腰が強烈に痛む時は2本の杖を支えに歩く

腰痛と言うのは、坐骨神経痛椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症や、その延長線上の間欠跛行

他には筋膜性腰痛等々、様々な痛みの

発生原因が ありますが、

何れの場合も痛みの発生時に、上手く

対処して、きちんとした適切な処置を

施せば、痛みが強く出る前に 完治に

向かわせる事が出来ると思いますが、

私も そうでしたが、多忙な日々を送っていると

部に痛みや違和感を感じていたとしても

中々、その時点で速やかに整形外科に

行く事は難しいです。

当然ながら、処置が遅れる程に 腰の痛みは日々

積もり積もって悪化して行く一方になります。

部、骨盤と言うのは立ち上がったり、

座ったり歩いたり、を曲げたり日常で

ほんの少しの動きの際にも、起点となる

部分なので、起点に近い椎は何かと

大きな負担を受け止めてしまいます。

立ち上がる際にも、状態が垂直のまま

立ち上がると言う事は

余程 姿勢を意識していない限り、殆ど無い

と思います。

姿勢を意識せずに立ち上がろうと思った場合に、

少し前かがみ姿勢になり、

それからを踏ん張って立ち上がると思いますが、

骨盤、椎を起点に考えた場合、海外の調査によると

体重70㎏の人の場合、

第3椎間板には立っている状態で100㎏の負荷が

掛かっていて、軽くお辞儀をすると150㎏、

着席時に 同様に軽くお辞儀をすると、何と180㎏もの

負荷が掛かって居る事が 判明したらしいです。

つまり、椅子から立ち上がろうとした時に、

意識して垂直姿勢のまま立ち上がる人で無い限り、

起立時に毎回、大きな負荷が生じている、

と言う訳です。

ですので、を痛めた場合に、日常で気を付けるべき事は

まず、腰痛サポーターや杖で起立時、

着席時、歩行時に 掛かる負担を減らす事。

それと同時に、部を守る備えが出来たら、

なるべく早い段階で整形外科を受診し、

自身の現状の部の状態を知る事です。

そして、通院時以外には腰痛サポーター

杖で守る他、姿勢に気を付ける事が

とても重要である、と言う事です。

しかしながら、幾ら姿勢に気を付けようと

思っても 歩行時、

それも、杖を使って歩くとなると、どうしても

身体の重心が どちらか一方に傾いてしまいます。

なので、出来るだけ重心が偏る事無く

歩こうと思うと、杖1本では無く

杖2本で歩行する事がの負担を軽くする上で

重要に なります。

杖2本で歩むことによって、重心は身体の

中心から さほどズレる事無く

歩めるので お勧めです。

この際にも、姿勢に気を付ける事が大事ですが、

以前も書いた様に

身体を立てたまま歩行を長い時間続けると

その間、脊柱起立筋に負荷が掛かり続け、

部は どんどん疲弊して行ってしまうので、

そういう時には 敢えて、前傾姿勢気味になるなどの

柔軟さが大切に なります。

竹虎 杖 シリコングリップステッキ 雲 ブラック 104850【介護用品】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です