですが、

筋肉に局所的に負荷が掛かり続けている、

と言う事は、この先 腰椎の変形などの事態に

発展してしまう恐れが あるので、日頃の自身の

姿勢や、どの体勢で強く負担が掛かっているのか?を

見極めて日常生活の中で意識する事が大切です。

通常、椅子に座る時、と言うのは、身体を

休める時と言うのが殆どだと思いますが、

しかし、この時に姿勢を気を付けるあまり、

背骨を反りすぎたりしては、過度な負担が

掛かってしまいますし、反対に猫背姿勢でも

腰部の脊柱起立筋や靭帯などが引き伸ばされて

しまいますし、

または 足を組んだりする姿勢が癖の人の場合、

右足を組めば背骨は左に曲がり、

左足を組めば右に背骨が曲がっている状態なので

私は足を組む姿勢は しないので、

明確には分からないですが、これを腰を痛めている

時に やれば、通常時よりも腰~背骨に生じる負担は

より強いものに なるでしょうし、徐々に腰椎の

変形にも繋がって行く恐れが あると思います。

これらの日常姿勢を意識せずに 腰痛サポーターを

巻いてみても、装着している時は

少し負担がマシに なるかも知れませんが、

結局、椅子で休憩している時に

状態を悪くしてしまうのでは、サポーターで

一時的に補助しても、元も子も ありません。

ですので、サポーターに加えて、自身の

日常生活の中での意識の持ち方も

自身の身体を守るためには重要で

あると言う事です。

日常的に意識して、負担を少しでも

マシにして下さいね。

腰痛対策として電動ベッドを取り入れる

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの場合も

厄介な点は、急激に悪化した先には、仕事は おろか

日常生活にも大きな支障を来してしまう、という点です。

更に 腰が痛むだけでは無く、腰を庇いながら

毎日生活して行く中で、重心が変に偏り、

いつしか足にも痛みが広がってしまい、益々日常が

制限され、自力で歩く事も難しくなり、

杖や腰痛サポーターの補助無くしては、数歩程度

歩くのも辛い状態に なってしまいます。

そうした時に腰部をダイレクトに締め付け、

支えてくれる腰痛サポーターの存在が

非常に日常を助けてくれるのですが、選ぶ際に

注意したい点は、幅広でボーンが背骨に沿って

しっかりと支えてくれる構造に なっているかどうか?

と、これからの時期は暑くても 蒸れを ほとんど

感じずに装着出来る様に

メッシュ生地素材を選びたい所です。

腰痛サポーターを装着する状態と言うのは、

ぎっくり腰や身体を酷使し続けた事による

腰部(脊柱起立筋)の筋肉疲労から来る 筋膜性腰痛や

背骨を通る脊柱管が狭まる事で、

神経根を圧迫して痛みが発生する脊柱管狭窄症、

間欠跛行、あるいは加齢などで髄核の水分が減ってしまい、

抵抗が弱まった時に、何らかの衝撃を受けて線維輪を

突き破って 髄核が飛び出してしまい、

神経を圧迫する事で 激しく痛む椎間板ヘルニア

などの 強い腰の痛みの時、

強くなくとも、悪化防止の為に 早い段階から

装着するパターン。

腰に痛みを感じ始めると、日常生活の中で 腰椎に

負担が掛からない様に

意識して過ごさなければ ならなくなります。

頭部から胴部までの上半身、そして胴部から下、

足先までの下半身との中心部分となり、

身体の あらゆる動きや負荷に耐え続けている

腰椎は前傾、後傾、捻り動作や立ち上がる時、

歩行時など日常生活に おける、あらゆる場面で

痛みが生じ得る恐れを常に含んでいます。

腰痛が酷くなる前に、過剰なくらい腰痛対策を

施す事が とても重要だと思いますが、

どんなに気を付けて居ても 一度痛み出した腰を

日々生じる衝撃から完全に防ぎきる事は難しい事です。

そうして、日常で腰に蓄積した痛みが

ある時に爆発したら、

布団から自力で起き上がる事が出来ないほどの

痛みとして現れたり、

どうにか時間を掛けて、起き上がれても杖や手すりを

使っても立ち上がるのも歩くのも難しく、

不自由な状態になって しまいますし、

歩行困難と言うのは、日常の様々な点で

制限を強いて来ます。

なので、今回のタイトルは『腰痛対策として

の電動ベッド』ですが、

実際には 腰痛が激しくなる前の前段階の

負担を減らす為に用いる、

というのと 腰痛が激しくなった後の起床時に

腰に負担を掛けない為に電動ベッドを用いると言う

意味合いなので、正確には腰痛対策では無いのですが

腰の痛みを ある一定以上 悪化させないために用いる。

腰が激しく痛んだ時に、腰部に負担を掛けずに起き上がる。

という意味では、腰痛サポーターや杖の日常的な使用と言う

直接的な腰痛対策の前後に 紐づいていると言えます。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動ベッド 穂高 1モーター 宮付 / HBS-134-MY1 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959454583 kt336656 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

電動ベッドで腰の負担を和らげて安全に起き上がる

忙しい毎日を過ごしていると、どうしても身体全体に

疲れが溜り、やがてそれが身体の重さや怠さに繋がり

日常を過ごす事への倦怠感・脱力感が生じてしまいます。

それでも無理して重い身体に鞭打って生活の為に!と

踏ん張って労働や用事をこなして行くと、

疲労感はやがて足腰関節部位に強く現れる様になります。

足腰というのは日々疲労を溜めこんでいるので

休みなく日常を過ごしているとある時から突然

身体にガタが来てしまうのです。

足腰を痛めてしまうと1歩1歩の歩行の度に痛みを

感じる様になってしまう為、

痛みや違和感を感じた段階で 少しでも早く整形外科や

ペインクリニックなどに 通院する事が

その時点での最善の選択だと思います。

勿論、通院しても日常での対策を考えて日々

足腰関節部位を 専用サポーターを装着して

守って行く事が大切になります。

足腰を守るのは専用関節サポーター以外にも

杖を日常的に 使用したり、家の中ではマッサージ器や

遠赤外線治療器などで患部を直接癒す事も効果的です。

しかしながら、日々足腰を守っていても完全に

防ぎきれる物では無い為、歩行の度に少しづつ

ダメージが蓄積して行きそれがある時突然

爆発してしまう事もあるのです。

歩行時の負担は膝や股関節、腰に溜りやすいのですが、

特に腰に 蓄積していたダメージが爆発した時は

日常における殆んどの 動作が制限されてしまいます。

・朝に目が覚めても上体を起こせない

・身体を起こせないからトイレにも行けない

・起き上がれないからご飯を食べる事も出来ない

・布団がはだけて寒くても元の位置に戻す事も難しい

・トイレに行けてもズボンの上げ下ろしが大変

・1歩1歩の歩行時に強い負荷が掛かる

と、ザッと挙げただけでもこういった不便な点があります。

そうした強烈な痛みを腰に抱えてしまった場合に1人で

どうやって 身体を起こしてトイレに行ったり、

ご飯を食べたりなどの日常を 過ごせる様になるのかと言うと、

ある程度の角度まで上半身を 起こす事が出来れば、

そこからは寝そべっている姿勢から上半身を

起こそうとするよりも 遥かに負担が少ないので、

どうにか起き上がる事が出来る筈です。

5. 電動で起き上がる事が出来、腰の負担を軽減できる
【前の項目 目次 次の項目】

起き上がりさえすれば杖や手すりを使って室内ならば

ゆっくりと 進めると思うので、まずは如何に起き上がるのか?

という事ですが 起き上がるには電動ベッドを日常に

取り入れて活用する事で リモコン1つで電動の力で

無理なく起き上がる事が出来ます。

しかもこの電動ベッドはマットレスも付いていますし、

サイドレール手すりも付いて来るので

ベッドから落ちる心配もありませんし、布団なども
ズレ落ちる心配も ありません。

この様に日常を大きく支えてくれる補助アイテムを

生活に取り入れて少しでも負担の少ない毎日を

過ごしましょうね。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動ベッド 穂高 1モーター 宮無 / HBS-135-MY1 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959454606 kt336658 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

強烈に腰が痛む時は無理せずに、電動ベッドを使用すると楽に起き上がれる

足腰を痛めたら関節サポーターで

膝周りや、膝関節などを守りつつ、

日々の衝撃に 耐えなければなりません。

杖や、関節サポーターで日々の負担を

和らげて過ごしても、

やはり1日が終わる頃には ドッ、と 疲労が

身体中に 現れてしまいます。

仕事や 1日の やる事を終えて、疲れた身体で

ストレッチやマッサージなどをして

身体の疲労を 取り去りたいですが、

疲れ切った身体では、少しの動きをするのも

気力を絞らなければなりません。

そういった時に、自分自身がストレッチの

動作をしたり、

手の届く範囲内を 揉み解したりする手間を省く為、

マッサージ器などが あれば、

スイッチを押すだけで 自動で脚や腰などを

揉み解してくれるので 非常に楽です。

しかしながら、日々の疲弊は少しづつ、積もりに

積もり 足腰に強烈な痛みとして現れてしまいます。

通院も定期的にして、日々 足腰関節の痛み対策や

アフターケアを施して居ても、です。

1度痛みを感じて、それが あちこちに広がって

しまってからでは、

対策を施しても ダメージを完全に防ぎきる事は

難しいのです。

杖と関節サポーターを併用して居ても、1歩1歩の

歩行の都度、ダメージが生じてしまうので、

それがピークに達した場合は、朝 目を覚ました時に

腰の痛みにより、

自力で起き上がれ無い、などの日常生活を送ること

自体が 困難になってしまう事も あります。

そうした時には、私の経験上、ピークの痛みが

永久に続く訳では無いので、ジッ、として過ごし、

痛みのピークが過ぎ去るのを2~3日の間、

待てば良いのですが、

布団の上で 横になって居る姿勢で、腰が強烈に痛んだ時、

と言うのは、例えば 足首の角度を変える事も 腰に響くので

難しくなりますし、足首の向きよりも動きが大きい、

膝の向きや、膝を折り畳んだり等は かなり困難になるので、

実質、出来る事は2~3日の間、ただただ天井を眺めて

身体の向きなどを変えずに 時が過ぎゆくのを待つだけです。

腰が強烈に痛む時は 当然、腰を捻る事も、上体を起こす事も

出来無いので、トイレに行ったり、食事をしたり、と言う事も

その間は 行えないので、出来れば腰の疲弊感が いつも以上に

強いな~、と感じた時は、

布団の直ぐ横に 蜂蜜や飴とストロー付きの飲料を幾つか

用意しておくと その間は どうにか凌げます。

そうこうして居る内に、状態を現時点で どの位 起こせるだろう、

とか、膝を曲げた時に 何処まで持って来ると痛みが強いのか?

と言うのを、時々確認しておくと、少しづつ痛みのピークが

過ぎつつあるのを感じる事が出来るので、

もう少しで起き上がれるかも。という希望が見えたりして、

気力が湧いて来るので時々確認してみる事を お勧めします。

こうした状態になると、『あっ、起き上がれないな。』と

思った時点で救急車を呼べば良いのですが、

まさか、この様な状態に なるとは思っていない時と言うのは、

手が届く範囲内に携帯電話を 置いて居なかったりします。

すると、私が書いた様に 天井を見つめながら、蜂蜜などで

糖分を補給しながら痛みがピークを越えるのを

待つしか無いのですが、この時に電動ベッドがあれば、

2~3日もの間、天井を眺め続けずに済みます。

と、言うのも腰が強烈に痛む時は、頭を持ち上げた状態から

腰を少し浮かせた角度が 最も腰に負担が掛かり 辛いので、

此処を乗り越えると、あと5㎝~10㎝ほど上体を起こすのは、

意外と楽なので、

その角度まで電動の力で腰に負担を掛けずに持って行く事が

出来るのです。

身体を起こす事さえ出来れば、後は 手すりや杖を使って

トイレにも行けますし、調理も出来ますので、

腰の痛みがピークに達した時の自力で起き上がれ無い、

という 最も辛い状況を楽に乗り越えて下さいね。

少し大きめの車椅子を使う事でハンドリム回しの負担も減る

足腰の痛みと言うのは日々の労働や用事など、

過労や身体への負担の蓄積でジワジワと、

あるいは、急激に関節部位に痛みと

なって現れます。

この時の足腰関節部位の痛みと言うのは、

最初期の段階では それほど辛い状態では無くて、

我慢すれば仕事も日常も さほど不自由なく過ごせる。

という状態でも、

1度関節部位に痛みや違和感となって現れて

しまうと、その痛みの進行速度は

驚くほど速い場合も あります。

何故、痛みが どんどん強くなって行くか?

と言うと、足腰というのは(特に腰)、

以前も書いた様に骨盤・腰椎を起点に

前のめり姿勢になると、

負荷が強まり、前傾の角度を深める程に

腰への負担が どんどん強く掛かってしまいます。

座り姿勢でも同様に、会釈程度に頭を

下げただけでも 腰椎へ重い負荷が必然的に

掛かってしまうので、腰を痛めた時に、

まず するべき事は腰痛サポーターで

腰周りをガッシリと締め付け固定し、

衝撃・負担から守る事ですね。

間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛

と言った腰の痛みの原因は 幾つも あるのですが、

腰痛サポーターをしっかりと締めて固定する事で、

脊柱起立筋の過度な疲弊を妨げる事が出来、

姿勢もある程度 保てて身体の重心バランスの崩れも

防ぐのに 役立つので、

まずは腰痛サポーターを活用する事が大切です。

『まだ何とかなる。』『もう少し放っておいても

大丈夫そう。』と言う判断を万が一にも してしまうと、

いざ、急激に悪化した時に 病院に行って、状態を

診て貰った時に、要手術と言う程の状態では無いけれど

その手前の段階だから、保存療法で様子見。

と、なってしまった時に 早い段階で治療を

行って来た人に比べて、

辛い思いを するのは自分自身です。

そうしている内に、毎日 足腰にダメージが

溜まり続け、やがては 杖やサポーターを

併用しても歩行困難に なってしまう事も あります。

なので、保存療法で特に効果を感じない状態が

続くようなら、日常生活の中で それ以上ダメージを

重ねない為にも、歩行以外の選択肢が

必要に なります。

足腰が悪い場合の歩行以外の選択肢、と言うと

1番に浮かぶのが車椅子の使用ですね。

車椅子は今の時代、ネット通販でサイズやカラー、

そして車椅子のタイプ(自走式、介助用、電動)まで

直ぐに探し出す事が出来ますから、自身の身体の

状態や、体型に合った物を見つけてみて下さいね。

車椅子を選ぶ時に気になるのは、座面の幅や前輪、

後輪の大きさ等ですが、

座面幅は、あんまり窮屈すぎても後々ツラいでしょうし、

大体、42㎝~45㎝位の物を探すと、

結構 身体が大きい私でも窮屈さは感じなかったので、

サイズ感が不安ならば、これを基準として探してみると

良いと思います。

私としては、自走式車椅子に乗る上で ハンドリムを
回し続けるのが最も大変だと思うので、

やはり後輪は ある程度のサイズ感があった方が
良いと思いますし、

後輪が大きければ、必然的にハンドリムも大きく
なるので、ひと漕ぎ ひと漕ぎの移動距離も大きくなり、

結果的に身体への負担は小さくなるので、少し大きめの
車椅子を使うのが良いかと思います。

脊柱起立筋が過剰に疲弊しない様に腰を守りながら歩く

腰の痛みと言うのは骨の変形や、神経が

圧迫された場合や、筋肉の疲労から

生じる事が多いですが、いずれの場合も

症状が悪化してしまうと仕事は おろか、

日常生活にも大きな支障を来してしまうので、

痛みや違和感を感じた初期の段階で

整形外科を受診し、まずは痛みの原因や現状を

把握しましょう。

整形外科に行くと、まずは問診表に痛む部位や

痛みを感じている期間などを記入して、

医師に問診表を基に質問されてレントゲンを

撮ったりするので、

実際に自身の目で骨の具合などを視覚的に

把握する事が出来るので、骨に異常が ある場合は

医師に委ねる事が大事ですが、骨の変形などでは無い場合、

髄核の水分が減少してクッション性が弱まり、

何らかの衝撃により、線維輪を突き抜けて髄核が

飛び出して神経を圧迫してしまう椎間板ヘルニア

及び、その手前の状態の時、背骨を通る管(脊柱管)が

縮まって神経根を圧迫してしまい、

痛みが生じる脊柱管狭窄症、及び、その延長線上に

ある間欠跛行

腰の筋肉日々の労働などで疲弊してしまい、

血流が鈍り、筋肉内部に乳酸・老廃物が滞り、

排出されずに居る事で痛みが生じたり等、

もし、緊急で手術を要さない、手術手前の

状態の時は、病院での治療以外に日常で自分自身で

関節サポーターや杖などを使い、に掛かる負担を

和らげようとする意識が大事に なります。

私の経験上、まず関節サポーターで腰周りや膝関節

股関節なども しっかりと締め付け支えるのも

大切だと思います。

と、言うのも、腰痛サポーターで締めて

固定していても、やはり歩行時に生じるダメージは

ゼロにする事は出来ないので、必然的に腰を衝撃から

守ろうと 身体のバランスを痛む方から

痛みを感じていない側に傾けてしまう様に

なります。

そうすると、重心を傾けた事で体重の多くを

片側の足腰が受け続ける事になるので、

そちら側の足腰にも段々痛みが生じてきます。

なので、そうなる前の段階から予め負荷が過剰に

掛からない様に、サポーターで支えておくのです。

関節サポーターは そうして、負担が多く

掛かりそうな部位に装着して、

杖は出来れば1本では無く、2本用いた方が

バランスを中心に保てるので、お勧めです。

ここからが本題なのですが、こうして杖2本で

重心バランスを極力、中心に保ちながら歩行していても

どうしても腰への負担が少しづつ

生じてしまいます。

この時に、以前書いた様に、姿勢を立てる事を

意識する事で、股関節の可動範囲を狭める事が

出来て、結果的に歩幅も小さめに抑える事が

出来るので、

歩行時に生じる腰へのダメージも、少しは

抑える事が出来るのですが、

しかし、この歩行法も距離が少しでも伸びると、

やはり、ジワジワと痛みが蓄積されて

行ってしまいます。

背筋を立てていると、前傾姿勢に比べて、

股関節の可動範囲を狭める事が出来る。

と言う利点は あるのですが、同時に背筋を

立てている間は、

腰の筋肉である脊柱起立筋が可動し続けてしまい、

疲労感が溜まりやすいのです。

そういう時には敢えて、前傾姿勢になり、腰周りを

緩めて、脊柱起立筋の関りを軽減させる事で

股関節へのダメージを溜める代わりに、

腰のダメージを抑えて歩む、と言う方法も

別の記事で書きましたが、今回は それらに加えて

やや腹筋に力を入れて歩行する事で、

腰への衝撃が抑えられるので、そうやって足腰の
筋肉が疲弊しすぎないように緩急を

つけてみて下さいね。

介護用品 関連 島製作所 ステッキ(伸縮) 伸縮細型ネックステッキ 水玉エンジ 67-P5

足腰が痛む時に役立つ電動ベッド

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

例えば、肩を痛めた。とか肘関節

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢からに負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

INTIME1000 ハリウッドスタイル ラウンドタイプ 3モーター電動ベッド機能:リクライニング・フットレスト・らくらくモーション・ハイロー(高さ昇降)機能