足腰の疲弊感をマッサージパッドで癒す

日々の多忙から腰や脚を痛めても

病院に行けず、騙し騙し痛みを堪え続け、

毎日くたくたに なりながら乗り越えて

ある時、とうとう痛みが強く出てしまい

通院を定期的に しなければならなくなり・・

と、日々の疲労の蓄積で身体の状態が

どんどん悪くなって行くのを 肌で

感じながらも、

休む暇が無いため、身体に溜め込むばかりでは

いつ疲労感が 本格的に爆発するのか

気が気で ありません。

そうこうしている内に、いつかダメージが

身体の各部位に現れ、

その様な 状態になってからでは

通院しても 1日2日では治らず、

数か月、あるいは1年2年、と完治するまでに

かなりの月日を 費やしてしまうかも 知れません。

ですので、痛みや違和感が生じた段階で

少しでも 時間が空いたならば、

整形外科やペインクリニックを受診するのが

最善の選択かと思います。

が、しかし、繁忙期などは通院したくても

行ける暇は そうそう無いでしょうし、

そうした場合は、日常の中で 極力、衝撃を

緩和させる事を考えて、

各部位ごとの関節サポーターなどを活用し、

過労や歩行時のダメージを 少しでも 和らげましょう。

出来れば1日の終わりに 疲れた足腰をマッサージしたり、

温熱療法で温めて、血液の流れを促したりするのが

翌日にまで 疲労を引きづらない為に大切なのですが、

忙しい場合には なかなか そうも行きません。

自分自身でマッサージを施すのは、疲弊しきっている時には

大変ですし、非常に 億劫な物です。

そうした時に、皮膚に貼るだけの簡単マッサージパッド

あれば、気軽に疲弊して 強張っている筋肉を

揉み解す事が可能ですし、ご飯や晩酌、あるいは翌日の

予定を考えたり、別のことをしている時に

マッサージ効果を感じられるので、時間短縮にも

なりますので、マッサージパッドは時間の無い方ほど、

おすすめです。

足腰関節の間にある軟骨、髄核は血行が無い為、

加齢や日々の負担で磨り減ったり、

ダメージを負ってしまうと、その他の 血液が

巡っている部位の様に、収縮されると

言うのは難しいので、膝関節に過度な負担が

生じる事は 年を重ねる程に、避けた方が良いでしょう。

しかし、軟骨や髄核に負担が生じない様に 日々過ごそうと

思うと、運動を ほとんど行わなくなってしまうので、

それはそれで、関節を支える 筋肉量の低下を招き、

関節を痛めないどころか、反対に 関節への負担が

増してしまいます。

なので、軽い重量でウエイトトレーニングを短時間

キッチリ内容を決めて行ったり、ウォーキング等をして

ある程度の筋肉量は維持しましょう。

特に、腰の筋肉である脊柱起立筋と、脚の筋肉

衰えてしまうと、身体に影響を及ぼしますから、

一定の筋力を保つ事は とても大事です。

【送料無料】 低周波治療器 オムロン 3D エレパルスプロ 【暮らしの幸便 カタログ掲載 74205-1】 OMRON 低周波治療器 低周波 マッサージ パッド HV-F1200 オムロン 3D エレパルス プロ 治療器 エレパルスプロ マッサージ器 肩こり 腰痛 プレゼント 敬老の日 P01Jul16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です