月別アーカイブ: 2019年12月

就寝時の腰の負担を和らげる通気性良好・体圧分散マットレス

腰痛の原因は骨の変形や、線維輪を

突き破り、飛び出した髄核が

神経圧迫する事で痛んだり、脊柱管が

狭まる事で神経根を圧迫して痛んだり、

あるいは、接触性のスポーツで他者と激しく

ぶつかった事で 急激に痛みが生じたり、など

痛みの原因は様々あるのですが、

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛などによる痛みで無い場合には

筋肉の疲労による炎症から来る痛みかも知れません。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

日々忙しく働いていると、どうしても ゆっくりと

身体を休める時間が取れなくて、

疲労の回復も きちんと出来て居ないままに

また新たな忙しい1日の中に身を投じる事に

なります。

そうした生活を繰り返していると、当然ながら

身体全体を疲弊感が覆い尽くし、

重苦しさや怠さが身体の内部を蝕んでいきます。

脚や腰が痛む時に衝撃を加えると悪化が加速する

重苦しく怠い日々が続くと、

意欲も萎んで行き、身も心も重いまま、これまでと

同様の忙しさを こなさなければ なりません。

そうした状態で、相も変わらず 多忙な毎日を

送っていると、疲れも益々溜まり易くなり、

身体の疲弊感は やがて足腰関節部位の痛みへと

転じてしまいます。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを有効に
活用するには?

関節が痛み出したら、いよいよ これまでと

同様に、と言う訳には行かなくなります。

足腰の痛みと言うのは 仕事は おろか、

日常生活にも多大な影響を

与えてしまうからです。

足腰が痛みだすと、それまでは何の意識もせずに

当たり前のように 歩けていた 日々が

幻かの様に、室内でトイレに行く程度、

キッチンからテーブルに歩く程度の

ほんの数歩の歩みすらも思う様には

行かなくなってしまいます。

間欠跛行が悪化すると苦痛と隣り合わせの
日常を送る事に

足腰と言うのは、歩く際にも立ち上がる際にも

座る際にも、日々何らかの負担が生じていますし、

それどころか、何もせずに 只、立っているだけでも

腰の筋肉(脊柱起立筋)が しっかりと機能してしまい、

腰への疲労度が積み重なってしまいます。

腰の筋肉(脊柱起立筋)と同様に非常に痛め易い肩関節

立っているだけでも、意識せずとも脊柱起立筋が

自動的に上体を支えてしまい、

そして疲弊して、その疲弊から また腰の痛みが

増してしまう、

という悪循環を繰り返して しまいます。

ならば、寝たきりで過ごす事で負担を完全に

避けられるのか?

と言うと、布団の柔らかさ、固さにより

腰へダメージが溜まってしまう場合も あります。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

頭から足先までを一直線とした時に、重心が

掛かる腰から 臀部に掛けて沈んでしまうと、

睡眠時間が8時間とした時に、8時間もの間、

やや沈んでいる腰部~臀部に掛けて

負担が生じ続けている事に なるので、布団の固さ、

柔らかさと言うものにも気を付ける必要が あります。

なので、沈んでしまう質感の布団で ある場合には、

いつまでも負担が腰部・臀部に掛かり続けてしまうので、

体圧分散マットレスに変えてみると良いと思います。

(当店限定3,000円OFFクーポン配布中!!)(代引き不可) アルファプラF 通気カバータイプ 83cm幅レギュラー MB-FA3R タイカ(体圧分散マットレス 床ずれ防止マットレス) 介護用品

体圧分散マットレスは変に身体が沈んでしまう事は
無いですし、反対に硬すぎて腰にダメージが溜まる、

と言う事も無いので腰痛が気になる方には お勧めです。

就寝中には必ず汗を掻きますから(睡眠中の発汗量は

コップ1杯と言われています。)

それ程の汗を掻くと、布団に染み込んでカビが生えたりして
長年使う事を想定するには ちょっと難しい気がしてしまい

ますが、今の時代は ただ単に体圧分散機能に優れている
だけで無く、通気性良好を売りにしている物も沢山あるので

良いアイテムを見つけて出来るだけ長く使用してみて下さいね。

強烈な腰痛の兆候が見られた時の就寝時の対策法

腰痛サポーターを活用して日常で負担の掛かり易い腰部を守る

腰痛と言うのは、ギックリ腰や椎間板ヘルニア、

脊柱管狭窄症や その延長線上の間欠跛行、

他には筋膜性腰痛等々、様々な痛みの発生原因が
ありますが、何れの場合も痛みの発生時に上手く

対処して きちんとした適切な処置を施せば 痛みが
強く出る前に、完治に向かわせる事が出来ると

思いますが、私も そうでしたが、多忙な日々を
送っていると腰に痛みや違和感を感じていたとしても、

中々その時点で、速やかに整形外科に通院する事は
難しいです。

当然ながら、処置が遅れる程に 腰の痛みは日々

積もり積もって悪化して行く一方になります。

腰痛が悪化すると感じる腰椎・仙骨の
強い軋み/炎症・血液の循環

腰部、骨盤と言うのは立ち上がったり、座ったり
歩いたり、腰を曲げたり日常で ほんの少しの

動きの際にも起点と なる部分なので、起点に近い
腰椎は何かと大きな負担を受け止めてしまいます。

骨盤、腰椎を起点に考えた場合、海外の

調査によると 体重70㎏の人の場合、

第3椎間板には立っている状態で100㎏の負荷が

掛かっていて、軽く お辞儀をすると 150㎏、

着席時に同様に軽く お辞儀をすると、何と180㎏もの

負荷が掛かって居る事が判明したのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

この様に日常生活を送る上で 何気なく している

動作でも、数字を見てビックリするぐらいの

大きな負荷が掛かって居るのですが、肉体に意図的に

負荷を与えるウエイトトレーニングなどは

ともかくとして、重い荷物を持ち上げたり、

その状態で走ったりする必要がある職業の場合、

腰部(脊柱起立筋)への負担は計り知れない

ものが あります。

トレーニングベルトで腰を守る/痛め易い腰部

まして、肉体と言うものは、日々衰えて行くもの

ですから、20代よりも30代、

30代よりも40代と なってしまうと、痛みが発生した時は

ともかく、その後の肉体回復の速さに差が出て、

治療期間も大きく延びてしまう事かと思います。

例えば、腰痛の原因の一つである脊椎分離症・

すべり症の場合、肉体が未だ若い 10代20代の場合には

コルセットの装着をしっかりと厳重に守り続ければ

分離部は癒合するのですが、

成人を超えた肉体の場合、保存療法で分離の骨癒合は

起こらない為に、手術が必要と なります。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を
探す事が大事/逆に言えば・・

若い肉体と30代、40代の肉体とでは、

こうした例からも回復力に大きな差が

生じてしまうのが分かるかと思います。

それが50代60代ともなれば、痛めた箇所が

完治に向かうまでに、

より多くの時間を要する事は 想像に難くありません。

結局、年代に関わらず 腰部を痛めたら、

するべき事は決まっていて、

まず整形外科を受診し、自身の状態をしっかりと

認識する事。

レントゲンや医師からの説明で きちんと認識する事で

保存療法の際、どの部位を どの様に守るかの

尺度に なるからです。

日々の疲弊から強く痛みを感じる足腰/
整形外科を受診する

緊急で手術を要する状態でない場合、ブロック注射などで

処置をして、経過を見守る 保存療法と言う流れになり、

結局のところ、次回の通院日までに出来るだけ

状態を悪化させない様に、

日常生活の中で自身で腰部周り(足関節を含む)を

守る腰痛対策を施さなければ ならないのです。

この時に 只、じっと寝て居たり、座って居たりすれば

良い、と言うだけでは済まず、

結局、室内から一歩も出ずとも 食事の為にキッチンに

行ったり、テーブルに向かったり、トイレに向かったり、

お風呂場に向かったりと室内の ほんの数歩程度とは言え、

日々、何らかの要因で 歩く必要性が出てきてしまいます。

そうした時に室内用手すりや杖で脚腰に負担を

掛けない様に気を付けて歩ければ良いのですが、

杖も手すりも無い人の場合、ほんの数歩の移動でも

大きなダメージを足腰に抱えてしまう事に なるので、

出来れば杖か手すりの どちらかは常備していた方が

良いかと思います。

腰~臀部の痺れ、痛みは歩行困難へと向かって

しまうので、日々気を付けて、

完全に不自由な生活になるのは避けたいところです。

歩く際には、自身の想像以上に強い負荷が掛かっていて

足腰の痛みを蓄積させてしまうので、

そうした補助アイテムを備えて、日常的な負担を

軽減させて下さいね。

【限定クーポン】お医者さんのコルセット プレミアム仕様 3L〜5L

足腰への負担を軽減するには室内用杖と、このアイテム

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、整形外科に
行くのが遅れるほどに状態が悪化し続けて、

痛みが あまりにも強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

足腰痛めて通院するのもツラい時に役立つアイテム

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

自力で起き上がれ無い程の激しい
腰痛時は電動ベッドで起き上がる

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

腰痛が激しい時には電動ベッドで
負担少なく起き上がる

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に足腰に生じる
負担です。

負担少なく慎重に座ろうと すればする程、足腰の
筋肉への負担が強く掛かってしまうので、

ようやく座れた後、あるいは立ち上がろうとする時に
足腰の筋肉が余計に疲弊してしまうので、

それが原因で益々足腰の状態が悪化してしまう恐れが
あります。

なので、余計な負担を掛けない為には頑強な作りの
手すり付き椅子が あると便利なのです。

手摺部分に手をついて身体を支えながら座れるのと、
そうで無いのとでは、足腰に生じる負担が

まるで異なります。

こうした日常での何気ない ひと工夫で足腰への負担も
変わって来るので試してみて下さいね。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

腰の痛みが持続する時の対処法/重要なのは解す事

腰の痛み、それはスポーツによる激しい

疲労の蓄積で生じたり、

肉体を酷使する労働で仕事を終えて帰宅して

ほんの1~2時間の自由時間を満喫して、

寝て起きたら、また朝早くから重労働の

繰り返しの日々で身体を休める暇が無く、

痛みが生じたり、加齢によるクッションの

役割を果たす椎間板の水分減少などにより、

衝撃に弱くなり痛みが生じたり腰周りの筋肉

(脊柱起立筋)の衰えや疲弊により痛みが生じたり、

人や状況によって、痛み発生の原因は

様々ですが、腰や膝関節は健康な

日常生活を送る上で、大切な部位ですから、

痛みや違和感を感じたら、

まずは速やかに整形外科などに行って

受診される事を おすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

人体の構造というものは非常に優れた作りに

なっています。

腰周りの場合、日常生活の中で当たり前に行う

動作である、前に上体を屈める前傾姿勢、

後ろに反らす後傾姿勢、そして 身体を捻る動作

など、腰椎を中心に衝撃や負担を和らげながら

行う事が出来るのですが、腰椎を中心に

上半身の動作を行って居ると言う事は

その分、日常生活の中で大きな負担が

掛かって居ると言う事でも あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

更に、骨の変形などが生じている場合には

日常生活の中で腰痛対策として腰痛サポーターや

杖を併用したとしても痛みは抑えられず、なかなか

思う様な効果は得られないでしょう。

腰痛対策関連の書籍を読むと、腰痛に対しては

筋肉の衰えに抗う為に、筋力 トレーニングが

大事だと言う事が書いて あります。

腰の怪我を防ぐには脊柱起立筋を
無理の無い範囲内で鍛える

しかし、激しく腰を痛めている時には

トレーニングを行うなど無理なので、

出来るだけ動かず 安静に過ごした方が

良いでしょう。

腰の痛みの原因として、先ほども書いた様に

腰の筋肉(脊柱起立筋)の疲弊が挙げられます。

疲弊により生じる影響としては筋肉の

強張りの持続、それに伴い筋肉内部の

血管が圧迫され、血液の流れが悪くなる事で

血液が運んでくる酸素の量が不足し、

筋肉のエネルギー源である、ブドウ糖が

不完全燃焼を起こしてしまうのです。

血流の鈍りから腰痛になる理由

そうなると、筋肉の機能低下だけで無く、

乳酸など痛みを引き起こす 老廃物が蓄積して

益々筋肉の張り・凝りが悪化して しまいます。

【さらに選べるおまけ付き】【温熱治療器】【正規代理店】湿熱ホットパック カナケン カナホット ベストタイプ(KANAHOT VEST TYPE)KB-226 – カナホットは特殊セラミックにより体に合った赤外線を出し温めます。【smtb-s】

筋肉の張り・凝りを解消する・あるいは和らげる為には

ストレッチをしたり、マッサージをしたり、

適度な温度で湯船に浸かって血液の流れを促したり等が

効果的ですが、これらを独立した一つ一つの対策として

行わずに、一連の流れとして捉えて行う事で、更なる

効果が望めます。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

つまり、ゆっくりと ぬるめのお湯(体温よりも3度~

4度高い温度)に10分程度 浸かって、

血管が開いて血液の流れが速やかになったら、今度は

お風呂から上がってストレッチやマッサージで

筋肉を直接的に解し、正常な血液の流れによって乳酸・

老廃物を排出させる、と言う流れです。

37度~39度ほどの ぬるめの お湯で入浴し、
血流を促進する

勿論、ストレッチやマッサージ単体で思い立った

タイミングで行うのも良いのですが、

身体の疲れを取る、と言う目的の為に行うのならば、

身体全体を温めて血管を開いて血液の流れを高めてから

行った方が効率的では あると思います。

お風呂に入らなくても、今時はネット通販で

温熱治療器などが手軽に入手できるので、

腰周りや膝、あるいは全身を簡単に温める事が

可能ですね。

只でさえ疲れを感じやすい異常な暑さに やられない

為にも身体のケアを大切に しましょう。

腰から脚に掛けてストレッチ効果を感じるには

腰が痛む時はリラックス姿勢で気軽に行える処置を行う

関節は動きの激しい運動や関節に強い負荷の

掛かるウエイトトレーニングだったり、

接触のあるスポーツ、あるいは労働による

日々の関節へのダメージの蓄積や加齢による

軟骨の磨り減り・筋肉の衰えによる関節部周囲の

支えの低下による痛みの発生。

軽い重量でマシントレーニングにより筋肉に
負荷を掛けてみる

痛みが生じたら耐えて 自然治癒を待つのでは無く、

速やかに整形外科などに行くのが最善の選択ですが、

例えば病院に行くにも交通手段が電車・バス以外に

無い場合、そして駅まで距離が あり尚且つ、

独り暮らしと言う状況だと病院に行くのさえ

一苦労です。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を
探す事が大事/逆に言えば・・

関節が痛む際は急性期、つまり痛みが生じ始めた時は

冷やす事を優先して痛み、腫れ・炎症を抑え、

熱が患部に生じていて 血流も活発になる為、それを

抑制する意味でも冷やすのが効果的です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

その後、3~4日程度経過し腫れや炎症が落ち着いたら

今度は冷やすのでは無く、硬くなった筋肉を温める必要が

あります。

しかし、病院に行くにも距離の問題で一苦労。

自宅で何か対策をしようにも患部を温める機器なんて

無いから どうしようも無い。

と、悩んだり戸惑う必要は ありません。

自宅で行える事は温熱療法以外にも幾つか ありますし、

温熱療法自体も温熱治療器が無くとも 行う事は可能です。

長時間のPC作業や日々の腰への負担で
筋肉が千切れる様な痛み

今の この猛烈に寒い時期に行うのは難しいですが、例えば

横になった姿勢でリラックスしながら腰を温めたい場合、

お湯で温かくしたタオルを しっかりと水分を絞って

患部に直接乗せるだけでも血行を促すのに充分な効果を

発揮してくれます。

但し、タオルを温かくして患部に乗せただけなので効果は

長く持続しませんし、まして今の様に空気が凍てついて居ると

あっという間に冷えてしまうので逆効果に なりかねませんね。

なので、もっと手間の掛からない方法として、湯舟の中で

温まることで血液の流れを促す。と言う やり方が有ります。

37度~39度ほどの ぬるめの お湯で入浴し、血流を促進する

自宅に温熱治療器が無い場合に これが最も気軽に行える

方法ですね。

ただし、これも寒い時期には注意しなければならない

ポイントが あります。

空気が冷え込んでいる時期なので、お風呂から上がった

直後の急激な冷え込みに気を付けなければ ならないのですが、

お風呂に入る少し前に部屋全体をヒーターなどで温めておくか

もしくはピンポイントで特定の箇所だけ温めてくれる暖房機器を

脱衣所の前に用意しておくと、お風呂上りに急激に冷えて

しまう事を防げます。

やはり、冷えは腰痛を始めとした関節痛に大きく影響を与えて

しまうので、冷え対策をこの様に行い、温熱療法で患部を

温めて血行を促進させましょうね。

温熱療法以外の方法については、また別の機会に綴って行きたい

と思います。

温熱治療器が無くても身体を温められる腰痛対策法

遠線赤外線コスモパック CL型 コントローラー付 日本遠赤 医療用具承認 温熱治療器 冷え性

股関節の痛みは日常を不自由にする/股関節痛対策

忙しい毎日を送っていると身体に疲れが溜り、

身体全体が重く怠くなってしまいます。

重苦しい身体のまま それでも身体を休める暇が

無いほど多忙な日々が続くと、

疲労は やがて関節部位に積み重なり、

強い痛みとなって現れます。

そうなると仕事は勿論の事、日常生活にも何かと

不便を強いられてしまいます。

腰から足にも影響が出始める厄介な腰痛

足腰の痛み と言うのは、足腰関節の何処か1か所でも

痛み出すと、

その部位を自然と庇いながら 歩くようになってしまう為、

重心を健康な 片側に傾けて 歩行するようになります。

そうした日々を数日~数週間も過ごすと、

重心の傾きから 身体のバランスが崩れ、

元々痛めていなかった側に 負担が掛かり続けてしまい、

そちら側にも強い痛みが生じる様になってしまいます。

その様に 一方が痛めば もう片方で庇い、

そうこうしている内に

元々1箇所だった痛みも あちこちに

拡散されてしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

膝から痛みが始まったとしても 庇い続ける事で

足腰全体的に痛むほどに 悪化してしまうと

先ほども書いた様に、日常生活も非常に不便に

なってしまうので 早い段階での対処が重要になります。

対処と言うのは、痛みや違和感を感じた初期の段階で

整形外科かペインクリニックに通院したり、

あるいは日常生活では各関節部位ごとの関節サポーターを

装着したり、自宅で行える手段としてマッサージ器や

温熱治療器などで 患部を直接 癒すのも おすすめです。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が大事/
逆に言えば・・

その様に、通院して治療・リハビリ時間以外で

日常で出来る対処法としては関節サポーターが

最も使用頻度の高い 支えになるのですが、

その中で痛みが 積み重なり易い股関節部位を

しっかり締め付けて支えてくれる補助アイテムが

股関節サポーターなのです。

股関節サポーターで固定して歩く事で負担が
少なくなる

1歩1歩の歩行の度に 股関節は どうしても

可動するので、股関節が動く度に

痛みが伴ってしまいます。

私は この痛みにより、歩くのも嫌になったので

股関節サポーターの性能に半信半疑ながらも

使い始めてみました。

半信半疑というのは膝や足首と違い、完全に固定しきる事は

出来ないだろうし、

結局関節が多少なりとも動くという事は 痛みが伴うだろうし、

意味ないかな?と思っていたからです。

ところが、実際に使い始めてみると 股関節の動きは

思っていた通り、完全には制御出来は しないのですが、

股関節の可動時に発生する痛みは かなり軽減できたので

私と同じ様に サポーターの効果はどうなんだろう?と

疑問に感じている方は試してみて その性能を実際に

感じてみて欲しいです。

一旦装着してみて、日常の助けになると 実感したのならば、

色々な股関節サポーターを探してみて

より自身の身体に 合う物を見つけられると

日常の大きな支えになります。

坐骨神経痛/股関節の痛みとアシドーシス

腰が激しく痛む時に負担を小さく留めるには?

日々忙しく身体を動かしていると、腰を始め、

股関節や膝関節に どんどん疲弊感が蓄積してしまい、

日を重ねるごとに ジワジワと状態が悪くなって

しまいます。

日常の中で腰のダメージを小さく留める

特に、腰が過度に疲れたり、痛みを感じ始めると

腰を庇う様な歩き方になり、

身体全体の重心バランスが崩れ始めます。

頭から足先までを1直線にした時に大体、中心になるのは

腰・腰椎なので、ここを支点に上体を前に倒したり、

後ろに反らせたり、横に捻ったり、もっと言えば、

歩行時の衝撃を和らげる様に 緩めたりする部位なので、

腰の状態が悪くなると、日々の歩行などの際、何かと

負担が生じやすくなってしまい、

重心バランスも 崩れて行きます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

重心バランスという物は、幼い頃に 立ち上がる前の
前段階として、ハイハイから始まり、

よちよち歩きを経て、やがて安定した二足歩行へと
続いて行く訳ですが、これは少しづつ成長過程で

歩行に必要な筋肉を育んで行き、そして安定した
二足歩行が出来る様になる訳ですが、

二足歩行が当たり前に出来る様に なってから
何十年と生きて行くと、

今度は二足歩行だからこその負担が足腰に
生じ始めてしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

上半身の姿勢は肩の位置よりも 頭が前に出ている
時間が長い程に、重心が前のめりの時間が続き、

その分、腰椎に余計な負担が掛かり続けてしまいます。

腰椎は、脚と上半身を繋ぐ部分、そこを支点に身体を
前に倒したり、反らしたり、横に捻ったりするので

日常生活の中で非常に負担が掛かり易い部位です。

トレーニング頻度と休息と腰部の最大負荷容量

骨は柔軟性が ありますから、直角のままでは無く、
クネッ、と背骨を丸め気味に したりして

前傾したりしますが、背骨を曲げたままの状態で
身体を前方に倒すと、腰椎への負担が増してしまいます。

これは背骨を丸めて居る為に、脊柱起立筋の関わりが
小さくなってしまっているからです。

骨の周りを覆う腰の筋肉が、腰を丸めながら上体を
前方に倒す事で 上手く働かない為、

支えがない状態では、骨に負担がググっと
乗ってしまう訳です。

スクワットを行う時も強烈に負担が掛かる腰部/
脊柱起立筋

何も前傾姿勢になった時では無く、脊柱起立筋の
関りが少ない姿勢で居続けるは腰の負担が

大きくなってしまいます。

かと言って、常に背筋をピン、と張り詰めた姿勢で
居続けても、今度は腰の筋肉が疲弊してしまいます。

なので、歩く時は出来るだけ肩よりも頭が前に
行き過ぎない様に、気を付けて、

座り姿勢の際には背筋を張ったり、緩めたり
腰の負担を減らす為に緩急を付けましょう。

トレーニングベルトで腰を守る/痛め易い腰部

なので、歩行時は あんまり姿勢を崩さない方が

良いですが、座り姿勢の時は、腰の状態によって

背筋を張ったり、敢えて緩めたりなど、腰にストレスが

掛かりすぎない様に緩急を付けましょう。

そうした時に便利なのが、リクライニングソファー

なのですが、リクライニングソファーに座る事で、

通常の着座姿勢で 背筋を張りすぎたな、と思ったら、

ソファーの背もたれを倒して、楽な体勢になったり、

その都度 角度を合わせて行けば無理な負担を避ける事が

出来るので お勧めです。

腰の痛み/背筋の張りをリクライニングソファーで
和らげる

腰の痛みを軽減するなら腰の角度に気を付けてリラックスする

仕事や日々の用事などで身体に疲れが溜まりに溜まり

足腰関節に痛みとして変化して現れてしまうと

痛みを感じた最初期の段階で、整形外科に行き、

正確に痛みの原因や

現在の身体の状態を診断して貰い、的確な治療を

してもらわないと、

どんどん痛む期間が長引いてしまい、その状態で

月日が経過してしまうと 段々悪化して行き、

遂には仕事は おろか、日常生活にも支障を来して

しまう様に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

足腰の痛みが強くなると言う事は、必然的に

歩行時や立ち上がる時、座る時と 今まで何気なく、

何の意識もする事なくスムーズに行えていた

動作時に痛みを伴い、

近所への お買い物どころか、室内でジッとしていても

ジワジワとストレスが掛かり続け、

ジンジンと疼痛に襲われますし、トイレに行く時、

ご飯を食べる為に 食卓に行く時の ほんの数歩で

またダメージを抱えてしまうので、四六時中

痛みに襲われ続けて居ると、

気分が沈んで、何もかもが嫌に なって

しまいます。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

座り姿勢、寝姿勢と どの体勢が腰に負担少なく

楽に なれるだろう?

と、私も毎日毎日足腰の痛みに悩まされ続けているので

日々少しでも、楽に なれる姿勢を模索しているのですが、

まず、一つの体勢は 以前も書いた様に

リクライニングソファーなどを用いて

50度~60度くらいの傾斜に身体を

預ける姿勢です。

筋膜性腰痛や坐骨神経痛の負担をリクライニング
ソファーで楽にする

以前 書いた時には『楽な座り姿勢』として

綴ったのですが、実は腰が強烈に痛んだ時、

と言うのは、体圧分散マットレスであろうと

横にゴロン、と寝る事が出来ないので、

そうした時に、この様な角度を付けた座り姿勢と

寝姿勢を兼ね備えた体勢が

最も腰に とって楽で、『腰が強烈に痛くて

横になれない時』に 適した姿勢だと思います。

日常の中で負担が掛かり易い腰を程良く休ませ、
疲労を溜めない様にするには?

数日 経過して少し腰の状態がピークを切り抜けたら、

横向きになって身体をゆっくり休めて

ぐっすりと眠りたいと思うのが、これまでの

私の経験上の心理の動きです。

ピーク時から多少はマシになったとは言え、まだまだ

平坦な布団に横向きに寝ると言うのは 不安ですし、

実際に腰へのストレスも掛かります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

そうした時に、毛布でも枕でも良いのですが、

腰部分に充てて、腰を やや反らせるように寝ると

『そういう状態』の腰に対して負担を減らし、

楽な体勢を作る事が出来ます。

非常にシンプルな方法なのですが、例え

体圧分散マットレスを持っていない人でも

自然な頭部・背骨から腰、脚に掛けてのラインが

布団が沈んでしまうが故に、

横向きにした『く』の字の様に、腰の角度が不自然に

なる事で、余計なストレスが生じてしまうのを

沈む どころか『腰部分を盛る事』で避ける事が出来ます。

普段の寝姿勢に ちょっとした要素を加えるだけで

腰への負担を緩和させる事が出来るので、

腰痛対策の一つの方法として試してみて下さいね。

腰痛が悪化すると感じる腰椎・仙骨の強い軋み/
炎症・血液の循環

腰痛時はサポーターで支えたり、ストレッチで筋肉を伸ばしてリラックスする

脚や腰が痛いと、寝起きにトイレに行く事も、

座る事も、立ち上がる事も、歩行も ツラいし、

何かと大変です。

整形外科に定期的に通院しても、一朝一夕に

治るものでは 無いですし、

日常的なケアが とても大切になります。

整形外科やペインクリニックなどの通院
以外にも日々の腰痛対策が大事

日常生活の中で杖を支えに歩く上で神経を

使う所と言えば、平坦な道は もちろん、

階段・段差の 上り下りや坂道・歩道の傾斜、

抉れたアスファルト、

脚のバランスが安定しない砂利道、あるいは

杖ゴムが 少しでも削れていた場合、

スーパーに お買い物に行った時に ツルツルの

コンクリートの床で 杖の支えが効かない時、

等と言う状況ですね。

自宅周辺の路面環境が足腰の
ダメージに影響する/歩行・車椅子

何かと 足腰に負担が掛かる場面が多いですが、

こういった 負担や衝撃を緩和・軽減する手段として、

杖・腰痛サポーター・股関節サポーター・膝サポーター・

足首サポーターなどがあり、

これらを組み合わせて 有効に使えば、何もない

状態で 歩くよりも大きく負担を 減らす事が出来ます。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う
選択肢

しかしながら、これらの補助アイテムに頼りすぎて

いわゆる依存の状態になってしまうのは、

元々の腰や脚を支える為の筋肉の著しい低下を招いて

しまったりして、寧ろ足腰の状態を悪化させてしまう事に

繋がるので、整形外科やペインクリニック等のリハビリ

内容に少しづつ身体を動かす方法が含まれているのです。

足腰の痛み/良いペインクリニックを
選ぶことが早期の完治に繋がる

筋肉が著しく衰えてしまうと、体重を支える為の

筋力が充分で無くなり、一方で支え切れない分を

もう一方が余計に支える様になり、過度な負担を

強いられてしまい、それが膝、腰、股関節と

あちこちに散らばってしまうと、いよいよ杖を

使っても関節サポーターを各部位に装着しても、

歩行自体が難しくなってしまいます。

股関節の痛みが最も日常に影響が出やすい?!

なので、日頃から外出する時は杖などに頼らざるを得ない

と思いますが、家に居る時は体調を冷静に観察して、

足腰の痛みが少し小さめな時はストレッチをしてみたり、

あるいは無理の無い範囲内で室内を壁を支えにしながら

歩いてみたりして、少しでも足腰の筋肉を意識的に

動かす事が大事です。

しかしながら、足腰の疲弊具合や痛みが強い時には

壁を支えに歩く事も、ストレッチを行う事も

難しいので、『今日は痛みが強いな』と自覚出来る時は

兎に角 安静に過ごしましょう。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

そして、足腰の痛みは一定では無く、多少の波が

ありますから、マシな時に少しづつ

動く様に しましょう。

ただ、動けそうな時でも外出から帰って来てから

動こうとしたり、ストレッチを行おうとするのは

中々 億劫ですし、面倒くさくて後回しにしてしまう

事も あると思うので、そうした時でも気軽に

ストレッチが行える様に、腰から脚に掛けて牽引する

簡易的な器具があると、多少面倒くさくても

腰のストレッチが行えるので おすすめです。

日常で筋肉を動かして活性化させつつ、
ストレッチやマッサージで疲労を取り除く

足腰が痛む時にツラい動作/椅子に座る時の負担を軽減する

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

日々の疲弊から強く痛みを感じる足腰/
整形外科を受診する

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、

整形外科に行くのが遅れるほどに

状態が悪化し続けて、痛みが あまりにも

強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

整形外科を受診する時に良い病院か否か?を
見分ける/足腰の痛み

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

足腰を痛めた時にも支えになる簡易設置手すり

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に

足腰に生じる負担です。

足腰に強い痛みが現れて居る時に慎重に座ろうと
しても、しゃがみ込む際に 脚や腰の筋肉が

収縮してしまい、どうしてもググッと強張るので
痛みを感じてしまいます。

座ろうとする椅子に支えとなる部分が無かったり、
華奢な作りの椅子の場合は尚更 慎重に座らざるを

得ないので、益々 足腰への負担が強くなってしまいます。

それを避ける為には 逆の構造の椅子が大切に なりますね。

つまり、椅子に支えとなる部分(手すり)が付いて居る事と
頑強な作りである。言う事ですね。

この条件を満たす椅子を探すのも、今の時代ネット通販で
検索すると簡単に見つかるので便利な時代ですよね。

足腰が痛い時には背もたれ手掛けしっかりの椅子が大事