激しく腰が痛む時にあると助かる電動ベッド

日々の疲労や少しづつの足腰関節部位への

ダメージの積み重なりが やがて杖など

支え無しでは歩行が困難になる程の

重大な痛みを招いてしまいます。

私は最初に痛みを感じた時に、速やかな

対処が出来ずに、処置が遅れた為に、

足腰に大きな痛みを抱える様に

なってしまいました。

痛みは日々強くなって行く中、関節サポーターを

足腰関節それぞれに装着したり、

杖を日常的に使用したりと、とにかく日常で

如何に足腰に生じる負担を減らすか、

という事にばかり気を取られる毎日を

過ごさざるを得ない状況なのですが、

そうした日々を過ごして行く内に、

整形外科への通院日以外での

日常に おいて、日々生じるダメージを

どうすれば和らげられるか?を

毎日 保護アイテムや重心移動で足腰に

掛かる負担、脚が地面に触れた時に

発生するダメージを試して、次の通院日まで

足腰への負担を減らす様に

日々試行錯誤しています。

整形外科で足の痺れや痛みの原因も腰部にある、

と診断された場合にはヘルニアであったり、

脊柱管狭窄症であったり、間欠跛行であったり

一時的に筋肉が炎症を起こしているだけであったり、

似ている様で、少しづつ違う病状で それぞれに

悩んでいる方も多いかと思います。

椎間板ヘルニアの場合は、椎骨の間で

本来はクッションの役目を果たしている

髄核が加齢などで劣化して行き、

水分が減って、弾力が弱まった所に

強い衝撃が掛かると、髄核が飛び出してしまい、

神経根を圧迫し、その場から動く事も

出来ないほどの痛みに 襲われてしまいます。

脊柱管狭窄症の場合には、脊髄から伸びる

神経根などが通っている脊柱管と言う

空間が狭まって行く事で、

神経を圧迫するので、これも またある時

急激に強い痛みに襲われて、

動けない程の痛みへと転じてしまいます。

この 脊柱管狭窄症 の延長線上で、日常生活で

非常に不便を強いられる間欠跛行と呼ばれる

症状が現れてしまうのです。

間欠跛行は左右どちらか神経が圧迫されて

いる側の脚に痛みや痺れが生じるので、

歩いている途中で限界が来て

動けなくなったりします。

その都度、何処かに腰を下ろし、休憩を

挟みつつ、少し痛みが落ち着いて来るまで

待機せざるを得ないので、1日の予定が

大幅に遅れてしまう事もザラにあります。

脊柱管狭窄症の状態で、腰に重くダメージが

溜まっている時に腰を反らせてしまうと

痛みが更に強くなってしまい、1歩踏み出そうと

足を動かす事も難しいほどの

強烈な痛みに襲われてしまうのです。

腰に凝りやストレスを感じた時に

反らせたり、捻ったりした経験は

私にもありますが、しかし それは身体が

まだ丈夫だった時の話しです。

腰部に強烈な爆弾を抱えている時に

反らせたり、捻る事は自身を より苦しめる

結果になると、容易に想像できるので

反らす事は避けています。

もし、歩けない程の痛みを抱えてしまうと、

例えば、朝起きた時に布団から

身体を起こせなかったり、今の時期ですと、

毛布から足先が はみ出して冷えたとしても

掛け布団、毛布を元の位置に戻す事すら

困難な程の痛みが

腰部に 常に存在する事になります。

そこまでの状態になると、布団から身体を

起こせない為、トイレにも行けない、

身体を起こせないから、ご飯も食べられない、

寝たきりの生活を せざるを得なくなります。

身体を起こせないばかりか、横に身体を

向ける事も できない、

足の位置を動かす事も できないとなると、

これほどツラい事は ありません。

私の場合、数日間その様な状態で過ごして、

食事は出来ないので、

手がギリギリ届く範囲内にあった蜂蜜を

数時間おきに口に含みながら

少しでもマシな状態になるのを

只ひたすら待ちました。

そうして、3日~4日経過する頃には、ほんの

数cmづつでも上半身を起こせる様に なって来たので、

少しづつ上体を起こし、杖と手すりに

掴まりながら、数日振りに立ち上がる事が出来ました。

その後も何度か立ち上がれない程の痛みが生じた事は

あったのですが、

1番最初の強烈な腰部の痛みの経験から

どの角度が安全圏か、

何処まで身体を起こせば、腰への負担少なく

立ち上がれる様になるのか?

というのが身体で理解できたので、1度目の

強烈な痛みの後で 直ぐに対策を施しました。

何しろ、対策が遅れたら、次は もう二度と

起き上がれないかも知れない、

という恐怖が あったので、この時ばかりは

行動が素早かったです。汗

腰への負担が少なくなるほど身体を起こす、

というのは、自分だけの力では不可能である、

と悟っていたので、私は電動ベッドを導入しました。

リモコン操作で上体を完全に起こしきる位まで

持ち上げてくれるので、

寝る前も余計な緊張をせずに、落ち着いて

眠る事が出来ますし、

何よりも朝に目を覚ました時に、電動の力で

起き上がる事が出来るのは 非常に負担が少なく便利です。

私の経験上、椎間板の一部が潰れていたり、

医師の判断で神経根ブロック注射などを

打つようになると、急激な腰部の痛みに襲われる

危険性が近くなっているかも知れないタイミングなので、

電動ベッドを導入する事を検討し始めるのに、

丁度良い タイミングだと思います。

毎日過度な負担が掛かり続けている足腰を如何にして

守るか、というのが、

次の通院日に向けて大切な意識で 日々腰への負担を

和らげようと 意識して、

対策を施す事で毎回の通院ごとに少しづつ

状態を良くして 行きましょう。

INTIME1000 ハリウッドスタイル スクエアタイプ 1+1モーター電動ベッド機能:リクライニング・フットレスト・らくらくモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です