日常の中で足腰への負担を減らすのに有効な2つのアイテム

仕事で疲労が蓄積したり、スポーツで過負荷により

筋肉や関節を痛めてしまったり、

加齢により 軟骨が磨り減り、筋力も低下する事で

衰えた周囲の筋肉に過度な負担が生じて

疲弊する事で血液の流れが滞り、身体の内部で乳酸や

老廃物が溜まる事で 筋肉の緊張状態が続いてしまい、

痛みが生じたりなど。

血流の鈍りから腰痛になる理由

人によって腰部の痛みの発生原因は異なりますし、

当然、原因が違えば痛みの度合いも

人により異なるので、

まずは、痛みや違和感を感じた段階で

速やかに整形外科に行き、身体の現在の状態を

知る事が大切です。
足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

状態を知るという事は、日々の対処法も

考える事が出来る、という事でもあるので

なるべく早い段階で整形外科を受診しましょう。

痛みの原因が明確に特定されるまでは、

色々な治療を する事になるのですが、

毎回の治療時間は長くても20分~30分くらいなので、

それ以外の日常生活の中での腰部を守る対策が

とても大切に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で日常で意識する事

腰の痛みの原因としては例えば、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症や間欠跛行、

ぎっくり腰などがあるのですが、いずれの場合も

日常生活に大きな支障を来してしまう程、

重大な痛みとなってしまうので、診断名が何れかの

場合には、直ぐにでも腰痛サポーターと

杖を日常生活に取り入れる事を おすすめします。

杖2本使用して歩く事と同時に 腰を痛みから
守る上で大切な点

日常生活の中で どの瞬間に腰に対しての

負担を強く感じ易いか?と言えば、

起き上がる時、立ち上がる時、椅子に座る時、

歩行時、階段の上り下り時、坂道の上り下り時など、

とにかく多くの瞬間に 腰に対する負荷が強く

掛かるのですが、

腰痛サポーターと杖を使用した後に、まず第一の

難関ポイントとなる階段の上り下り時に

如何にして足腰に負担少なく上り下りするか?と言うと

上り時には杖を片手に、壁により掛かりつつ、

上がる事で足腰への負荷が分散されて、どうにか階段を

上る事が出来ます。

メッシュ生地の膝サポーターで階段や坂道でも
がっしり膝を保護する

とは言え、一段上がろうとする度に、どうしても

腰の筋肉である脊柱起立筋が 小まめに収縮・弛緩を

繰り返すので、痛みを伴ってしまいますが、それでも

普通に上がろうとするよりもダメージは軽減できます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

反対に降りる時は、どうしても重心が前に掛かって

しまいますから、

手すりに片腕でガッシリ摑まりながら、重心を

やや後傾気味にする事で、前のめりになって

足腰に負担が乗ってしまうのを軽減する事が出来ます。

しかし、どんなに重心移動だとかの対策をして、

かなり慎重に上り下りしようと思っても、

階段の上り下りには 常に危険が付きまとうので

気を付けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です