股関節の痛みを和らげる股関節サポーター

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって身体が

疲弊すると、身体の重苦しさに加えて

足腰に痛みと なって反映されます。

足腰の痛みと言っても 間欠跛行椎間板ヘルニア

脊柱起立筋の疲弊により、

腰の筋肉が炎症を起こしたり、軟骨の

磨り減りに よる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど、

様々ありますが、いずれの場合も仕事にも

日常生活にも支障を来してしまいます。

そうした時に、何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを施したり、どうにか対策を すると

思うのですが、足腰の痛み対策には

路面状況や天候、季節ごとの気候なども

考慮しなければ なりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると

杖を支えにしていても足への負担は

避けられませんし、とは言え、

日常に おいて、直接的に足腰を支えてくれる

アイテムという事を考えた時に

杖の存在は欠かせません。

特に、坂道・傾斜に関しては どうしても

路面の角度に合わせて、

足底を地面にピッタリと付けなくては

ならないので、足首が痛い場合や

足底筋膜炎の足には非常にツラい障害物に

なります。

そして意外に辛いのが、股関節の痛みが

発症した場合なのです。

股関節の痛みは平坦な路面を杖を支えに

歩いている場合でも、1歩1歩足を踏み出す度に

痛みが生じます。

それは何故かと言うと、前回書いた様な膝関節の

場合には関節サポーターで締めて、

動きを制限しても杖が ありさえすれば、歩行は

可能なのですが、股関節は そうもいきません。

どんなに、股関節サポーターで締めて動きを

制御しようとしても、股関節が可動しない限り、

前進出来ないですし、前に進もうとすると、

必ず股関節が可動し、その度に痛みが

伴うのは避ける事が出来ません。

先程も書いた様に、平坦な路面ですら その様に

痛みが生じるのに、更に歩道に頻繁に現れる

車が出入りする為の勾配となると、通常よりも

足を強く踏み出さなければバランスを

崩してしまいますし、勾配の上りにも下りにも

対応出来ません。

歩道の構造上、頻繁に勾配が現れるのは

避けられませんし、かと言って、

それが分かって居ても股関節に生じる痛みを

緩和する事は難しいです。

私は長い期間 股関節の痛みに悩まされているので、

日々どうしたら少しでも痛みを抑える事が出来るかと、

股関節サポーターや杖を併用して、歩幅や背筋の

角度などを考えながら過ごして居るのですが、

結局の所、歩幅と背筋を意識しつつ、歩めば 少しですが、

股関節のダメージを小さく留める事は可能です。

しかし、小さく留めたところで、毎日毎日少しづつ

ダメージが蓄積し続けている、と言うのは

動かしがたい事実なので、幾ら歩行法に気を付けた

ところで、いつか積もり積もった痛みは爆発してしまいます。

なので、1日の終わりにマッサージや温熱治療器で

温めたりなどのアフターケアが大切に なります。

アフターケアとして疲弊して凝り固まった股関節

周りを解したり、

血流を促進させるのとさせないのとでは

翌日の股関節の状態が かなり違うので、

歩行時にばかり気を遣うのでは無くて、疲弊した

股関節を癒す事を意識する事も大切です。

うす楽スイスイ インナー股関節サポーター 左右兼用 男女兼用 股関節サポーター 股関節ベルト 歩行補助 整体 骨盤補正 股関節 骨盤 矯正 送料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です