日々痛む足腰の負担を軽減するには、この2つのアイテム

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

過労がやがて腰部の痛みとして
現れ始めた時に役立つアイテム

腰部の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられます。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や保護用具を使って保存療法で

様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性腰痛などが

挙げられますが、日常での対策が出来ておらず、

依然として日々強い負担が腰部を中心に

掛かり続けていたら、自力で歩く事も難しくなる

歩行困難の状態に陥ってしまう事もあります。

辛くて歩け無くなる坐骨神経痛・間欠跛行/車椅子に乗り始める

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

歩行困難に なったから痛みが落ち着いて、

そこで終わりでは無く、

痛みは現在進行形で どんどん強くなり、痺れも

強くなり続けて いるのが現状です。

ですので、私が思うに、この様な状態に

なってしまう前に杖と腰痛サポーターを

始めとする各関節部位専用サポーターで

関節を守り、

必要と あらば、体圧分散マットレスや電動ベッド

など、身体の疲れを きちんと取れる備えを

施す事が大切です。

それでも、更に状態悪化が進行し続けて、これ以上は

もう無理、となったら、

足に それ以上のダメージを溜めない様に 早めに

車椅子の日常的な使用も視野に入れた方が良いと

思います。

車椅子の使用は、医師の判断を仰ぐ事も大切ですが、

しかし車椅子を使用し始めてしまうと、

いよいよ脚の筋肉の衰えが顕著になる、

等の理由から年齢が若かったり、

麻痺して居ない限りは反対される事も ありますが、

しかしそれ以上 杖を使っても毎日毎日強い痛みが

蓄積し続けて 耐えられない状態で あるのならば、

自身の身体を守るためにも、

医師の判断よりも自身の選択の方が大切な

時も あります。

とは言え車椅子をいきなり日常生活の中に

導入する、と言うのは

自宅周辺の路面状況なども考慮する必要が

あるので、簡単な事では ありません。

路面状況と言うのは、ちょっとした傾斜(勾配)

が多めだったり、アスファルトが抉れて

地面が凸凹だったりすると、車椅子の前輪が

嵌ってしまったりと言う事も あるので、

日常生活で ある程度、思い通りに乗りこなすのは

慣れが必要に なります。

腕の力だけで緩い傾斜などに対応せねばならない、

と考えるだけで大変さは容易に想像出来ますが、

自身の身体を守る為に、選択肢の一つとして

検討してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です