腰の痛みが持続する時の対処法/重要なのは解す事

腰の痛み、それはスポーツによる激しい

疲労の蓄積で生じたり、

肉体を酷使する労働で仕事を終えて帰宅して

ほんの1~2時間の自由時間を満喫して、

寝て起きたら、また朝早くから重労働の

繰り返しの日々で身体を休める暇が無く、

痛みが生じたり、加齢によるクッションの

役割を果たす椎間板の水分減少などにより、

衝撃に弱くなり痛みが生じたり腰周りの筋肉

(脊柱起立筋)の衰えや疲弊により痛みが生じたり、

人や状況によって、痛み発生の原因は

様々ですが、腰や膝関節は健康な

日常生活を送る上で、大切な部位ですから、

痛みや違和感を感じたら、

まずは速やかに整形外科などに行って

受診される事を おすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

人体の構造というものは非常に優れた作りに

なっています。

腰周りの場合、日常生活の中で当たり前に行う

動作である、前に上体を屈める前傾姿勢、

後ろに反らす後傾姿勢、そして 身体を捻る動作

など、腰椎を中心に衝撃や負担を和らげながら

行う事が出来るのですが、腰椎を中心に

上半身の動作を行って居ると言う事は

その分、日常生活の中で大きな負担が

掛かって居ると言う事でも あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

更に、骨の変形などが生じている場合には

日常生活の中で腰痛対策として腰痛サポーターや

杖を併用したとしても痛みは抑えられず、なかなか

思う様な効果は得られないでしょう。

腰痛対策関連の書籍を読むと、腰痛に対しては

筋肉の衰えに抗う為に、筋力 トレーニングが

大事だと言う事が書いて あります。

腰の怪我を防ぐには脊柱起立筋を
無理の無い範囲内で鍛える

しかし、激しく腰を痛めている時には

トレーニングを行うなど無理なので、

出来るだけ動かず 安静に過ごした方が

良いでしょう。

腰の痛みの原因として、先ほども書いた様に

腰の筋肉(脊柱起立筋)の疲弊が挙げられます。

疲弊により生じる影響としては筋肉の

強張りの持続、それに伴い筋肉内部の

血管が圧迫され、血液の流れが悪くなる事で

血液が運んでくる酸素の量が不足し、

筋肉のエネルギー源である、ブドウ糖が

不完全燃焼を起こしてしまうのです。

血流の鈍りから腰痛になる理由

そうなると、筋肉の機能低下だけで無く、

乳酸など痛みを引き起こす 老廃物が蓄積して

益々筋肉の張り・凝りが悪化して しまいます。

【さらに選べるおまけ付き】【温熱治療器】【正規代理店】湿熱ホットパック カナケン カナホット ベストタイプ(KANAHOT VEST TYPE)KB-226 – カナホットは特殊セラミックにより体に合った赤外線を出し温めます。【smtb-s】

筋肉の張り・凝りを解消する・あるいは和らげる為には

ストレッチをしたり、マッサージをしたり、

適度な温度で湯船に浸かって血液の流れを促したり等が

効果的ですが、これらを独立した一つ一つの対策として

行わずに、一連の流れとして捉えて行う事で、更なる

効果が望めます。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

つまり、ゆっくりと ぬるめのお湯(体温よりも3度~

4度高い温度)に10分程度 浸かって、

血管が開いて血液の流れが速やかになったら、今度は

お風呂から上がってストレッチやマッサージで

筋肉を直接的に解し、正常な血液の流れによって乳酸・

老廃物を排出させる、と言う流れです。

37度~39度ほどの ぬるめの お湯で入浴し、
血流を促進する

勿論、ストレッチやマッサージ単体で思い立った

タイミングで行うのも良いのですが、

身体の疲れを取る、と言う目的の為に行うのならば、

身体全体を温めて血管を開いて血液の流れを高めてから

行った方が効率的では あると思います。

お風呂に入らなくても、今時はネット通販で

温熱治療器などが手軽に入手できるので、

腰周りや膝、あるいは全身を簡単に温める事が

可能ですね。

只でさえ疲れを感じやすい異常な暑さに やられない

為にも身体のケアを大切に しましょう。

腰から脚に掛けてストレッチ効果を感じるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です