背中ストレッチクッションで1日溜まった疲れを取る

周りの痛みは 身体を休める暇もない程、

肉体を酷使し続けた結果だったり、

運動時、急に強い負荷を掛けた為、痛みが

生じたり、加齢により腰の筋肉の衰えや

クッションの役目を果たす椎間板

摩り減り等によって 痛みが発生したり、

あるいは、長時間座りっぱなしのデスクワークなどで

への負担が掛かり続け、痛みへと繋がったり。

痛みが生じる要因は 個々の状況によって様々ですが、

いずれにしても 1度痛みが生じると仕事は勿論、

日常生活に おいても、常に痛みという物は

付きまとうので少しでも痛みや違和感を

感じた段階で、速やかに整形外科ペインクリニックなどに

行かれることを お勧めします。

私の実感として、自然の治癒力よりも

日常生活の中で 蓄積するダメージの方が

上回るので、安静に過ごしていても

ほんの少しの歩行が、

ほんの少しの座り姿勢が 安静にして

負担が掛から無い様に 気を付けていた分も

上回る痛みを生じさせてしまうので、

1度でも痛みを感じたら、

専門医に診てもらうのが その時点で最善の

選択だと思います。

腰は牽引したり、温めたり マッサージで

ほぐしたり、治療・リハビリを行って、

ひと時 楽になったとしても、帰路に着く段階で

杖や腰痛サポーターを装着して

腰周りを保護して 極力負担を和らげる様に

過ごしたとしても、

大体の治療時間20分~30分よりも、それ以外の

日常生活の時間の方が 遥かに長いので、

病院以外の時間を 如何にダメージ少なく過ごすか?

という事を考えながら、日々の対策を施す事が

大切になります。

自分自身の少し先の健康的な生活を

思い描いた時に、まずは どの様に守るべきか?

その次に、どの部位に負担が強く生じているのか?

というのを、冷静に日々の生活の中で分析して

腰を主に、

その他に痛みが生じている部位に対して、

関節サポーターや 杖などで負担を和らげる事が

大切です。

通常病院以外で出来る各々の日常における

腰を保護する対策の手段ですが、

腰痛サポーター・コルセットを装着する事で、

立ち上がる時、歩行時、座る時と

ほとんどの腰に負担が掛かる状況での

ダメージを 軽減する事が出来ます。

しかし、腰痛サポーターは 長時間装着は

していられないので、

必ずしも万能では ありません。

では、それ以外の対策は 腰の痛みのツラさにも

よりますが、

可能ならばストレッチをして伸ばしたり

解したり。

ストレッチが出来るのならば、腰が伸びて

少しは楽になるのですが、

痛みが強い場合はストレッチを行う事が

出来ないので、誰しもに当てはまる対策では

無いと思います。

そこで日常に おける、長時間出来る

腰痛対策として 寝て過ごす。

というのが、負担も少なく、誰でも出来る

対策ですね。

その上で、ただ寝るだけで、より腰痛対策に

なる 背骨にフィットした、

ストレッチクッションが あるのです。

背骨が自然なカーブを描けるように

設計されているので、

腰周り・背骨のフィット感が とても快適です。

そして、腰痛対策の補助アイテムとして優れている点は

寝る事によって ストレッチ効果が発生するのですが、

特に、

『負担が強いから何時間しか装着してはいけない』

みたいな時間の縛りが無い 事です。

横に なっている姿勢は、腰の痛みが

どうしようもなく 強くて、

何もする事が出来ない時に、1番長く

保っている姿勢なので、

この寝ている姿勢でもストレッチ効果が

得られるのは 非常に助かりますね。

お医者さんの背中ストレッチクッション 【3点】yubi_okrjs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です