月別アーカイブ: 2019年9月

膝関節サポーターを装着する事で歩行時の負担を軽減する

9月最後の日も気温が高いですね。

この様に暑い日々が続くと、出かけるのも
億劫で少しの買い物も躊躇ってしまいますね。

ましてや、膝や腰を悪くしていると

痛い関節に 負担を掛けて 無理してまでは

ちょっと。と、よほどの用事が無ければ

なるべく外出は 控えてしまいます。

膝関節というのは、一度痛めてしまうと

歩行時は もちろん、

立ったり座ったりする度に負担が掛かり、

痛みが生じますし、歩道の緩い傾斜や

崩れたアスファルトなどの道は ほぼ必ず

何処を歩いても ありますので、

膝や腰が悪い状態で出掛けるというのは、

ただ体感的な暑さに耐えるだけでなく、

それらの道を通る際の 痛みにも同時に

抗わなければならないのです。

アスファルトが そういう構造な以上、多くの場合、

目的地まで平坦な道ばかりでは無いと思うので、

近所に買い物に行く、というのにも

気を張り詰める必要があるのです。

歩道の構造は変えられないので、対策として

膝サポーターを装着したり、

腰痛サポーター、杖などが自身の身体を

守るのに 欠かせないアイテムなのです。

近頃は、ディスカウントストアにも安価で

腰痛サポーターや 膝サポーターなども

置いてありますが、しかし なかなか季節ごとに

適したサポーターというのは 置いてありませんので、

私の場合、夏場は薄いメッシュ生地素材のサポーターを

ネット通販で検索して入手しています。

そうすると、夏場用のメッシュ素材サポーター、

それ以外の季節用サポーターが

幾つも常備してあり、季節ごとに使い分けが

可能なので、消耗品ですが長持ちしています。

メッシュ生地サポーターというと、薄さと

通気性重視で 肝心の膝関節を保護する機能・性能は

どうなの?と、私も最初は ちゃんと支えられるのか

不安でした。

しかしながら、購入して使ってみると、

ダブルのベルトが しっかり支えて、

膝関節を固定してくれるので、効果を実感してからは、

これで暑い夏場も 出掛けられる。

と、今では幾つもメッシュ生地サポーターを

常備して 重宝しています。

勿論、燦々照りつける太陽は どうしようも無いですが、

少なくとも、通常のサポーターの生地の様に

蒸れて 熱がこもる感じは しないので、

メッシュ生地を 使用する様になってからは、

かなり快適ですし、夏場でも使えるという事は

秋でも冬でも気温関係なく、

年中使用可能という事なので、暑さと痛み対策のため、

メッシュ生地素材の 膝サポーターを常備することを

お勧めします。

この様に、季節問わず 日常的に装着できる

補助アイテムを有効に活用して、

日々の身体のダメージを少なくして、過ごしましょうね。

メール便送料無料 セルヴァン ウォーキングサポーター膝用(1枚) 代引き不可

電動ベッドで腰に負担少なく起き上がる

多忙な日々を過ごす事で身体に疲労が溜まり続け、

それが原因で身体全体が重くなったり怠くなったり。

身体全体の重苦しさは労働や日常の意欲も徐々に

薄れさせて行き、それでも毎日忙しさが和らぐ事は

無く、

と 言う時には 身体全体のみならず、足腰の関節部位に

疲弊感が 鋭い痛みへと変貌を遂げて 現れてしまいます。

足の痛みの場合には股関節サポーターから、

膝関節サポーター、

足首関節サポーターなどの各部位ごとの関節サポーターを

装着したり、あるいは それでも尚、

1歩1歩の歩行の度に痛む様だと それらの関節サポーターに加え、

杖を日常的に使用する事で、両足に加えて 体重を

3点で支えられる為、

かなり歩行時の衝撃・負担を和らげる事が出来ます。

しかしながら、それだけの対策を施しても

完全に痛み・衝撃を緩和する事は出来ないので、

やはり1番重要なのは 整形外科やペインクリニックなどに

痛みを感じ始めた初期の段階で 通院する事だと思います。

足は そうして関節保護サポーターと杖と通院を

継続する事で、少しづつ状態が良くなる兆候を

感じられると思いますが、

歩行する際には 同時に腰にも負担が蓄積し続けています。

腰も同じく腰サポーターベルトを日常的に

装着する事である程度の負担を和らげる事が出来ます。

とは言え、完全に防ぐことは出来ない為、足もそうですが、

腰も足と同様に 日常での少しづつの蓄積が怖いのです。

その、少しづつが ある時急に 爆発してしまう事も

あるのです。

日常的にサポーターや杖などでダメージを出来るだけ

少なくしようと意識しながら過ごしていても、

完全には防げていない為に、突然急激に

強い痛みが発生してしまう事があるのです。

腰の痛みが急激に痛くなると、杖や関節サポーターベルトを

装着していても

数cm単位で 歩くのも座るのも、布団から起き上がろうと

身体を起こすのですら 困難になります。

私の場合、この様な状態になり、1番苦しんだのは

トイレに行けない事や身体を起こせないが故に

ご飯を食べる事も出来ない点でした。

更に苦しいのは、脚の指先に微妙に掛かった状態の

毛布の位置をズラしたい、と思っても脚を動かすのも

出来ず、

もちろん、上体を少しでも動かすと 鋭い痛みが

発生してしまう為、手で毛布をズラす事すら出来ず、

秋冬で足の指先が冷気に触れ寒くても忍耐せざるを

得ないという事もありました。

そうした中で介護用の電動ベッドが あると非常に

助かるという事に気付きました。

その介護用電動ベッドの利点としては、リモコン1つで

傾斜角度が自在に変えられる為、

少しでも状態を起こそうと思うと 強烈な痛みが生じる、

と言う 最もツライ点を 電動の力で解決する事が出来るのです。

腰が痛いと身体を起こす、という動作が恐らくは最も

腰に負担が掛かる瞬間だと思います。

腰が強烈に痛い時には自力では何10パターンもの

身体に負担の少ない起き上がり方を脳内に描き、

試してみて その都度、その総てが虚しい結果に終わり

結局トイレにも行けず、ご飯も食べられず。

という所に落ち着いてしまうのですが、

(結局、自力では起き上がる事が出来無い為)

身体を負担の少ない角度まで起こす、という

最難関のハードルをリモコン操作一つで越える事が

出来るので、その後は 立ち上がり時に杖や手すりを

頼りに ゆっくりと立ち上がり、歩むことが出来ます。

この様な 家に1台あるだけで生活を大きく支えてくれる

アイテムを日常的に用いて

負担の少ない毎日を過ごしてくださいね。

増税前最後のチャンス★最大P24倍★ 9/25-9/27【全国配送可】-電動ベッド 福祥 昇降2モーター マットレス・サイドレール付 / HXS-072YN2 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959441453 kt325298 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

電動ベッドで腰の負担少なく起き上がる

9月も末に到達し、朝晩は勿論の事、日中でも

やや涼しさを感じる気候が訪れて

心地良い空気を感じ始めて来ました。

しかし、涼しくて快適な気候のすぐ先には
寒さが押し寄せて来ます。

もう少しで寒さが増し、常に冷えを感じる様に
なると、どうなるか?

というと、身体全体に力を入れて 寒さに

抗おうと自然としてしまう為に、

全身の筋肉が強張り、その状態が長引く事で

余計な筋肉の緊張状態から疲労感を強く感じたり、

筋肉の内部では血流が鈍り、 老廃物 ろうはいぶつ の

排出機能も弱まったり、

代謝が低下する事で 脂肪を蓄えやすい

身体になり、そして血液の循環が鈍る事で

肩周りや足腰に凝り・張り、痛みが

生じ始めてしまいます。

特に、腰の痛みが強烈に現れてしまうと、仕事は

勿論、日常生活にも大きな支障を

来してしまう様に なります。

室内限定の腰痛対策では ありますが、

一つは電動ベッドを取り入れる事ですね。

何故、電動ベッドなのか?と言うと、腰を強烈に

痛めてしまうと、

通常の平面のベッド(もしくは布団)から上体を

起こすどころか、

脚を ほんの数cm動かす事すら出来なくなって

しまうので、

自身の力では無く、電動の力を借りて

ある一定の角度まで

身体を起こして貰う事で腰に掛かる負担を

大分 だいぶ 和らげる事が出来ます。

私の場合、腰が強く痛んだ時は身体を起こす事は

出来ないし、

脚を動かす事も身体を横向きに変える事も出来ずに、

仰向け状態で何時間も身体を動かす事が出来ない

絶望と向き合いましたが、

そうなってしまうと、トイレにも行けないですし、

身体を動かせないから 勿論、ご飯も食べられない。

ただただ、仰向けで数cmづつ足を移動させて、

身体を起こしやすく、腰に負担が少ない角度を

手探り状態で探しつつ、少し身体を起こせたら

肘をついて、身体を その角度より

低く下ろす事が無い様に 細心の注意を払いつつ、

数cmづつ、同様の作業を繰り返して行く、という事を

やって、数時間後に ようやく起き上がる事が

出来たのですが、電動で上体を起こす所まで

持ち上げてくれると、そんなに神経を張り詰めたり、

何時間も掛ける必要も無いので、腰に不安がある方は

電動ベッドを取り入れた方が

日常の負担が少なく済むので、取り入れてみるのも

選択肢の一つだと思います。

そうして、身体を起こして いざ立ち上がろうと

思っても、ベッドの高さがある分、

脚を布団の外に簡単に出せるし、立ち上がりやすい

姿勢には なるのですが、

立ち上がる時には、足の踏ん張りという物が

必要に なってしまうので、

その時に強い負荷が腰に掛かってしまいます。

ですので、その時の負担を和らげる為には

手すりという 支えの存在が非常に大切になって来ます。

特に、起きて立ち上がろうとする時には まだ眼が

冴えていないのもあって、

バランスを崩したり、と言った身の危険も

あり得るので、しっかりと支えに手を付き、

安定した状態で 立ち上がりましょう。

立ち上がって、トイレに行くなり、ご飯を

食べる為にテーブルに行くなりする為には

数歩の歩行が 必要になります。

安静に していても、トイレや ご飯時に

ほんの数歩、歩まなければならない

シチュエーションという物が訪れますので、

その時に役立つのが室内用の杖ですね。

室内用と言っても、普段外で使う杖と同タイプの

杖を 室内で使用するだけなのですが、

杖を常時使うだけでも、足腰に掛かる負担は

大分違います。

安定感を考えれば、多点杖の方が良いと

思うのですが、自宅の場合、

床に物が散らばってたりするので、 寧 むし ろ接地面の多さが

故に、物を潰してしまう恐れがあるので、

室内用は 1点杖の方が個人的には良いと思います。

1点杖は 支えが1点のみなので、床に物があっても

隙間を通して杖をつく事が 出来るので、

自由度は高いです。

これらの腰痛対策アイテムを日常的に取り入れて

日々掛かる負担を和らげてくださいね。

膝が痛む時は関節サポーターで支える

の痛み、それは労働で休む間も無く

働きづめでに負担が蓄積した場合や、

激しい運動、急な方向転換を行って

衝撃がに強く掛かってしまった場合や、

外部からの衝撃を受けて痛めたり、

あるいは加齢による筋肉の衰えや

を支える縦方向からの支持構造、

横方向からの支持構造がスムーズに

働かなくなり、柔軟性が低下することにより

膝関節にダメージが蓄積する場合など。

膝関節というのは立ち上がる時、座る時、

歩く時、階段や段差の上り下り、

ジャンプや着地する時、つまり長時間座っていたり

寝ている時以外、ほとんどの時間 動いて

負荷が掛かっているのです。

それだけ日常に おいて、歩いて走って上って降りて、

と、たくさん使用しているにも関わらず、

帰宅してからも、さほど休む間もなく

明日を迎え、

また明日も、そのまた明日も 労わる暇も無く

動かし続けていたら、当然の如く

いつの間にか疲れが溜まって、その疲労は

膝関節の違和感や痛みへと 変わってしまいます。

私の経験上、痛みや違和感が生じてから

自然の治癒力だけで いつか回復するだろう、と

騙し騙しやっていても 身体の治癒力よりも

日常でのダメージの蓄積の方が勝ってしまうので

結局、状態は悪くなるばかりです。

一度痛み・違和感が生じてから我慢しても

どんどん悪化するだけですので、

速やかに 整形外科などを受診される事を

お勧めします。

しかし、膝やも含めて治療・リハビリを行っても、

その時間は 大体20分~30分程度ですので、

それ以外の日常で、如何に膝関節に負担を

掛けないで生活するかが、

早い段階で回復するか否かの分かれ目な気がします。

とは言え、日常で全く歩かずに居ることは難しいので

移動時に を守るために 杖を使ったり、

膝サポーター周りをがっちり支え、

保護したりするのが の衝撃を和らげる

最善の手段では 無いかと思います。

膝サポーターといっても、今時はディスカウント

ストアなどにも売ってますし、

ネット通販で検索しても 種類が多いですよね。

私も最初は どれが負担が少なく楽なんだろう?

と悩みましたが、

現時点で行き着いた答えはクロスベルト型や

V字型サポーターが しっかりと周りを固定して、

支えくれて の負担が少ないかな、と感じてます。

そして、もう一つ大切な要素として

サポーターというのは当然ながら、

しっかり締め付けて支えるものですから、

夏場は かなり暑いです。

なので、私の場合は 夏場はメッシュ生地の

や腰のサポーターを使っています。

メッシュ生地は 通気性を重視して、薄いから

頼りないかも?と 最初思っていたのですが、

実際、使用してみると そんな事も無く

しっかり歩行や階段・段差の上り下り時に

助けてくれています。

特に、年々暑くなっていますから 少しでも

暑さ対策をする上で、

これから先、身体を支え守ってくれる

薄生地メッシュ素材のサポーターの存在が

非常に大切に なってきます。

しかし、どんな膝サポーターにも

弱点はあります。

歩行時や、ちょっとした段差のダメージは

軽減できても、坂道は どうしても上る際にも

降りる際にも、に結構なダメージが

乗っかってしまいます。

そればっかりは 重力がある以上、抗えないので

仕方ない部分ではありますが、

しかし、坂道を除けば 歩行時、立ち上がる時、

座る時、そして 階段や、

ちょっとした段差の上り下りは だいぶ楽に

なりますので、膝の痛みや違和感を感じた方は

整形外科に行くと ともに、日常に おいては、

膝サポーターで しっかり支え、

守る事を おすすめします。

間欠跛行で痛む足腰の負担を車椅子で軽減する

日々の生活での疲労の蓄積や、加齢により髄核の

水分が減る事で衝撃を受けやすくなったり、

日常生活での姿勢や労働での身体への負担の

掛かり方で痛みが強く出たり、と

人によって違いが出ますが、何れの場合にも

共通しているのは、

疲労感や痛みがジワジワと積み重なって行くと、

それが痛んでいる患部を支えて

過度な負荷が掛かっている周辺部位等に

あちこち散らばってしまい、

痛む部位が拡散されてしまったり、

元々痛み・違和感を感じていた腰の痛みが

ある時急に激しくなり、

とうとう朝 目を覚ましても、起き上がれ無いほど

強く身体に現れてしまったり。

と、1部位に軽い痛みでも通常の状態とは違う

『異常』を感じたならば、

早急に整形外科を受診してみる事を おすすめします。

整形外科に行くと、まずは問診表に自身の

現在の身体の状態を記入し、

それを元に 専門医から問診を受けるのですが、

問診だけでは 実際の状態が分からないので、

レントゲン撮影や、それでも まだ原因を特定

出来ない場合には、別日にMRI検査をしたり。

そうして、あの手この手で何の療法が効果的か?を

少しづつ探り探り試して行くのですが、

その過程の中で、何種類かのブロック注射を

間隔を空けて打ったり、あるいは手術を要する

状態の時には、手術と言う判断に なります。

手術をする必要があると診断されない状態でも、

腰に激しい痛みが現れて起き上がれない、

立ち上がれない、歩けないと言う事は あるので、

レントゲン上やMRI検査での診断をされても

日常生活の中で腰に負担が掛かる動作をするのは、

依然として気を付けた方が良いです。

私の経験上、骨の変形だとか線維輪を突き破った

髄核が神経を圧迫して居なくとも、

布団から身体を起せない程の痛みが部に現れる、

と言う事は『普通にある』ので、

に疲労が溜まりすぎたな、と自身で実感した時には

万が一の事態に備えて、

寝る前に身体を起す為に電動ベッド

立ち上がり専用手すりなどを

用意しておいた方が良いです。

が強烈に痛むと、杖を使っても関節サポーターを

装着しても、数歩の移動ですら大変 厳しくなります。

室内での数歩の移動で苦労すると言う事は、ゴミ出しや

近所への お買い物にも大変な苦痛を伴うと言う事です。

特に、歩を進めれば進める程に、腰の筋肉である

脊柱起立筋が どんどん疲弊して行き、

疲弊感が強まるごとに 足腰の痛みもドンドン

強まってしまう間欠跛行の症状が出てしまうと、

非常に辛い思いをしますから、杖を使い歩く、と言う

以外の 選択肢を考えた方が良いと思います。

歩行以外の選択肢と言えば、車椅子の使用がパッと

思い浮かびますが、私の経験上、事前に自宅周辺の

路面状況を考慮しておかないと、車椅子をコントロール

するのにも苦労を強いられる事に なります。

と、言うのも地面は平坦に見えても、実際に車椅子

進みだすと全く平坦で無い事に気づきます。

すると、コントロールする右肩か左肩の どちらかに

過度な負担が掛かってしまい、

余計な痛みを抱える様に なってしまいます。

パッと見て平坦な道ですら、そうなのですから小石が

多めの所や、アスファルトが抉れている所、

そして、歩道を進もうと思うと、傾斜・勾配が 必ず

ありますし、ちょっとした段差も付き物です。

更に 勾配がキツクて、ここは乗れないな~、と言う時には

自転車用のスペースを通過したりするのですが、

そうした時には道路脇にある 溝にも注意しないと

いけません。

私の場合、24インチの車椅子を使用しているので、他の

サイズよりも 少し前輪が大きいのかな?と思うのですが、

それでも、溝に嵌ってしまうと、抜け出せなくなる恐れが

あるので、徹底的に溝は避けてます。

なので、車椅子を使用し始めても、必ずしも身体が楽に

なると言う事は無いのですが、

それでも足腰の負担が 歩行時に比べて 遥かに軽減されて

いるのを実感できます。

但し、車椅子でアスファルト上を進んでいると、終始

微弱な振動が生じ続けている為か、

お買い物を終えて、家に辿り着いた時に、トイレにでも

行こうかな。と立ち上がったりしてみると分かるのですが、

足腰の感覚がフワフワしている感じがして、鈍くなって

いるのを感じるので、

そうした時には無理して立ち上がらずに、少し感覚が

マシになるまで車椅子の上で待機した方が良いかな、

とは思います。

そうした 少し注意した方が良いは あるのですが、

歩行がどうしようも無く辛い、と言う状況になったら

車椅子を選択肢に入れてみるのを お勧めします。

【自走式車いす】【松永製作所】AR-101BT AR-111BT自動ブレーキ装置付車いす立ち止まり君シリーズ【非課税】※卸より直送の為代金引換・後払い決済不可です。

ダイエット用のプロテインで少しづつコンディションを整える

日々の労働や諸々の用事などで身体を

休める暇も無く、忙しなく動き回っていると

段々と身体全体の疲労感から足腰関節各部位への

痛みへと転化され、

それが酷くなると 自身の脚のみでは歩くのも

困難な程に痛みが 強くなってしまいます。

そうして、足腰に生じる痛みを どうにか

少しでも和らげようと

腰痛サポーターや膝サポーター、杖を

多くの人が日常的に使用する様になると

思うのですが、ここから新たな問題が生じます。

元々、二足歩行をする上で、人体は頭部から足先まで

全体が 瞬時に連動する構造になって居るのですが、

緩やかなS字カーブを描く背骨から骨盤・仙骨を伝い、

股関節から両足へと1歩1歩脚を踏み出す度に

関節のスムーズな連動により、クッション機能が

上手く働いて、 地面からの衝撃が

頭部にダイレクトに行き届かない様な

仕組みになって居ます。

ところが、この各関節部のスムーズな連動が

何処か1箇所(例えば腰)を痛めてしまうだけで

途端に連動が 妨げられてしまいます。

連動が妨げられるばかりか、連動途中の痛めた部位に

1歩1歩の歩行時の衝撃が

ガッツリと乗ってしまう様に なります。

こうなると、先ほど書いた様に腰痛サポーターや

膝サポーター、杖など併用しなければ歩行が困難に

なるのですが、一方で こうした補助アイテム

助けが無ければ、歩行が難しくなればなるほど

こうした補助アイテムに依存する様に

なってしまいます。

これらの補助アイテムに頼り過ぎると、

を痛めている場合には

益々、腰の筋肉(脊柱起立筋)は弱まり、

膝関節なら膝関節周りの 脚の筋肉

大腿四頭筋)などが衰えてしまいます。

筋肉が衰えると どうなるのか?と言うと、

痛めた部位を支えようと、周辺の筋肉が補助的に

その負荷を受け止めようと働くのですが、

(この場合も、過度な負荷が周囲の筋肉に掛かると、

その部位も 結果的に痛めてしまいますが)

各部位ごとの関節サポーターと言う事は、

その周辺の筋肉の可動を制限し、

更に 痛めている箇所の筋肉の働きも制御して

しまっているので、

より関節部位に負担が乗っているのを顕著に

感じる様になります。

筋肉が衰えると、その周辺の筋肉や関節に大きな

負担が生じるばかりで無く、

筋肉が衰えると言う事は、エネルギーを

燃焼する様な動作も思う様に出来なくなり、

どんどん脂肪が乗り易くなってしまいます。

周りを中心にお尻や脚にも脂肪が蓄えられ始めると

体重も徐々に増えて行く訳ですから、

身体が重くなるごとに、関節への負担も増大して行って

しまいます。

なので、食事に気を付けて、運動以外で出来る範囲内で

体型をコントロールする必要があります。

食事内容は たんぱく質を摂取しようとする時は、

極力 脂身を削いだり、鳥皮を剥いだりして

脂質を抑える様に意識する事が大事です。

糖分や塩分の多い物も意識的に抑えたいところですが、

過度に意識しすぎると、ストレスになってしまうので

程々に気を付けて、身体の為には短期間だけダイエット

意識するのでは無く、長く継続して行きましょう。

今の時代、ダイエット用のプロテイン

サプリメントなども多く販売されて居るので、

こうしたダイエット用の補助食品を摂取しつつ、

無理なく 体重を落として行きましょう。

ゴールドジム GOLD’s GYM ミールリプレイスメント ストロベリー 送料無料 14袋入り ミールリプレイスメント ストロベリーミルク風味 F8620 MRP 代替食 1食置き換え ダイエット シェイプアップ 減量

痛む膝関節を守るには膝サポーターと杖の併用が重要

足腰の痛みと言うのは、経年劣化で

電化製品など、物が少しづつ壊れて行き、

やがて使い物に ならなくなるのとは異なり、

新しい物に買い替えると言うのは

容易では ありません。

なので、愛着の湧いた貴重な思い出の

品の様に磨いたり、少しづつメンテナンスをして、

痛んでいる箇所を治して、充分に稼働し続ける

状態を維持して行かなければ1箇所のガタが

ジワジワと全体に広がり、あちこちに痛みが

拡散されて行き、

上半身から下半身に掛けて 痛い部位だらけになり、

仕事は おろか、日常生活にも大きな支障を

来してしまう様に なります。

今回は、膝が痛い時に日常生活で どの様に

膝関節を日々積み重なる負担から守るのか?

について、個人的に効果的だった方法を交えて

書いて行きたいと思います。

まず、膝関節に大なり小なり痛みを感じた段階で

整形外科を受診するのは大前提として、

同時に日々の生活の中で1歩1歩の歩行の度に

ダメージが積み重なるので、

膝関節サポーターをガッシリと装着するのが

1番効果的で 且つ、ダイレクトに

膝関節を負担から守れるシンプルな方法だと
思います。

膝関節は日々の労働で酷使したり、加齢と

ともに軟骨が擦り減って行く事で、

関節周りの筋肉が その分のサポートをして、

今まで以上に過度な負担が掛かり、

筋肉が疲弊して、乳酸や老廃物が排出されずに

痛みが発生するパターンや、

スポーツで急激な負荷が掛かって

痛みが発生する場合などが あります。

ジャンプして着地した時に、衝撃がガッツリと

膝に乗ってしまった場合や、

毎日のジョギングで走り続けた負担が

膝に蓄積して膝横の腸脛靭帯が

炎症を起こす事で傷んだりなど。

痛みを感じ始めた関節部位の所謂『急性期』には

氷嚢や氷嚢が無ければ、

冷凍庫から氷を出してスーパーのビニール袋に

詰めた即席の氷嚢で膝関節に充てて、

発熱や腫れを抑えましょう。

大体、日々の合間合間に冷やして3日ほどで

熱と腫れが引いて来る頃だと 思うので、

3日目以降は冷やして強張った筋肉の血行を

促すために、温熱治療器などで温めましょう。

膝関節周りには、腸脛靭帯の他にも前後に

外側側副靭帯と内側側副靭帯とが あるので、

何れの靭帯の損傷の場合にも痛みが大きくなる前に

応急手当を施して、極力安静に過ごしましょう。

ですので、仕事やスポーツ以外でも日常において

歩行したり、立ち上がる時にも負担が

どうしても生じてしまうので、膝サポーターで

ガッシリと固定してしまう位に

締めて支えるのが私の場合、非常に効果的でした。

膝サポーターだけでは、負担が まだ大きい

という場合には、杖と膝関節サポーターの

併用が効果的です。

それでも、どうしても痛い場合には、それ以上の

負担を避ける為に車椅子を使用する事も

検討した方が良いかも知れません。

足首を痛めたら足首サポーターでしっかりと守り、悪化を防ぐ

足首の痛みでツラいのは、朝起きた時、

トイレに行くにも、起きたてで 痛みが強く、

立ち上がれないほどの痛みに朝から襲われたり、

そうした時にも どうにか ハイハイの様にして、

トイレまで辿り着いたり、起立時・着座時・歩行時

いつでも痛みが付いて回るので、

足首サポーターが 手放せないという事も あります。

そして、足首の痛みで不便だな、というか

生きづらさを 感じるのは、

階段・段差、坂道の傾斜。

これは、道路の構造上、仕方ないのですが、

歩道は 必ずしも 平坦な道ばかりでは無く、

車の出入りの為の 傾斜が何処でもあり、

この傾斜の度に 重心が崩れ、

鋭い痛みが走るので、対策としては 1番傾斜が

浅い角度を 通るくらいしか、凌ぎようが ありません。

しかし、歩道の傾斜『くらい』なら まだマシで、

道全体が 上り下り問わず、坂道だった時には

相当な覚悟が 必要になります。

杖と足首サポーターで 平坦な道に対しては

万全とも言える対策を 施していても、

坂道の前では ほぼ無意味に なってしまいます。

下りは、重心バランスが崩れ、前のめりに

ならない様に、やや後ろに体重を掛けながら

歩くので下りきった時には、その後の 平坦な

道でも足首がズキズキ痛みますし、

もっとツラいのは、実は上り坂で、重心が

後ろに行ったら、倒れてしまうので、

前のめりに ならざるを得ないですし、

前のめり姿勢で坂道の傾斜角度に

足首の角度が合わさった時、自身の体重が

足首に乗っかってしまい、車の行き来や

人通りが無ければ、悶絶する程の 鋭い痛みに

襲われてしまいます。

杖と足首サポーターを 使用しているのに、

この様に 鋭い痛みを強いられる場面は

日常に おいて、何か所も存在するので、

より良い 自身の身体に合った 補助アイテムを探して、

如何に、そうした避けられない状況下での

痛みを 軽減するか、が 今日明日は無理だとしても

少し先の未来に 完治させる為に、大切な備えでは

無いかと 思います。

そうした 日常を送る上での 足首を固定し、

支えてくれる 心強いサポーターで、

より良い物は無いか?と、探し回って居たら

良いアイテムが ありました。

足首を長いテーピング部分で くるり、と

巻き付け、がっちり固定し、

足先と足首を締めて支える固定感と、

安心感抜群の 足首サポーター

どうしても、階段や段差の場合は、上りは

どうにか 痛みや重力を 逃がせても、

下りの際は、重心が前に掛かり、負担が

足に乗ってしまいますし、

前述した 坂道の場合には 上りも下りも、

痛みと辛さに 耐え続けなければ なりませんが、

この様に、通常の足首サポーターよりも

固定感が強いアイテムだと、

何だか安心して 装着出来ますね。

日本衛材 足関節固定帯 アンタックスA(カバーボード付) 1個 【送料無料】(健康グッズ、足首サポーター)

膝サポーターを装着して膝関節を守る

日々の多忙さから、ついつい後回しに

してしまいがちな 身体のケア。

朝早く起きて ご飯と仕事の準備を 済ませたら、

忙しい1日の始まりで、

くたくたに疲れて 帰宅した時には

せいぜい自由に出来る 時間は1時間~2時間位で

その自由時間も 晩御飯や お風呂に

ほとんど費やしてしまい、気付いたら 就寝時間に。

そして、翌朝 目を覚ましたら、また忙しい

1日を繰り返す。

と、この様な 毎日を送っていたら、身体全体や

足腰関節部位に 疲労が積み重なり、

やがて 強い痛みが 生じてしまうのも 無理は無いです。

というのも、私自身 この様なサイクルで

忙しい日々を 送っていた結果、

足腰に がっしりと、関節保護サポーターを

装着し、杖を用いなければ歩行もツラい状態に

なってしまったので、そう言ったルーティンで

あっという間に 時間が過ぎ去った日々を

時々、振り返ります。

どんなに忙しくても、出来るだけ早く

関節痛対策していれば、

ここまでには ならずに済んだのかな?と。

しかし、今更 過去を振り返っても 現状、

直ぐ良くなる、という事は無いので、

数か月後、1年後、あるいは もっと先を

見据えて 日々を生きて行かねば なりません。

痛みが完全に 失くなるには、どういうアイテムを

用いるのか?

どうすれば、日々の関節に 掛かる負担、

衝撃を 和らげられるのか?

何処と何処に、ダメージが溜まり易いのか?

という事を、日々冷静に分析して、

明日、明後日、明々後日、と1日1日少しづつ

疲弊した 関節部位の痛み・衝撃を軽減させるには

どういった対処法が 効果的なのか、

自身の身体で チェックしながら、色々な方法を

模索しています。

やはり、1番の対策としては、最初に痛み・違和感を

感じた時に、どんなに忙しくても

速やかに 整形外科やペインクリニックに

行く事ですが、

仕事の関係等で、それが出来ない場合には、自宅で

自分自身で 処置を行う事で、多少は 痛みが緩和される、

と思います。

痛みが 強い場合、痛みが出始めた 初期の段階の

場合には、まずは 炎症が起こり、

腫れ・発熱、そして 血流が高まっているので、

そういった時には、まずは ビニール袋に氷を

入れた即席の氷嚢などで、冷やして

応急処置を行い、3日ほど 休憩時間などの

合間合間に 氷を充てていると 炎症が治まり、

今度は筋肉が硬くなっていたり、血行が鈍く

なっているので、

遠赤外線治療器で温める事で 血行を促進させ、

そうして 日々対策を施しながら、

仕事等が ある程度、落ち着いて来たら

整形外科へ行き、

現在の自身の身体が どういった状態なのか?

を、知りつつ、治療を行うのが

最も早く確実に 完治に向かう手段だと 思います。

とは言え、対処が遅れたり、病院へ行くのが

少し遅くなって 痛みが強く出てしまった場合に、

最も 助かる保護アイテムが関節サポーターだと

私は思います。

腰が痛む場合には 腰サポーター、股関節が痛む場合には

股関節サポ―ター、膝には膝サポーター、

足首には足首サポーターと、各部位ごとに

専用サポーターがあるので、

これらの 保護アイテムを 有効に活用する事で、

1歩1歩の 歩行の際の 関節に乗っかる負担を

直接的に 和らげる事が出来ます。

それぞれの アイテムの効果を 確認する為に、

長時間 歩いて、何処に疲労や 痛みが

強く出やすいか?と、言うのを

たまに チェックするのですが、

私は 脚全体と 腰に痛みを 抱えているので、

腰・股関節、膝・足首と サポーターを装着した上で

杖を プラスして、歩いて居ると、痛む部位が

ちょっとづつ ズレて 変動するのですが、

何処が 最も疲弊しやすいか?と言うと、

腰と 膝関節です。

股関節も 歩けば歩く程、痛みが強くなるのですが、

疲労感が ドッ、と 出やすいのが 腰と膝なのです。

以前にも 書いていますが、腰や足関節の何処かを

痛めると、その箇所を庇おうと、

自然と重心を マシな方に 傾けて歩く様に

なってしまいます。

そうした状態で 数日間過ごしていると、重心の偏りに より、

身体のバランスが 徐々に崩れて行き、

痛みを感じていなかった側で 体重のほとんどを

数日支えている事により、

そちら側に 疲労や衝撃が 蓄積して、

結局痛めて しまいます。

すると、後は 悪循環で あちこち同じ要領で

痛めてしまい、私の様に 足腰全体的に

強い痛みが 発生する様に なってしまいます。

すると、各関節部位ごとの 本来、衝撃を和らげる為の

関節の間にある 軟骨のクッション機能も

上手く働かなくなり、歩行の衝撃が ガッツリと

関節に 乗っかる様に なってしまい、

その衝撃が ダイレクトに 響くのが、

腰と膝なのです。

膝の柔らかさが 活かせ無くなり、

歩行の衝撃が そのまま伝わり、

それが股関節へ響き、腰に 強いダメージとして

積み重なる、という状態ですね。

ですので、関節サポーターで守るのは

膝と股関節と腰を メインに、

しっかり装着して 衝撃を少しでも

緩和させる、という意識が 大切になります。

この膝関節サポーターは 膝頭の両サイドに

2本づつ、スプリングが

装備されていて、生地自体も吸汗速乾消臭生地なので、

例え 暑い夏の時期にも、年中使える様に

メッシュ生地の サポーターを常備して

置いた方が 良いと、個人的には思います。

こうした補助アイテムを日々活用する事で、

少しづつ 痛みの蓄積を緩やかにし、

毎回の治療を より効果的に する為に、日頃から

ダメージの少ない 毎日を過ごしましょうね。

食事内容を見直す事で足腰が痛くても体型を保てる

日々の労働や諸々の用事などで身体を

休める暇も無く 忙しなく動き回っていると、

段々と身体全体の疲労感から足腰関節各部位への

痛みへと転化され、

それが酷くなると、自身ののみでは歩くのも

困難な程に痛みが 強くなってしまいます。

そうして、足腰に生じる痛みを どうにか

少しでも和らげようと 腰痛サポーター

膝関節サポーター、を多くの人が日常的に

使用する様になると思うのですが、

ここから新たな問題が生じます。

元々、二足歩行をする上で、人体は頭部から

足先まで全体が瞬時に連動する構造に

なって居るのですが、緩やかなS字カーブを描く

背骨から骨盤仙骨を伝い、股関節から両足へと

1歩1歩を踏み出す度に、関節のスムーズな

連動によりクッション機能が働いて 上手い事、

地面からの衝撃が頭部にダイレクトに行き届かない様な

仕組みになって居ます。

ところが、この各関節部のスムーズな連動が何処か

1箇所(例えば)を痛めてしまうだけで

途端に連動が妨げられてしまいます。

連動が妨げられるばかりか、連動途中の

痛めた部位に、1歩1歩の歩行時の衝撃が

ガッツリと乗ってしまう様に なります。

こうなると、先ほど書いた様に腰痛サポーター

膝関節サポーター、などを日常的に使わなければ

歩行困難な状態に なるのですが、これらの

補助アイテムに頼り過ぎると、

を痛めている場合には、益々 腰の筋肉

(脊柱起立筋)は弱まり、膝関節なら膝関節周辺の

脚の筋肉(大腿四頭筋)などが衰えてしまいます。

筋肉が衰えるとどうなるのか?と言うと、痛めた部位を

支えようと 周辺の筋肉が補助的に、

その負荷を受け止めようと働くのですが、

(この場合も過度な負荷が周囲の筋肉に掛かると

その部位も結果的に 痛めてしまいますが)

各部位ごとの関節サポーターで支える、と言う事は

その周辺の筋肉の補助的可動を制限し、

更に、痛めている箇所の筋肉の働きも制御して

しまっているので、

筋力低下→筋肉痩せ細り→脂肪蓄え→体重増加→

体重増加により、関節に掛かる負荷が増大する。

という悪循環に陥ってしまいます。

脂肪の蓄積は、身体の外側・見た目を変える他に、

身体の中の 血管にも影響を及ぼします。

つまり脂肪が蓄積しやすい、脂質の多い食べ物を

食べる頻度が高いと、血液がドロドロになって、

血液の流れも鈍り易くなってしまいます。

こうした血液の流れに影響が出始めると、

乳酸・老廃物の排出機能も衰えて、

これが筋肉の疲弊からの痛みに繋がります。

つまり、肉体の内部からも痛みが生じるし、

体重が増える事で足腰関節への負担も増えるし、で

お腹や腰周り、身体全体に脂肪が増えてしまうのは、

あまり よろしく無いのです。

なので、足腰が痛くて自由に動け無い、と言う場合にも

出来るだけ、食事内容を見直したり、

ダイエット用プロテインを飲んでみたり、サプリ

メントで身体の内部からコンディションを

作ろうとする意識が大切に なります。