電動ベッドなどを活用して日常での腰へのダメージを軽減させる/腰痛対策

足腰の痛みを感じ始めてから 直ぐに

整形外科などに行き、

適切な治療が施されなければ、決して

大げさでは無く日々 足腰に溜まるダメージは

強くなってしまいます。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

日常生活を送る上で 立ち上がり時、着座時、

歩行時など、何かと足腰に負担が掛かる動作が

多いからですが、足腰の中でも腰にダメージが

積み重なる事で腰部のみならず、

股関節~脚に掛けての痛みや、痺れも強く現れて

しまう事が あるので、

腰部の痛みには特に慎重に且つ、速やかに対策を

施す事を おすすめします。

腰部の痛みが強く出ると、寝て起きた時に自力で

起き上がる事も出来ませんし、

上体を起こす事が出来ないのですから、日常に

おける、殆どの活動が制限されてしまいます。

家族と同居している時は 助け起こして貰って、

一人暮らしの場合には 電動ベッドの上で寝て、

電動の力で上体を起こすのが、最も腰への負担

少なく 起き上がる事が出来ます。

電動べッドで腰の負担少なく起き上がる

問題はこの後なのですが、『どうにか起き上がれた』

しかし、今までの様に杖を使い、関節サポーターを

装着しても足腰に掛かる負担が大き過ぎる。

と、起き上がった後の日常を想像すると、腰への

ダメージが どう考えても強すぎて、

1歩踏み出すのさえ、怖くなってしまいます。

腰が強烈に痛む時は、足元に無数に配置された

腰に強烈な痛みを引き起こす起爆スイッチを

一歩 脚を踏み出すごとに踏みながら歩く様な物です。

例えば、ギターのワウペダルの様なもので、

踏み方を浅くすれば、

腰に響くダメージも小さく抑える事が出来ます。

つまり大切なのは、ベッドから降りた後に、如何に

足腰に乗る体重を小さく留めるか?

と言う事を考える事が大切なのです。

身体の重心バランスが偏って痛み出す腰痛対策

体重が腰にガッツリと乗ってしまう事で、

その負担が腰に掛かり続けると、

朝起きた時点よりも1日過ごして行く中で痛みが

強くなってしまいます。

足腰を痛めた時にも支えになる簡易設置手すり

そうした痛みを抑える為には、室内用の杖や立ち上がり

補助具や、室内用手すりが 非常に役立つのですが、

基本的に室内用の手すりと言うのは、壁際に

設置されている物なので、

起きた瞬間に立ち上がろうとする時には、不向きだと

思います。

なので、ベッドの傍に置いておける室内用の杖か、

立ち上がり補助具があると、

立ち上がろうとする時に 非常に助かります。

立ち上がり補助具で痛む足腰を支えて負担を軽減する

こうする事で、足元の起爆スイッチを踏み込むのを浅く

抑える事が出来ます。

朝起きた瞬間と言うのは、頭も身体もまだボーッ、と

しているので、油断して、こうした対策をしないと

思わぬ痛みを朝から抱える事に なってしまうので、

起きた瞬間から腰痛対策をする事を意識しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です