就寝時の腰の負担を和らげる通気性良好・体圧分散マットレス

腰痛の原因は骨の変形や、線維輪を

突き破り、飛び出した髄核が

神経圧迫する事で痛んだり、脊柱管が

狭まる事で神経根を圧迫して痛んだり、

あるいは、接触性のスポーツで他者と激しく

ぶつかった事で 急激に痛みが生じたり、など

痛みの原因は様々あるのですが、

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛などによる痛みで無い場合には

筋肉の疲労による炎症から来る痛みかも知れません。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

日々忙しく働いていると、どうしても ゆっくりと

身体を休める時間が取れなくて、

疲労の回復も きちんと出来て居ないままに

また新たな忙しい1日の中に身を投じる事に

なります。

そうした生活を繰り返していると、当然ながら

身体全体を疲弊感が覆い尽くし、

重苦しさや怠さが身体の内部を蝕んでいきます。

脚や腰が痛む時に衝撃を加えると悪化が加速する

重苦しく怠い日々が続くと、

意欲も萎んで行き、身も心も重いまま、これまでと

同様の忙しさを こなさなければ なりません。

そうした状態で、相も変わらず 多忙な毎日を

送っていると、疲れも益々溜まり易くなり、

身体の疲弊感は やがて足腰関節部位の痛みへと

転じてしまいます。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを有効に
活用するには?

関節が痛み出したら、いよいよ これまでと

同様に、と言う訳には行かなくなります。

足腰の痛みと言うのは 仕事は おろか、

日常生活にも多大な影響を

与えてしまうからです。

足腰が痛みだすと、それまでは何の意識もせずに

当たり前のように 歩けていた 日々が

幻かの様に、室内でトイレに行く程度、

キッチンからテーブルに歩く程度の

ほんの数歩の歩みすらも思う様には

行かなくなってしまいます。

間欠跛行が悪化すると苦痛と隣り合わせの
日常を送る事に

足腰と言うのは、歩く際にも立ち上がる際にも

座る際にも、日々何らかの負担が生じていますし、

それどころか、何もせずに 只、立っているだけでも

腰の筋肉(脊柱起立筋)が しっかりと機能してしまい、

腰への疲労度が積み重なってしまいます。

腰の筋肉(脊柱起立筋)と同様に非常に痛め易い肩関節

立っているだけでも、意識せずとも脊柱起立筋が

自動的に上体を支えてしまい、

そして疲弊して、その疲弊から また腰の痛みが

増してしまう、

という悪循環を繰り返して しまいます。

ならば、寝たきりで過ごす事で負担を完全に

避けられるのか?

と言うと、布団の柔らかさ、固さにより

腰へダメージが溜まってしまう場合も あります。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

頭から足先までを一直線とした時に、重心が

掛かる腰から 臀部に掛けて沈んでしまうと、

睡眠時間が8時間とした時に、8時間もの間、

やや沈んでいる腰部~臀部に掛けて

負担が生じ続けている事に なるので、布団の固さ、

柔らかさと言うものにも気を付ける必要が あります。

なので、沈んでしまう質感の布団で ある場合には、

いつまでも負担が腰部・臀部に掛かり続けてしまうので、

体圧分散マットレスに変えてみると良いと思います。

(当店限定3,000円OFFクーポン配布中!!)(代引き不可) アルファプラF 通気カバータイプ 83cm幅レギュラー MB-FA3R タイカ(体圧分散マットレス 床ずれ防止マットレス) 介護用品

体圧分散マットレスは変に身体が沈んでしまう事は
無いですし、反対に硬すぎて腰にダメージが溜まる、

と言う事も無いので腰痛が気になる方には お勧めです。

就寝中には必ず汗を掻きますから(睡眠中の発汗量は

コップ1杯と言われています。)

それ程の汗を掻くと、布団に染み込んでカビが生えたりして
長年使う事を想定するには ちょっと難しい気がしてしまい

ますが、今の時代は ただ単に体圧分散機能に優れている
だけで無く、通気性良好を売りにしている物も沢山あるので

良いアイテムを見つけて出来るだけ長く使用してみて下さいね。

強烈な腰痛の兆候が見られた時の就寝時の対策法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です