膝の痛みを日常で行える対策で和らげる

日々忙しく働き、時間に追われていると

身体全体に疲労が溜り、

身体が重くなり 気分も沈んでしまいます。

それは、まるで曇天の空模様の様に どんよりと重苦しく

働く意欲や、日々の元気さえも 奪う事もあります。

身体全体の疲労だけで留まらず、それはやがて

背中や足腰の関節部位に 痛みとなり 現れ、

仕事は勿論、日常生活にも 支障を来してしまいます。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

足腰の痛みは 1歩1歩の歩行時に 関節部位に響き、

我慢して歩いていると 痛みが積もり積もって

最初は1か所の痛みだったものが、腰・股関節・

膝・足首など、

あちこちに散らばってしまい、 気付けば足腰全体に

痛みが及んでいる という状況に。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

その様な 事態を避ける為には、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で 素早く対処する必要が あります。

まず、第一に やった方が良い対処法は、整形外科や

ペインクリニックなどを 受診して、

自身の現在の状態を知りつつ、 治療・リハビリを

行う事です。

足腰の痛み/良いペインクリニックを選ぶことが
早期の完治に繋がる

1回の治療時間は、足腰の内の2か所~3か所位だと

長くても 20分~30分程度なので、

治療時間以外の 日常に おける、足腰に掛かる負担を

如何に減らすかを 考える事が大切になります。

・杖を使用する事

・マッサージ器や、遠赤外線治療器で 直接的に患部を癒す

・各部位関節サポーターで 関節部位を支え、衝撃を和らげる

私個人的には、杖がもっとも衝撃を和らげられ日常での助けに

なっているのですが、

それも家庭用の温熱治療器や マッサージ器などが

あればこそ、

疲れた関節部位を 直接的に癒す事が出来る、という

安心感により 杖を使って 歩行時の衝撃による

ダメージの 蓄積を出来るだけ抑えよう、という

意識が働き、 より効果を発揮するのだと 思います。

マッサージチェアやリクライニングソファーで
足腰を楽にする

その上で、更に各部位関節サポーターが ある事で、

かなり万全の対策として、

1歩1歩の 歩行に備える事が出来ます。

歩く際には 杖だけでは 私は不十分だと感じていて、

腰サポーターや膝サポーター、股関節サポーター、

足首サポーターなどを 日常的に装着する事で、

足腰へのダメージを かなり軽減する事が

出来ている様に 感じます。

それは 何故か、と言うと、近所へ お買い物に

行くだけで 歩道には平坦な 道のみならず、

坂道・勾配もあれば、凸凹に抉れた地面なども

あるので、地面の状況ごとに 関節部位への負担が

増減するので、杖を支えにすると同時に、

関節部位を しっかり守っている事で、

こういった際の 負担を和らげる事が 出来ます。

ジョギングやウォーキングを行いたいけれど
膝が痛い場合

その中でも 傾斜・勾配の際に、膝関節に

対する負担が 大きいので、

膝を守る膝サポーターの おすすめな点を

書いて行きたいと思います。

まず、分かり易いのは 立ち上がる時、

座る時、 そして歩行時の 膝関節に生じる痛みが

かなり和らいでいる事です。

そして、階段・段差の上り下りの際に

どうしても 片膝を踏ん張らなければ なりませんが、

その際にも、大きな痛みは 生じ難くなっている事にも

気付くかと 思います。

そして、歩道の勾配・傾斜の際にも杖と同時に

膝関節サポーターが 支えになってくれるおかげで、

かなり負担も少なく 乗り越えられます。

そして、この膝サポーターは メッシュ生地で

出来ている為、

秋冬だけでなく、夏場にも装着できる為、

年中 膝関節を守る事が 出来ます。

こういった 関節保護アイテムを有効に 活用する事で

日々の生活の 大きな助けに なるので、

暗く沈んでいた気持ちも 晴れて、太陽が昇る様に

明るくなりますね。

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です