股関節サポーターを装着して歩行時の痛みを軽減する

毎日毎日忙しい日々を送っていると、

知らず知らずの内に 身体全体に疲れが溜り、

その疲れは 足腰などの関節部位に 痛みとなって

現れ始めます。

『関節部位の疲弊』

それは、多忙な あまり 身体をケアする暇も無く、

ひと時の休息、食事も そこそこに、

翌日に備えて 早く寝て、朝 目を覚ましたら

また忙しい1日が始まる。

という サイクルを繰り返している為に、少しづつ少しづつ

関節に負担が蓄積し、

やがて、炎症を起こした足腰関節部位は 悲鳴を上げて

強い痛みとなって 症状の深刻さを 訴えかけます。

しかし、関節が痛むからと言って、多忙な日々が

変わる訳では ありませんので、

『何の、これくらい!!』と 踏ん張ってしまい、

『気の持ちよう』という 言葉で片づけてしまって、

身体からの 痛みのシグナルを 無視してしまっては

痛む部位が 1か所に留まらずに、2か所、3か所と

あちこちに広がってしまい、とうとう各種関節サポーターを

装着するだけでは 足りずに、

杖を使ってようやくどうにか歩行出来ると、いった

状態にまで 悪化してしまうと、

仕事どころか、日常生活を 送るのも大変苦労するので、

身体からの 警告を決して 蔑ろにはせずに、

痛みや 違和感を感じた 初期の段階で
整形外科やペインクリニックなどに 通院して下さい。

私は正に このパターンで、腰から足に掛けて

腰・股関節・膝・足首などと 痛みが拡散してしまい、

今更 後悔しても健康な身体に戻る事は 出来ない位の

状態に なってしまったので、

如何に早い段階での 対処が重要か、を身を以て

痛感しております。

そんな私が 腰サポーター、膝サポーター、 足首サポーター、

足底への厚底サンダルや インソールなどを 取り入れ、

更に、杖を用いても まだ歩行するのには不充分だった事が

ありました。

それだけの 関節部位への 対策を施しているのに、

何が足りないのか? というと、

1歩1歩の 歩みの度に、足の振りの 支点になる部分、

つまり、股関節への 対策が出来ていなかったのです。

ですので、近所に お買い物に行く際も、行きは何とか

気を張りながら 無事に辿り着けるのですが、

帰りは もう、股関節への負担が 許容量を超えていて、

1歩1歩 足を踏み出すのが、

とにかく苦痛で 仕方が ありませんでした。

どんなに杖に頼っても足首や膝サポーターを

がっしり固定しても、股間節へのダメージは

積み重なり続け、毎晩寝る頃には、股関節を中心に

痛みが発生して 寝るのも容易では 無いほどに。

自宅で行える遠赤外線治療器で患部を温めたり、

体圧分散マットレスなどで、

身体の負担を 極力無くしたり等、

色々な 対策を行いつつ、効果を感じては いたけれど、

もっと、ダイレクトに痛み・衝撃を防ぐ、

あるいは 緩和する手段は無い物か?と、辿り着いたのが

やはり 専用サポーターを 取り入れるという

シンプルな 答えでした。

思い切って、股関節サポーターを購入して

日常で 関節を守る保護アイテムの1つとして

加え始めてみたら、これが 効果覿面 こうかてきめん で、

少なくとも 片道10分の お買い物の往復も

ただの苦行では 無くなりました。

この効果は 大きくて、就寝前に毎晩苦しんでいた

股関節を 中心とした痛みも、

時を同じくして 和らいで行き、

日常で欠かせない 1歩1歩の歩行時だけでは無く、

日常の疲れを 取り去る為の 就寝時にも、

スムーズに 眠りに就けるなどの 思わぬ収穫があったので、

足腰の痛みに 悩む方は、股関節サポーターも

足腰を守る上で 重要な保護アイテムだという事を

情報の1つとして、頭の片隅に入れてみてください。

そして 日常に取り入れて、日々の負担を

減らして、過ごしてくださいね。

股関節サポーターを装着して歩行時の痛みを軽減する→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です