体圧分散マットレスで身体への負担を軽減する

多忙な日々を 送る事で、身体が疲弊し、

足腰の各関節部位に痛みが生じ、

首の凝り、肩周りの張り、背中や腰の痛み

悩まされる日々が 始まってしまうと、

朝起床した時に、起き上がるのも 一苦労で

立ち上がり、トイレに行くにも、 1歩1歩の

歩行の度に に響いたり、 何かと 日常生活に おいて、

忍耐を 強いられて しまいます。

背中は 姿勢矯正サポーターで ある程度、

痛みや 衝撃を和らげられますが、

の場合は 腰痛サポーターを 装着して、

日々守っていても、

休息時に座って 身体を休めようと思った時、

座り姿勢にも 気を付けて、

腰にダメージが 溜まらない様に

気を張って いなければ なりません。

少しでも 休もうと思っていても、椅子に座る 深さや、

背骨の形状を 意識しなければならない為、

余計に 疲れが溜まってしまう場合も あります。

座る度に 身体が休まるどころか、

疲労が 積み重なってしまうと言うのも、

非常に困るのですが、 腰の痛みで 更に厄介なのは、

就寝時にも 負担が掛かり、

1番疲れが取れる筈の 睡眠時間にも 疲れが溜まり続け、

翌朝に 起床した時から、腰の強い痛みに 耐え続ける

1日が 始まってしまう事です。

腰の痛み、と言うのは 整形外科やペインクリニックに

通院していても、

1日2日で 治る、という物では 無いので、

日常生活に おいて、

如何にダメージを軽減させるか、 という

意識の持ち方と 対策が重要に なります。

基本的に、腰サポーターも そうですが、

各部位の関節サポーターと いうのは、

関節部位を 圧迫し続ける為、

常時装着していられる物では無く、

解放する時間も 必要なので、

その際には 別の対策が必要に なります。

例えば、遠赤外線治療器で少しの時間

温めて 血行を促進させ、 少し間を おいて、

再び腰サポーターを 装着するなどの

併用が 効果を発揮したりします。

そうして、1日が終わる頃や 少し横に なりたいな、

と言う時に、

普段使っている 敷布団やソファーの上で

休むのも 良いのですが、

しかし、あまりにも クッションが 柔らかすぎて、

身体が 沈んでしまう様だと、

身体を休めるのとは 反対に、

沈んで体重が 1点に集中して

負荷が 掛かり続けてしまう為、

逆効果に なってしまいます。

座るのも、布団で横になるのも、

常に 負担を気にしなければならないなんて、

一体どうすれば良いんだ?と、

腰に不安を抱える方にも

安心して 身体を休められる

アイテムがあるのです。

それが体圧分散マットレスなのですが
身体が沈まない様に程良い反発力を重視して

製造されているので、就寝中に身体が沈んでしまう、
と言うのを避ける事が出来ます。

反発力の上で、寝ると どうなるのか?
というと、身体が沈む事無く、

何処か1か所に 負荷が 掛かる事も 無いので
就寝時に非常に ストレスなく 眠りに就けます。

どうしても、柔らかめで 身体が沈んだり、

腰を中心に 沈んだりすると、

緩やかな『くの字』を 描き続ける事に なるので、

寝ている間中、そこに負荷が 集中してしまいます。

ですので、日々の疲れを 当たり前に 睡眠時間中に

取る事を 考えるのならば、

こういった 体圧分散マットレスを

生活の中に 取り入れるのが、効果的です。

体圧分散マットレス ビクール 幅91cm MBC1091 モルテン介護用品 マットレス 介護 高齢者 ベッド関連 福祉用具

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です