月別アーカイブ: 2019年10月

痛めた股関節に対して日常で行えるケア

毎日毎日忙しく過ごして居て 身体に疲労が

蓄積したり、

あるいは加齢により、足腰関節部位の骨と骨との

繋ぎ目にある 軟骨が削れて行き、

身体に掛かる負担を和らげるためのクッション

機能が低下する事により、

立ち上がる時、歩く時などに その都度、過剰な

負担が生じ、それが仕事や日常生活にも

影響を及ぼす様な痛みへと悪化してしまうと、

日常生活に おいて、立ち上がる時、歩く際に

各部位ごとの関節サポーターや、杖の使用が

常時無ければ ままならなくなり、

非常に不便な生活を強いられてしまいます。

特に、私の様に痛みを感じた段階で病院に行く

タイミングを逃し、

歩けなくなるほどの痛みに発展してから、ようやく

通院を始める様では、治療が間に合わずに

日に日に悪化の一途を辿るだけに なってしまうので、

痛みを感じた段階で、早期に整形外科を

受診しましょう。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

足腰の痛みと言うのは、何処か一箇所にでも

ダメージが生じると、

その部位を庇おうと 自然に重心を どちらかに

傾けて、痛む部位からズラしながら

歩行するように なってしまいます。

しかし、その様に重心をズラした状態で

数日~数週間も過ごして居ると、

重心の偏りから身体全体のバランスが崩れ

元々痛めて居なかった側の足腰にまで

影響が出始めてしまいます。

あとは同じ要領で、足腰の範囲内で右→左、

上→下、と痛みが どんどん拡散されて行き、

ひたすら苦痛に耐える毎日になってしまいます。

足腰の痛みの中で、私が厄介な部位だと

感じているのは、腰と股関節です。

腰痛や股関節の痛みでツラい日常で施せる3つの対策

腰は急激に痛むと、横になった姿勢から

脚を数cm動かすのだけでも 大きな痛みが生じ、

自分一人の力で起き上がろうとしても、頭を

数cm持ち上げただけで、

腰に強烈な痛みが走ったりと、寝た切りの

生活を送らざるを得ませんし、

股関節の痛みの場合には、歩行時に必ず股関節は

可動してしまうので、1歩1歩足を踏み出す度に

痛みに歯を喰い縛らなければならなく

なってしまいます。

何よりも股関節の痛みの場合、椅子に座っていても

少しづつ負担が掛かっているのか、

いよいよ痛みに耐えきれなくなって

床に直接腰を下ろして 所謂、女の子座りの

体勢で足腰への負担を極力、

軽減させようと試みても、それでもやはり、

ジワジワと痛んでしまい、心休まる暇が ありません。

そうなった時に、足を真っ直ぐに伸ばしてみるのですが、

その姿勢だと、今度は腰への負担が生じてしまい、

足腰の中でも 腰と股関節を痛めてしまうと

何をしても痛みが生じて、手詰まり感に

頭を悩ませるようになります。

ですので、普段から杖と関節サポーターを

活用して、出来るだけ負担の少ない

日常を過ごす事が大事なのですが、まずは股関節を

直接締めて固定してくれる 股関節サポーターを装着して

身体のバランスの崩れを防ぐ様に日々過ごす事が

重要になります。

痛みを軽減させようと思い、日々過ごして行く中で、

ただ関節サポーターや

杖で負担を和らげているだけでは、緩やかに

ダメージが積もり積もって行くだけです。

ですので、日常の中でプラスαの 対策を

考えなければ なりません。

その対策法とは守るばかりでは無く、攻める、

と言う発想になるのですが、

温熱治療により 痛む患部を直接暖めて、

鈍りがちな血行を促進させて

股関節の代謝を機能的にさせよう

という物です。

この温熱治療器は寝て居る状態で気軽に
熱を感じられる照射タイプなので、

例えば携帯電話をいじりながらでも
痛む患部を温め続ける事が出来るので

非常に便利です。

日常生活の中で 対策を施して

神経を張り詰めさせたままでは

疲れてしまいますから、対策は身体も心も
リラックスさせることが出来る物の方が

効果を感じやすいと思います。

これらのアイテムを日常的に有効に活用する事で

少しづつでも 日常で掛かるダメージを

軽減させて行き、数か月後、数年後の完治に

向けて日々対策を施して行きましょうね。

サン・ビーマー SHタイプ 折りたたみ・据置式・特殊カバー付 【送料無料】【不妊】【妊活】【遠赤外線】【赤外線治療器】【温熱マット】【温熱治療器】【医療機器】【サンビーマー】【サンマット】【サンメディカル】

激しい足腰の痛みを守ってくれる関節サポーター

腰や膝、足首、股関節、肘・肩、手首、首など

日々の労働や家事育児、その他の用事で忙しなく

動き続けていると いつの間にか身体中に疲労が蓄積し

身体全身に広がる疲弊感、怠さ、重苦しさ。

そして身体の疲労から意欲減退し、精神的にも

疲れてしまうと、

いよいよ嫌々毎日動き続ける事になるので、

精神が追い付かないと身体も余計に疲弊してしまい

遂には疲労が転じて、

身体のあちこちの関節部位に痛みとして

現れ始めてしまいます。

痛む患部の周辺の関節部位もサポーターで守る

私の経験上、上半身の関節部位の痛みは首筋、

頚椎付近で無い限り、

日常で負担を掛けない様に過ごす事は

出来るのですが、

首周りの痛みは日常における あらゆる仕種・動作に影響を

及ぼしてしまうので、専門医に診て貰うか、安静に過ごして

痛みがマシになるのを 待つのが最善の

選択だと思います。

何よりも大切なのは検査をして、自身の状態が

どの様になって居るのか?を把握する事ですね。

把握する内容によって対処法も変わってくると

思うので、通院を重ねつつ、

保存療法で経過を じっくり時間を掛けて見守るか、

要手術なのか?という医師の判断に従い、要手術で

無い限りは 自身で日常の中で、

保護サポーターなどを活用しながら 守る必要があります。

そして、腰から下の部位に関しては私も長い間

痛みに悩まされていますが、

足腰と言うのは日常的に どうしても負担が掛かってしまう

部位なので、完全にダメージを防ぐ事は出来ません。

関節本来の機能が損なわれた時

関節部位と言うのは、元々柔らかく曲がったり、

各関節が連動する事で 歩行やジャンプなどの

衝撃を分散させる事が 出来るのですが、

膝は屈伸の要領で前方に柔らかく可動し、

クッション機能が 働き、歩行や高いところから

降りた時のダメージを柔らかく

受け止める事が出来ます。

腰に至っては、前方にも後方にも大きく動くので、

その分、衝撃を分散する能力に 長けてそうですが、

同時に腰椎を起点に体重、負担、動きを

受け止めるので、大きな負荷が掛かり易い

部位でも あります。

自身の痛みを受け止める容量を超えると、

強い痛みが腰部に現れ始め、

腰部の柔軟性が損なわれ、

日常に おける、あらゆる動作に

支障を来してしまいます。

腰痛が酷い時には、自力で布団から

起き上がることも出来ないので、

そういった時には ご飯を食べる事も

トイレに行く事も出来ません。

なので、1日~2日程度、その時により 異なりますが、

痛みが少しマシになるまで、じっと待つしか ありません。

痛みが少しマシになったら、いよいよ関節サポーターが

効果を発揮します。

これまで色々試してきましたが、私の中で

『関節サポーターは生地面積が広く、

ベルトでガッシリと締め付け固定できるタイプが

関節サポーターとしての役割を果たしてくれ易い』

と言う結論に至りました。

これは どういう事かと言うと、腰痛サポーターの場合は

特に、なのですが、

幅広タイプの場合は生地が緩んでしまうのを

避けるかの様に、

ボーンが しっかりと備え付けられているものが多く、

その加工が施されているが故に、

背骨に沿って支える機能が優れている、

と言う事に結びつきます。

つまり、単純に生地面積が広くてボーンが

しっかりと備え付け加工されているものは

サポーターとしての機能性に優れている。

と言う事です。

勿論、サポーターを常時装着しっぱなしでいると、
圧迫感を強く感じてしまうので、時々は外して

解放する事が大事です。

日常生活を送る中で緩急を付けると言うことですね。

筋膜性腰痛などの腰の痛みでツラい時にあると助かる電動ベッド

腰の痛みというものは労働による疲労の

蓄積だったり、ちょっと重い物を持った拍子に

突然痛めたり、座り作業を長い時間していて

腰に疲れがジワジワ溜まったりなど。

痛む原因やきっかけは人によって様々ですが、

一度痛めてしまうとあらゆる日常の動作に

支障をきたしてしまう事も多々あります。

歩行時にも腰に負担が乗っかって来るので

腰痛サポーターなどが

手放せ無くなってしまいますし、腰周りの

痛みが悪化すると骨盤や背骨のズレの場合、

神経を圧迫しそれが脚の痺れなどにも

繋がって行く恐れがありますので、

腰に少しでも痛みや違和感を感じたら

速やかに整形外科やペインクリニックなどに

行く事を おすすめします。

腰に痛みを感じたら速やかに整形外科に行く

違和感や痛みを感じた時点で恐らく

自然の治癒力を上回る負担が日常生活を

送る中で腰に掛かってしまっているので、

騙し騙し やり過ごそうとするのでは無く

専門医に診てもらうのが その時点での

最善の選択肢だと思います。

とはいえ、常に病院に居る訳にも

いかなくて、実際には入院している方以外は

治療・リハビリしている時間は

せいぜい10数分~30分位でしょうから、

それ以外の日常の時間の方が

遥かに長いわけです。

そうした時に考える事は日常において

如何に腰への負担を減らすか?という点ですね。

杖を使ったり、腰痛サポーター・コルセットを

装着したり、姿勢を意識したり、

腰の状態に左右されますが、もし可能である

場合は軽くストレッチを行って伸ばして

解してみたり。

電動ベッドなどを使い、腰痛対策を施す

そして、自身の身体に より合った体圧分散

マットレスや電動ベッドを探してみたり、と。

今の時代、ネット通販で気軽に電動ベッドや体圧分散

マットレスを探す事が出来ますから、

自身の生活に あると便利だな~、と感じたらネット

通販で探してみる事を お勧めします。

如何に日常生活の中で疲れを溜め無いか、

あるいは腰痛対策を徹底的に行い、

ダメージを極力小さく留めるか?

という意識が とても大事なのですが、それ程

意識的に日々対策を施していても

ダメージを完全に封じきる事は難しいです。

と、言うのも身体は頭部から足先まで それぞれの

重さが異なり、頭部は約5㎏と言われていて

人により胴部や脚の重さは違いますが、身体の

中心と なるのは腰部です。

毎日負荷を受け続けて居る腰部は、骨の変形や、

髄核が飛び出し、神経を圧迫する事で痛む

脊柱管狭窄症の様な症状や、あるいは筋膜の

痛みによる筋膜性腰痛など、日常生活を送る上で

何かと負荷を受けやすい腰の痛みの原因は

様々あります。

骨の変形は、自分自身では どうする事も

出来無いので、医師に委ねるしか ありませんが、

脊柱管狭窄症や その延長線上に位置する間欠

跛行などは、先ほど書いた様に電動ベッドや

体圧分散マットレスなどの上で寝て、腰への負担を

小さくすることが大事です。

筋膜性腰痛の場合は なかなか厄介で、姿勢に気を付けても

重心をズラしながら マシな位置を探そうと思っても、

どの角度、姿勢でも痛みが 付いて回ります。

なので、この場合も電動ベッドの様に、電動の力で

無理せずに起き上がる事が出来る寝具の上に寝ると、

痛みが強くなって起き上がれ無い、と言う状況に

なった時にも、身体に負担少なく身体を起こす事が

可能になります。

【数量限定】在宅介護用 電動ベッド コンフォーネ 3モーション 91cm樹脂ボード(XPN-S105300B)と快眠マットレス「ステラフィット」のセット:組立配送設置料金込 パナソニックエイジフリー Panasonic 【送料無料】

膝サポーターを上手く装着して膝関節を痛みから守る

膝の痛み。

それは、肉体労働や長時間の労働で

毎日毎日休む暇も無く、

酷使し続けた 結果であったり、加齢による

軟骨の擦り減りや、靭帯の劣化、

または、直接触れ合うスポーツ競技において

外的損傷による ダメージを被ったり、

あるいは、他者とのコンタクトこそ無いものの、

走っている途中に、急に方向転換する事で

靭帯に過剰な 負荷が掛かったり、

ジャンプして 着地した際に、強い衝撃が

乗っかってしまった場合など、

人によって 膝の痛みの発症原因は様々ですが、

どういった要因であれ、身体を支えるのに

大切な役目を果たす 膝関節が痛んでしまう、

というのは 仕事やスポーツばかりでは無く、

日常を送る上でも 膝関節を始めとした部位が

痛み出してしまうと、非常に不便な

生活を強いられます。

膝は歩くのは もちろん、座る際にも

立ち上がる際にも、立ち続ける上でも、

大切な部位ですので、痛みや違和感を

感じたら、

速やかに 整形外科やペインクリニックを

受診される事を おすすめします。

しかし、病院での実際の治療・リハビリ時間は

長くても 20分~30分ほど ですので、

それ以外の23時間ちょっとの時間を

どう負担が掛から無い様に過ごし、

次の通院日まで ダメージを蓄積させない様に

意識するか、で 完治の日が早まるか、伸びるかの

分かれ目に なると思います。

では、膝への負担を軽減する、という事を

考えた時に 病院以外で どういった対処法が

あるでしょうか?

・1つ目は杖を使い足以外にもう一点、接地ポイントを
増やす事で体重を3点に分散する方法。

・2つ目は膝サポーターを使い膝関節をしっかり固定し
支える事で衝撃から守る方法。

・3つ目はグルコサミン配合のサプリメントを飲んで
関節に効く成分を摂取する方法。

・4つ目はそれら全部を取り入れる万全の方法。

杖を使う方法は私も非常に効果を感じましたし、

杖を使うだけで

こんなに1歩1歩が 楽になるものなんだ。

と驚きました。

膝サポーターは、ただ靴下の様に 履くだけの

タイプは 個人的には効果を

全く感じなかったのですが、マジックテープ

ベルトで膝周りを がっちり固定するタイプの

サポーターを買ってからは、杖と共に 日常生活を

送る上で欠かせない 相棒になりました。

グルコサミン配合サプリメントは 膝関節に

効果が あるかの如く、

記載してる 幾つものサプリメントが

表示を大幅に下回る 成分しか 含まれていない、

という調査結果が 以前に あった上、そもそも

口から摂取しても 膝に行き渡らない、という事なので

効能に 希望を抱いて 期待しない方が

良いでしょう。

ですので、膝を守るには 膝サポーターで

しっかり固定し 支え、

守りつつ、杖を使い 衝撃を分散させる、という

万全の補助体勢で 日々を送るという意識が

大切かな、と思います。

この様に、痛みを緩和させる上で

専門のアイテムを 有効に使いつつ、

極力、負担を避けて 生活する事で 多少なりとも

膝のバネや クッション性は制限されますが、

それでも出来るだけ 痛みの少ない生活、負担の

少ない毎日を 送る事で、完治の日が1日、2日と

近づいて来る と思います。

病院に行って、それ以外の時間は

杖・サポーターを 上手く使用して、

ツラい膝の痛みから 解放されましょうね。

リクライニングソファーで腰を負担から守る

日々の労働や用事などの疲労が蓄積して

身体全体の疲弊感が

やがて痛みに転じて足腰関節に現れ始めて

しまうと、仕事にも日常生活にも大変な

不便さを強いられる様に なってしまいます。

痛みが強くなる程に、日常生活に大きな支障を

来してしまうので

極力、早めに対処するのが望ましいです。

痛みや違和感を感じた段階で、整形外科を

受診できれば良いのですが、

忙しい日々を送っていると、病院に行く事を

後回しに してしまいがちですが、

後回しにする程に 治療期間を長く費やす事に

なってしまう事も あるので、

暇を見つけて行けるのがベストですね。

とは言え、通院しても適切な治療が なされないと

結局、日々痛みは積もり積もって

酷くなれば歩行困難に なってしまうので、

事前に口コミで どういう病院かを調べて

評判の良い病院を選ぶことも大切です。

1~2回通って合わなさそうな病院だったら

直ぐに、他の病院に変える、と言う選択も

自身の身体の為には重要です。

良い病院が見つかるまでに、数か月も

要してしまう場合も ありますが、

いろいろ探して居る内に腰の場合は、布団から

自力で起き上がれ無い状態に なる事も あるので、

特に注意が必要です。

とは言え 私の経験上、自力で起き上がれ無い

状態も 常に続く、と言う訳では無いので、

数日して痛みがほんの少しマシに なった段階で

腰痛サポーターや杖を始めとした

腰痛対策を施しましょう。

日常で腰部を守る上で効果的なのは、腰痛サポーターと

杖で体重による負荷や衝撃から腰をダイレクトに

守る事ですが、どんなに気を付けていても 日々 腰部に

負担・疲弊、ダメージは徐々に 蓄積して行ってしまいます。

そうした毎日を過ごして居ると、腰にストレスが

溜まって どうにも落ち着かない状態に陥る事が

良く あります。

とは言え、強烈な腰痛で起き上がれ無い状態になった

直後や、その寸前の状態の時というのは

下手な事を して、痛みを悪化させてしまうのが

怖くて何もする事が出来ません。

この状態の時に、ストレッチやマッサージをして

下手に刺激を与えてしまうと・・・・

と思うと、何もせずに大人しく過ごすのが無難。

と言うのが最善の選択肢に なりますが、しかしながら

ただ同じ姿勢で座っているだけ、ただ寝て居るだけ、

と無難に過ごして置ても、同じ姿勢を保ち続けて居ると

一箇所に どんどん疲弊感や痛みが蓄積し続けてしまいます。

そうした時に、どうにか足腰に負担が掛からない様に、

静かに体勢を変えたいものですが、

自力で起き上がれ無い程 強烈に腰が痛む場合は、

ほんの数㎝身体を動かす事も自由には出来ません。

なので、電動の力で静かに角度に変化を付けられて、

腰へのダメージを感じる事無く、背もたれを動かせる

リクライニングソファーがあると 非常に便利です。

【送料無料】【取り寄せP20】フランスベッド製リフトアップチェア400N電動リクライニング機能立ち上がりソファー電動リクライニングチェアオットマン付きリクライナー電動立ち上がりソファー電動式リクライナー安楽椅子介護椅子介護ソファー介護用電動立ち上り補助機能

リクライニングソファーを店頭で買って持ち帰るのは

中々大変ですが、

今の時代、ネット通販で 直ぐに丁度良いサイズの物を

探し出せて配達まで してくれるので便利ですよね。

自身で運ぶのが大変なサイズの大きい物はネット通販で

探した方が身体に負担が掛からないです。

ほとんどの場合、翌日から3日ほどで届くので、足腰の

状況を冷静に判断して、

悪化の兆候を感じ始めたら、ネット通販で探し始めて

『その時』に備えるのが良いと思います。

股関節が痛む時に歩行を支える股関節サポーター

足腰の痛みというのは 仕事は もちろん、

日常生活にも、大きく支障を来します。

肉体を動かす作業も 椅子に座りながら

行うデスクワークでも

ツラい痛みを感じながら 日々を過ごさざるを

得ません。

脚も腰も 歩く度に、関節各部位に負担が

乗っかり、ダメージが蓄積してしまいます。

その上で 股関節まで痛めてしまうと

1歩 歩く度に 足底から足首、

膝からの衝撃が 股関節に行き渡り、

衝撃を緩和できずに、そのまま鋭い痛みが

腰に届いて、1歩1歩の歩行が

身体にとって 大きな負担に

なってしまいます。

各関節部位が そこまで痛んでしまうと

杖を使ったり、腰サポーター、膝サポーター、

足首サポーターなどで

脚や腰の各部位を がっちり保護して、

毎日過ごさなければ

ならなくなってしまいます。

しかし、これらの補助アイテムを しっかり

装着していても、股関節の痛みに対しては

まだ万全では ありません。

これらとは別に、股関節サポーターで

しっかり固定しない事には、

歩く度に 股関節の痛みに 悩まされる事に

なってしまいます。

本来、身体は 頭が重い構造になっており、

その重い頭部から来る重力は、

緩やかなS字カーブを描く背骨を伝って

骨盤・仙骨~股関節へ、

そして、両方の脚へと 上手く重力や衝撃が

分散される仕組みに なっているのですが、

脚や腰・股関節の各部位に痛みを抱えてしまい

本来の滑らかな連動が 速やかに行われない場合、

どうしても、背骨から伝って来る 重力や衝撃を

各関節部位が 1回1回受け止めてしまい、

1歩踏み出すごとに 鋭い、あるいは鈍い痛みが

襲って来ますので、

各関節部位を保護し支えるサポーターの存在と

いう物が非常に大切になるのです。

痛みを軽減させる事を 考えた場合には

杖という身体を支える補助アイテムも 重要で、

両足の他に もう1点、地面との接地点を作り、

3点で身体を支える事で、

歩行時の衝撃を 分散させる事が出来ます。

1歩踏み出す際に どうしても股関節に痛みが

生じてしまうので、

出来るだけ ご自身の身体に合った股関節ベルトで

しっかりと固定し、支えた方が

歩くのが楽になりますし、何よりも 安心安全です。

健康グッズ 縁の下の股関節ベルト M〜L

ある程度、こうした装備で 歩行時の痛みを

軽減できたのならば、

整形外科やペインクリニックなどに定期的に

通院して、自身の身体の状態を把握しながら

日々過ごすというのも 精神面の安心の為に

大切ですね。

股関節の痛みが 強すぎて動けない等、

整形外科などへの 通院もツラい状態の場合は、

まず、こうしたアイテムで 日常における

関節への負担を減らして、

少し痛みが マシになってたかも、と思ったら

直ぐに、通院して治療・リハビリを受けて、

身体が少しでも 回復する様に 努めるのが

最善の選択だと思います。

関節各部位が痛むと、治癒するのに

かなりの期間を要してしまうと 思いますが、

健康な身体に戻る為に、日々の 負担の原因を

減らして行きましょうね。

身体に痛みが現れている状況に 日々苦しんで

悩んでいる方にとっては、

こうした関節保護サポーターが何よりもの

直接的 支えになる訳ですから、

日常生活に取り入れて、1日1日を終えた頃に

今日は昨日よりも 負担が少なく過ごせたな。

と毎日実感できると良いですね。

体圧分散マットレスで腰を負担から守る/速やかな就寝

腰痛や肩周り、脚や首などが痛むと

何かと寝苦しさを感じて

ぐっすり眠れなかったり、あるいは寝るまでに

腰などが 落ち着く位置が 中々見つけられずに、

横向きに なったりなど、寝姿勢を

しょっちゅう変えて、丁度良いポジションを

ようやく見つけられてから 眠りに就く、など

とにかく寝る時に 横になったのにも関わらず、

速やかに眠れないというのは、大きなストレスに

なりますよね。

自身の身体に合うマットレスを見つける事が大事

それは、恐らく 布団やマットレスの

硬さ・柔らかさの問題であり、

自身の身体に合った敷布団・マットレスで

寝る事によって、

就寝時の 腰などへの 負担も軽くなり、

傷みも和らげられると 思います。

すんなりと 寝る為に大切なのは、横になった

体勢で、マットレスが 沈み過ぎない硬さの

マットレスを 選ぶ事が重要です。

つまり、敷布団・マットレスが柔らかいと、

寝ている間に 徐々に沈んでしまい、

腰や お尻の部分が 緩く沈むことで、

そこに負担が 集中してしまい、

結果として、寝苦しさに繋がったりなど。

沈んで一点に荷重が掛かった状態で居続けると痛みが強くなる

朝起きた時に 腰を中心とした

身体の疲れなどが 生じてしまいます。

ですので、体圧分散マットレスというのが

寝苦しい日々から 身体の疲れを取り去り、

腰などの痛みを 和らげてくれるので、

心地良く 眠る為には 重要なアイテムなのです。

体圧分散マットレスの場合、通常のマットレスとは
異なり、マットレスが沈んで体重が その箇所1点に

集中しないで 分散してくれるので、
身体に ストレスも掛かりません。

独自の加工で体圧分散が可能になり、程よい
寝心地を得られる構造で、吸湿速乾性も

重視されていて、通気性にも優れている為
汗を掻いた時にも 安心です。

1点に集中させずに負荷を逃がしてくれるので、
腰が痛くて、楽な姿勢を探して寝苦しい、

と言う時間を過ごす事無く、速やかに快適な眠りに
就ける、という訳です。

足・腰・肩・首というのは 痛み出すと日中、

起きている時は勿論、

1日を終えて眠る時にも 痛みが気になり、

寝つけない日々が 続いてしまいます。

日中は 各部位関節サポーターなどで

痛みや衝撃は ある程度、防いだり和らげる事が

出来ますが、

それらは寝る時までは 装着して居られませんので、

装着を外して、身体が解放されて

リラックスした状態で 居る時にこそ、

負担を和らげる 工夫が大切ですね。

(お買い物マラソン限定 3,000円OFFクーポン配布中!!)(代引き不可) アルファプラF 通気カバータイプ 83cm幅ショート MB-FA3S タイカ(体圧分散マットレス 床ずれ防止マットレス)介護用品

リクライニングソファーでリラックスしながら腰の負担を和らげる

日々生きて行く中で労働、用事、家事など

毎日訪れる 24時間ある内の日常生活の中の

一部として行わなければならない事が山ほどあり、

あれもこれも 、なさなければならない日々に追われ、

身体は休まる暇も無く、唯々 疲弊して行くだけ。

すると、いつしか感じ始める身体全体を覆う

疲労感、重苦しさ、怠さ。

それでも、日々のやるべき事は減るはずも無く、

無理して 今日も明日も明後日も

忙しさの中に身を投じ、依然として身体に鞭を

打ちながら 酷使し続け、

疲弊が身体全体に覆い被さった時に、疲弊感は

足腰への 痛みへと転じ、

いよいよ仕事は おろか、日常生活にも

大きな支障を来す様な状態になり、

不便さを感じたかと思えば、あっという間に

日々ダメージが積もりに積もり、

足腰の痛みは激しくなり続け、歩行困難の

状態に陥り、

不自由な日常を強いられてしまう様になります。

労働などで、どの部位に負担が溜まり易いかは

業種により 異なるでしょうから、

痛みの原因や痛みの強さは 人により大きく

異なるとは思いますが、歩いたり走ったり、

重い物を持ち上げたり 屈んだりなどの動作が

多い場合には 腰椎に痛みが蓄積し易く、

そして 負担が掛かり易い部位だけに、

いざ痛み始めた時の痛みも強く現れるのだと

思います。

腰椎は上体の動き(前かがみ、後傾、捻る)に

対して、何かと負担を被り易い部位である為、

痛みが強く現れた時には歩くのも、立ち上がるのも、

座るのも、寝るのにさえ、腰部の痛みに

耐えなければなりません。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛、腰の痛みには様々な原因があり、

腰の痛みは腰部に留まらずに、線維輪を突き破り

髄核が飛び出し神経を圧迫してしまうと、

臀部から股関節、膝~足先へと痛み、痺れが

発生してしまう事も あります。

この状態になった時に辛いのは、歩く時に

腰部、股関節、膝関節辺りに鋭い痛みが

走ると同時に、痺れも生じる事です。

ですので、腰部が痛むからと言って、腰痛対策だけ

していたのでは、場合によっては

脚にまで及ぶ痛み・痺れに対する処置が遅れて

しまうかも知れません。

腰と脚が痛む場合には、より一層、身体の重心

バランスに気を付け、重心が崩れない様に歩いたり、

着座姿勢も意識しないといけませんが、

ただ、これまでにも何度か書いて来た様に、

背筋をピン、と張ると言う事だけを意識していると

腰の筋肉である 脊柱起立筋が疲弊して行くばかりで

脊柱起立筋が疲弊してしまうと、腰部の痛みが

益々強くなってしまうので、

張り詰め過ぎてしまうと、逆効果になる事も

あるので、気を付けなければ なりません。

日常的に 腰部や脚の疲労感や痛みを和らげようと

する上で 重宝するのは、体圧分散マットレスや

リクライニングソファーです。

身体を休める為に効果的な体圧分散マットレスや

角度調節可能なリクライニングソファーで

腰にとって 楽な姿勢に合わせたり等、日常の中で

負担を如何に和らげるか?と言う事に意識を向け、

対策する事が 足腰の痛み対策として

何よりも大切です。

2モーター式 ★クーポンで400円OFF★【送料無料】 2P 電動リクライニング ヘッド・フットレスト独立可動 リクライニング 2人掛け ソファ 二人用 二人掛けソファ ポケットコイル ソファー 2人掛けソファー ソファ 電動ソファー リクライニングソファ 電動 【大型商品】

腰が強烈に痛む時は2本の杖を支えに歩く

腰痛と言うのは、坐骨神経痛椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症や、その延長線上の間欠跛行

他には筋膜性腰痛等々、様々な痛みの

発生原因が ありますが、

何れの場合も痛みの発生時に、上手く

対処して、きちんとした適切な処置を

施せば、痛みが強く出る前に 完治に

向かわせる事が出来ると思いますが、

私も そうでしたが、多忙な日々を送っていると

部に痛みや違和感を感じていたとしても

中々、その時点で速やかに整形外科に

行く事は難しいです。

当然ながら、処置が遅れる程に 腰の痛みは日々

積もり積もって悪化して行く一方になります。

部、骨盤と言うのは立ち上がったり、

座ったり歩いたり、を曲げたり日常で

ほんの少しの動きの際にも、起点となる

部分なので、起点に近い椎は何かと

大きな負担を受け止めてしまいます。

立ち上がる際にも、状態が垂直のまま

立ち上がると言う事は

余程 姿勢を意識していない限り、殆ど無い

と思います。

姿勢を意識せずに立ち上がろうと思った場合に、

少し前かがみ姿勢になり、

それからを踏ん張って立ち上がると思いますが、

骨盤、椎を起点に考えた場合、海外の調査によると

体重70㎏の人の場合、

第3椎間板には立っている状態で100㎏の負荷が

掛かっていて、軽くお辞儀をすると150㎏、

着席時に 同様に軽くお辞儀をすると、何と180㎏もの

負荷が掛かって居る事が 判明したらしいです。

つまり、椅子から立ち上がろうとした時に、

意識して垂直姿勢のまま立ち上がる人で無い限り、

起立時に毎回、大きな負荷が生じている、

と言う訳です。

ですので、を痛めた場合に、日常で気を付けるべき事は

まず、腰痛サポーターや杖で起立時、

着席時、歩行時に 掛かる負担を減らす事。

それと同時に、部を守る備えが出来たら、

なるべく早い段階で整形外科を受診し、

自身の現状の部の状態を知る事です。

そして、通院時以外には腰痛サポーター

杖で守る他、姿勢に気を付ける事が

とても重要である、と言う事です。

しかしながら、幾ら姿勢に気を付けようと

思っても 歩行時、

それも、杖を使って歩くとなると、どうしても

身体の重心が どちらか一方に傾いてしまいます。

なので、出来るだけ重心が偏る事無く

歩こうと思うと、杖1本では無く

杖2本で歩行する事がの負担を軽くする上で

重要に なります。

杖2本で歩むことによって、重心は身体の

中心から さほどズレる事無く

歩めるので お勧めです。

この際にも、姿勢に気を付ける事が大事ですが、

以前も書いた様に

身体を立てたまま歩行を長い時間続けると

その間、脊柱起立筋に負荷が掛かり続け、

部は どんどん疲弊して行ってしまうので、

そういう時には 敢えて、前傾姿勢気味になるなどの

柔軟さが大切に なります。

竹虎 杖 シリコングリップステッキ 雲 ブラック 104850【介護用品】

激しく腰が痛む時にあると助かる電動ベッド

日々の疲労や少しづつの足腰関節部位への

ダメージの積み重なりが やがて杖など

支え無しでは歩行が困難になる程の

重大な痛みを招いてしまいます。

私は最初に痛みを感じた時に、速やかな

対処が出来ずに、処置が遅れた為に、

足腰に大きな痛みを抱える様に

なってしまいました。

痛みは日々強くなって行く中、関節サポーターを

足腰関節それぞれに装着したり、

杖を日常的に使用したりと、とにかく日常で

如何に足腰に生じる負担を減らすか、

という事にばかり気を取られる毎日を

過ごさざるを得ない状況なのですが、

そうした日々を過ごして行く内に、

整形外科への通院日以外での

日常に おいて、日々生じるダメージを

どうすれば和らげられるか?を

毎日 保護アイテムや重心移動で足腰に

掛かる負担、脚が地面に触れた時に

発生するダメージを試して、次の通院日まで

足腰への負担を減らす様に

日々試行錯誤しています。

整形外科で足の痺れや痛みの原因も腰部にある、

と診断された場合にはヘルニアであったり、

脊柱管狭窄症であったり、間欠跛行であったり

一時的に筋肉が炎症を起こしているだけであったり、

似ている様で、少しづつ違う病状で それぞれに

悩んでいる方も多いかと思います。

椎間板ヘルニアの場合は、椎骨の間で

本来はクッションの役目を果たしている

髄核が加齢などで劣化して行き、

水分が減って、弾力が弱まった所に

強い衝撃が掛かると、髄核が飛び出してしまい、

神経根を圧迫し、その場から動く事も

出来ないほどの痛みに 襲われてしまいます。

脊柱管狭窄症の場合には、脊髄から伸びる

神経根などが通っている脊柱管と言う

空間が狭まって行く事で、

神経を圧迫するので、これも またある時

急激に強い痛みに襲われて、

動けない程の痛みへと転じてしまいます。

この 脊柱管狭窄症 の延長線上で、日常生活で

非常に不便を強いられる間欠跛行と呼ばれる

症状が現れてしまうのです。

間欠跛行は左右どちらか神経が圧迫されて

いる側の脚に痛みや痺れが生じるので、

歩いている途中で限界が来て

動けなくなったりします。

その都度、何処かに腰を下ろし、休憩を

挟みつつ、少し痛みが落ち着いて来るまで

待機せざるを得ないので、1日の予定が

大幅に遅れてしまう事もザラにあります。

脊柱管狭窄症の状態で、腰に重くダメージが

溜まっている時に腰を反らせてしまうと

痛みが更に強くなってしまい、1歩踏み出そうと

足を動かす事も難しいほどの

強烈な痛みに襲われてしまうのです。

腰に凝りやストレスを感じた時に

反らせたり、捻ったりした経験は

私にもありますが、しかし それは身体が

まだ丈夫だった時の話しです。

腰部に強烈な爆弾を抱えている時に

反らせたり、捻る事は自身を より苦しめる

結果になると、容易に想像できるので

反らす事は避けています。

もし、歩けない程の痛みを抱えてしまうと、

例えば、朝起きた時に布団から

身体を起こせなかったり、今の時期ですと、

毛布から足先が はみ出して冷えたとしても

掛け布団、毛布を元の位置に戻す事すら

困難な程の痛みが

腰部に 常に存在する事になります。

そこまでの状態になると、布団から身体を

起こせない為、トイレにも行けない、

身体を起こせないから、ご飯も食べられない、

寝たきりの生活を せざるを得なくなります。

身体を起こせないばかりか、横に身体を

向ける事も できない、

足の位置を動かす事も できないとなると、

これほどツラい事は ありません。

私の場合、数日間その様な状態で過ごして、

食事は出来ないので、

手がギリギリ届く範囲内にあった蜂蜜を

数時間おきに口に含みながら

少しでもマシな状態になるのを

只ひたすら待ちました。

そうして、3日~4日経過する頃には、ほんの

数cmづつでも上半身を起こせる様に なって来たので、

少しづつ上体を起こし、杖と手すりに

掴まりながら、数日振りに立ち上がる事が出来ました。

その後も何度か立ち上がれない程の痛みが生じた事は

あったのですが、

1番最初の強烈な腰部の痛みの経験から

どの角度が安全圏か、

何処まで身体を起こせば、腰への負担少なく

立ち上がれる様になるのか?

というのが身体で理解できたので、1度目の

強烈な痛みの後で 直ぐに対策を施しました。

何しろ、対策が遅れたら、次は もう二度と

起き上がれないかも知れない、

という恐怖が あったので、この時ばかりは

行動が素早かったです。汗

腰への負担が少なくなるほど身体を起こす、

というのは、自分だけの力では不可能である、

と悟っていたので、私は電動ベッドを導入しました。

リモコン操作で上体を完全に起こしきる位まで

持ち上げてくれるので、

寝る前も余計な緊張をせずに、落ち着いて

眠る事が出来ますし、

何よりも朝に目を覚ました時に、電動の力で

起き上がる事が出来るのは 非常に負担が少なく便利です。

私の経験上、椎間板の一部が潰れていたり、

医師の判断で神経根ブロック注射などを

打つようになると、急激な腰部の痛みに襲われる

危険性が近くなっているかも知れないタイミングなので、

電動ベッドを導入する事を検討し始めるのに、

丁度良い タイミングだと思います。

毎日過度な負担が掛かり続けている足腰を如何にして

守るか、というのが、

次の通院日に向けて大切な意識で 日々腰への負担を

和らげようと 意識して、

対策を施す事で毎回の通院ごとに少しづつ

状態を良くして 行きましょう。

INTIME1000 ハリウッドスタイル スクエアタイプ 1+1モーター電動ベッド機能:リクライニング・フットレスト・らくらくモーション