車椅子で最初の頃に苦労したポイント

腰の痛みの原因は働きすぎて部に疲労が

蓄積して、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなる事で

筋肉内部に炎症を起こす物質であるヒスタミンが

発生して 炎症を起こし 激しい痛みへとなる場合や、

加齢により、骨と骨の間に ある髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で、

何か衝撃を受けたり、ダメージが生じる事で

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で 激しい痛みが生じる場合、

あるいは、接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって 外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に 持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンがあります。

いずれの場合にも 早急に整形外科に行き、

自身の現在の部の状況を知りつつ、

専門医に 適切な治療してもらう事が大事です。

しかし、私の経験上、整形外科に行ったから

と言って、直ぐに『この箇所がこうなってるから

痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は

なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから 最初に通院する迄に

期間が空けば空く程、

一部位だけの痛みでは済まなくなり、あちこちに

痛みが散らばってしまうので、

当然ながら痛みの大元となっている部位を

特定するのが遅れてしまい、

何回も通院を重ねて ようやく特定となると、

それだけ完治までに時間を要してしまいますので、

仕事や用事で行けない日々が続いても、

出来るだけ早く受診する事を お勧めします。

そして、を痛めた場合に 病院での治療時間

以外の日常でも に極力、

負担が掛からない方法として関節サポーター

日常的に併用して居ても 足腰が痛み続け、

『もう歩く事は無理』と、なった場合に 杖などを

使用し 歩く、と言う選択肢以外の日常での対策として、

車椅子を選択した場合の、使い始めた頃に

苦労する点に ついて 書いて行きたいと思います。

以前も書きましたが、病院内では無い 通常の

路面で 車椅子を使用する際に大変なポイントは、

まずは、車椅子に乗らなければ気付かないくらい、

一見、平坦に見える道でもガタガタ振動が激しいですし、

昔、欠陥住宅か否か?を見極める為にビー玉を

転がすのをテレビで観た事が ありますが、

ビー玉の気持ちになる位の 微妙な傾きを感じて、

車椅子のコントロールが急に難しくなる事があります。

そうした時には、右腕・左腕、どちらかの力を強めて

バランスを保たなければならないので、

只でさえ 体力の消耗が激しい自走式車椅子が、重量感を

ズシン、と 増したように感じます。

『通常の平坦なアスファルト』を進んでいる時でも、

後輪の側面に付いて居る 走行用のハンドリムを

グイッ!と前に回した時、(実際計った訳では

無い私の感覚ですが)その ひと漕ぎで進む距離は

大体20㎝~30㎝位なので、コンビニに行こうとした時、

スーパーに行こうとした時、目的地まで

数100メートルの距離でも、物凄い時間が掛かるのですが、

それに加えて先ほど書いた様に微妙な地面の傾斜が あった場合、

車椅子自体のコントロールの難しさ、重さが加わり、

歩けば 直ぐに辿り着く様な、数100メートルの距離が

果てしなく遠く感じてしまいます。

最初の頃は平坦な道でのコントロールだけでも大変なのですが、

馴れて来たら、歩道の微妙な段差や 勾配にも対応して行ける様に

少しづつ試してみて下さいね。

★増税前がお徳!最大P25倍★ 9/4-9/11【全国配送可】-アルミ自走車いす 簡易モジュール KA822-38・40・42B-LO 低床タイプ / 座幅40cm A10 カワムラサイクル 1ケ JAN4514133047437 kt319666 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です