日常で腰が疲弊し、痛みが強くなったら温熱治療器で温める

足腰の関節が痛んだりすると、どうにか処置を

施さなければ!と、整形外科に行ったり、

関節サポーターを装着したり、日常で掛かる

負担を和らげようと 対策を行う人が

痛みの大小を問わず 多いと思いますが、ところが

筋肉が痛い場合には、唯の筋肉痛だし自然に治るだろう、

と軽く考えてしまいがちです。

ところが、日々の労働やスポーツで足腰関節や

筋肉に疲労が積み重なってくると、

それが痛みへと発展し、筋肉に炎症を起こしたり、

関節部位の場合は過度な負担が掛かり続けると

変形などに繋がってしまう恐れが あります。

なので、筋肉痛の直りが遅いとか、筋肉の

痛み方が通常の筋肉痛とは少し違うな、

と感じたら、痛みの原因や痛い体勢などを冷静に

考えてみて、出来るだけ負担が掛からない様に

日々過ごしましょう。

筋肉が過剰に痛むと言う事は、筋肉内に

疲労物質である乳酸、老廃物が蓄積していて

代謝が滞りやすい状態になっていて、筋肉が

収縮した状態が続いてしまいます。

腰に疲弊感が溜まっている時は脊柱起立筋を意識的に緩める

通常の筋肉に溜まった乳酸は血液によって

可能に運ばれ、そこで分解されるので、

筋肉の凝りや張りは解消されるのですが、

しかし代謝機能が正常に働いていない場合、

乳酸が溜まり 収縮状態が持続され、血管が

圧迫されているので、

血液の流れが悪くなってしまいます。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

そうすると、どんどん老廃物が体内に残り~、

と言う悪循環を繰り返してしまう様になるので、

労働やスポーツの後には、しっかりとストレッチを

行うなどして緊張している筋肉を伸ばし、

血流を少しでも正常に保つ事が大事です。

筋肉の凝り・張りが持続してしまうと、結局 痛みが

強くなり過ぎて日常生活も ままならない程に

足腰に どうする事も出来無い 痛みが襲って来る様に

なってしまいます。

血流の鈍りから腰痛になる理由

腰にしろ、脚関節にしろ、強烈に痛んでしまうと

杖や関節サポーターを装着したりしても、

痛くて歩け無い、という歩行困難の状態に

なってしまいます。

足腰の痛み対策として車椅子を使用する

そうなってしまうと、外へ出掛けるどころか、室内の

数歩程度の移動でも大変苦労する事に なってしまいます。

腰が痛い時に自宅にあったら便利な支えアイテム3点

自宅で安静にしている時に、室内で動く範囲と言うと、

トイレに行ったり、ご飯を食べる為にテーブルに行ったり、

お風呂に入る為に数歩の距離を歩いたり、くらいですが、

ほんの数歩の移動を杖を ついて、ようやく何とか歩ける

と なると、それ以上の距離を歩くのは非常に

困難で あると言うのは想像に難くありません。

なので、腰や脚に痛みや張り、疲弊感を持続的に

感じる様に なった段階で、

整形外科やペインクリニックに行きつつ、家では

ストレッチやマッサージ、温熱療法などを施して、

筋肉の疲弊感を和らげてみて下さいね。

慢性的な腰の痛み/温熱治療器で血液の流れを促す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です