激しい腰痛時は椅子に座るのもツラいけれど・・・そんな時に役立つアイテム

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、

整形外科に行くのが遅れるほどに

状態が悪化し続けて、痛みが あまりにも

強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

足腰の痛みが どうしようも無く悪化したら
車椅子を取り入れる

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

自力で置き上がれ無い程の激しい
腰痛時は電動ベッドで起き上がる

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に

足腰に生じる負担です。

腰痛を意識しながら そ~っと座ろうとしても、

どうしても足腰を踏ん張る必要があるので、

腰や膝に軋む様な痛みが その都度

生じてしまいます。

ですので、そうした時にテーブルで身体を

支える以上に支えとしてあれば、

便利で安心出来るのは頑丈な椅子に

設置された手すりです。

やはり、体重を預ける訳ですから、頑丈さと

安定感は重要ですよね。

その上で 手すりも備え付けられていたら、

安心して座る事が 出来ますね。

これらのポイントを踏まえた上で、アイテムを

駆使して負担の少ない朝を毎日迎えられたら、

気分も沈まずに活力の湧いた日々を

過ごせますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です