膝に痛みを感じたら行いたい対処法

膝のダメージの発生原因は 人により

様々ですが、いずれの場合も

痛みが ある程度強くなってしまうと、

日常生活に 大きな支障を来してしまいます。

早い段階で整形外科を受診し、まずは自身の

身体の状態を 知る事が大切になります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

そして、きちんと効能を実感出来る様な適切な

治療を 施してくれる専門医との出会いも

とても大切です。

私なりに、医師がちゃんと患者の話しを

聞いてくれるか?

と言うのが、キチンと適切な治療を受けられるか否か?

見極める上で 非常に重要なポイントだと思います。

5分にも満たない問診時間ですが、自身の現在の

痛みを懸命に伝えても、

ろくに話しを聞いてくれていないと感じたら、

時間を無駄にしてしまうだけなので、

直ぐに別の病院を探す事を おすすめします。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が
大事/逆に言えば・・

とは言え、次の病院を探す間にも 日々痛みは

積み重なり続けてしまうので、

日常生活の中で、痛みを減らす対策が大切になります。

私なりに 一番効果を感じるのは膝サポーターと

杖の併用なのですが、最初に書いた様に

人によって痛みの原因は異なるので、

必ずしも 膝サポーターや杖が有効では

無いかも知れませんが、

膝関節に痛みが ある場合に、身体を直接

支えてくれる補助アイテムなので、

まずは 試しに使ってみる事を おすすめします。

杖を日常的に使用して足腰の負担を軽減する

人によって 痛みの原因が違う様に、

家の周辺の環境も それぞれ異なります。

坂道や階段など無い、平坦な地域に住んで居る

人もいれば、坂道や凸凹道ばかりで

足腰への負担が大変大きい地域に住んでいる人も

居るでしょう。

歩く事は とても大事で 脚の筋肉を衰えさせない為にも

膝関節の痛みに 少し余裕がある場合には、

出来るだけ歩くように した方が良いです。

自宅周辺の路面環境が足腰のダメージに
影響する/歩行・車椅子

歩き出す前に出来れば、温熱治療器などで膝関節を

温めてから 動くようにする、

と言う方法が 膝の痛みを抑える上で有効な

方法に なります。

動き出す前に、膝関節周辺を温めて、血液の流れを

促すのです。

膝の痛みと気候/関節の痛みは寒さで強くなる

それと同時に、温める事で筋肉も 解れますから、

動き出す前にも温熱療法は 効果を発揮します。

勿論、歩いて疲弊した後にも 再び温めて、筋肉を解し

血液の流れを促すのも、

痛みや疲弊の持続を防ぐ為にも 効果的です。

膝関節の痛みと言うのは、その日ごとに強弱が

違いますし、歩き出してみないと、

どういう状態か 分からなかったりします。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

痛みが強く現れて居る時には 冷やす事が大切ですが、

少し落ち着いて長引くと、今度は温める事が

大切に なります。

しかしながら、日々痛みは違うので、痛みが

強く出始めた急性期、

腫れや熱が落ち着いて来た 慢性期と分けて、

急性期には冷やして、慢性期には温めて、というのを

単純に分けてしまうよりも、

その日ごとの 脚の状態に合わせて、温めたり冷やしたり

柔軟に処置を施す事が、膝を悪化させない為に

大切な対処法になります。

サン・ビーマー DHタイプ 折りたたみ・据置式・特殊カバー付 【送料無料】【不妊】【妊活】【遠赤外線】【赤外線治療器】【温熱マット】【温熱治療器】【医療機器】【サンビーマー】【サンマット】【サンメディカル】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です