家で気軽に痛む患部を温められる温熱治療器

加齢や日々の多忙の中で徐々に

蓄積されていく疲労感、そして関節の痛み。

加齢により関節部の軟骨が擦り減って

クッションの役割を果たす機能が弱まり、

少しづつ歩行時や立ち上がる時などの

関節部に掛かる負担の割合が 大きくなって行き、

やがては 強い痛みとして 現れ始め日常生活に

支障を来し、ツラい日々を 送る事になってしまいます。

ですので、早期治療という癌などの

対策と同じ様に、

痛みや違和感を感じた段階で 速やかに整形外科や

ペインクリニックなどを 受診する事が、

後々のツラい生活を避ける上で

重要なポイントに なります。

素早い対処と言うのは、それだけ痛みが小さい

段階で 治療・リハビリが行えて、

更に、日常において 注意するべき点に、いち早く

気付ける訳ですから、痛みが広がらない様に

早い段階で 対策を施せます。

この早い段階での対策と言うのは 非常に重要で、

足腰などは 特に、

歩行時の身体に掛かる衝撃が 強い部位ですから

対策が遅れてしまうと

関節部位へのダメージは どんどん

積み重ねられて しまいます。

足腰と言うのは、頭部から掛かる重力・衝撃を

緩やかなS字カーブを描く 背骨が受け流し、

骨盤・仙骨へ伝え、それを股関節から両足へと

連動して伝達する事で、

1歩1歩の歩行が スムーズに行えている訳です。

しかし、このスム―ズな連動も 足腰の何処か

1か所を痛めてしまうと、

そのダメージによって連動は妨げられ、

痛めた箇所を中心に、関節部位に衝撃が

乗っかってしまいます。

1部位を痛めると、日常生活で掛かる負荷の

連鎖で、色々な部位も痛めてしまいます。

更に、その状態で日常生活を送っていると、

痛めた箇所を庇う事で、

重心が偏り、身体のバランスが少しづつ崩れ、

他の部位に負担が 蓄積して、結局あちこちに

痛みが拡散されてしまいます。

私の場合、正に その状態になってしまったので、

各関節サポーターが手放せません。

腰サポーターや股関節サポーター、膝サポーターや

足首サポーターと杖も日常を送る上で

欠かせないアイテムと なってしまいました。

ここまでに なってしまうと、通院自体も

かなり厳しくなってしまいますが、

今の時代は、非常に便利なアイテムが

販売されていて、家でも痛みを和らげる治療が

行えるのです。

それが 家庭用温熱治療器の存在です。

便利な点としては、そのまま寝ても 使用
できますし、座り姿勢でも使用できます。

つまりリラックスしながら身体を温めて血行を
促進させる事が出来るので、

面倒くささも無ければ、身体への負担も少ないまま
使用できるのです。

家庭用温熱治療器で患部を温め血行を促進させる→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です