足底筋膜炎で痛む靴底にインソールを敷き、負担を軽減させる

それは突然生じたり、あるいは日々の

激務の中での 疲弊の蓄積により、

徐々に健康な脚が ダメージにより 蝕まれて

行く様に ジワジワと 痛みが積もりに積もって、

ある時突然強く痛みだしたり。

私の場合は、後者のパターンだったのですが、

痛みが強くなりつつ あっても、

騙し騙し 仕事し続けなければならず、

とうとう、ある時 どうしようも無くなり、

繁忙期が過ぎてから、

長めの休みをもらう事が出来たので、ようやく

整形外科を 受診する事が出来ました。

痛みを感じ始めた初期の段階で通院出来ないと
長引いてしまう

それでも、長い間 我慢し続けていたので

思っていた以上に 状態は悪くなっており、

未だに定期的な 通院が欠かせません。

脚というのは、上半身からの衝撃や重力を

背骨の緩やかなS字カーブで受け流し、

骨盤・仙骨を通じて、股関節へと伝え、

両足へと分散させるように 仕組みとして

出来ており、また、逆に地面からの衝撃も

足底が接地し、

足首、膝、股関節・骨盤~という様に 上から下、

下から上、と それぞれの関節部位が上手く

衝撃を受け流す事で、歩行などが速やかに

行えるように なっています。

足腰の厄介な点は日々生じるダメージが
あちこちに拡散されてしまう事

しかし、悪い事に 脚や腰を痛めた場合、

その各関節ごとの 受け流す機能が損なわれ、

足腰に 非常にダメージが溜まる様に

なってしまいます。

私は、足底筋膜炎を庇う様にして 歩くように

していたら、足首・アキレス腱、膝・腰など

各部位にも 痛みが出始めて、どんどん状態が

悪くなってしまったので、早い段階での対処が

非常に重要だと 痛感しました。

対策としては、まず整形外科などに 通院しつつ、

日常生活に おいては、

杖や足腰の各部位ごとのサポーターを有効に

活用し、関節部位を 衝撃から守り、

痛みを緩和させる事ですが、足底筋膜炎に

関しては、足首までの対策だけでは無く、

足底までしっかり 痛み対策をしよう!と

意識する必要が あります。

足底を守るなら厚めの履物か靴底インソールで
クッション性を高める事

この足底の対策に関して、

私は底が厚めのサンダルを履くことで

かなり緩和できたのですが、

(サンダルなのは靴だと締め付けられる感覚が強い為)

靴を履く場合の対処法としては、

足底を歩行の衝撃から しっかり守ってくれる

クッション性の高いインソールを使用する事です。

足底筋膜炎に対しては、足底の痛みを庇う為に

重心が 一方に偏り、歩行時の身体の バランスが崩れ、

他部位にダメージが 蓄積してしまう為、

杖・腰、膝、足首など各部位サポーター、

クッション性の高いインソール

(もしくは弾力性のある厚めのサンダル)まで

備える必要が あると思います。

準備万端で日々過ごすと少しづつ効果を実感出来る

出来れば、股関節保護サポーターもあれば

より万全な 対策となります。

ここまで対策をして、定期的に通院する事で

少しでも 日常生活を送る上で、

痛みが和らぎ、いつか楽に歩行出来るように

なる日が訪れて、痛む足底が 早い完治に繋がる事を

願っています。

Dr.NOMADO ドクターノマド dr.nomado インソール 足底筋膜炎インソール プレミアム 形状記憶インソール MOCAモカ シューフィッターお勧め商品 偏平足 足底筋膜炎 外反母趾 モートン病 腰痛 ゴルフなどにも最適 男女兼用 ギフト プレゼント 贈り物 中敷き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です